background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【論説】日韓歴史の曲がり角 時局心話會代表  山本 善心 (転載)

【論説】日韓歴史の曲がり角
                 


           時局心話會代表  山本 善心




 竹島(韓国名:独島)は事実上韓国が実力行使で占有し実効支配している。韓国は日本が竹島の領有権を主張するのは「植民地時代の領有権を主張するのと全く同じ目線」だとしており、歴史問題に引きずり込もうとする意図が読み取れる。

 韓国は一方的な歴史観を主張し「日本が過去の歴史を美化し竹島の権
利を主張している」と意味不明の文言を並べ立てている。中韓が歴史観を持ち出すときは、感情論だけではなく根拠と事実を明白にすべきだと思う。
盧大統領は日韓の対立は全て日本側に間違いがあると強調するが、どこ
がどう間違いであるか具体的且つ実質的に歴史的根拠を明示すべきではなかろうか。

韓国は「竹島」を日本が理不尽に領土と主張していると言うが、占拠しているのは韓国ではないか。このところ盧大統領の支持率は下降局面にあり、求心力の回復には「竹島」は格好の材料である。盧政権にとって「竹島」問題は国民感情を刺激し復活の決め手となる窮余の一策であった。それゆえ過去の歴史認識をからめて「日本罪悪論」の次元に引きずり下ろし、韓国側の主張を有利に運ぶのが狙いと見られる。

領土に歴史を絡める


 今回、韓国は中国と共通する靖国・教科書問題を絡めてきた。日本の測量船が海洋調査を実施すれば、歴史問題を全面に打ち出し軍事的パフォーマンスを展開できる。日本の軍備は見せかけだけで、軍事行動ができないことを韓国は承知の上だ。

 一方、中国では「竹島」の領有権問題を巡り、政府系研究機関が韓国と連携して「歴史問題」を日本攻略の橋頭堡とする論調が出始めた。中国社会科学院日本研究所の金煕徳研究員は「日本が主権を主張する目的は植民地時代の占領を合法化することが狙いだ」と指摘している(産経新聞)。

 更に中国人民大学国際関係学院東アジア研究センターの黄大慧主任は
「日本の目的は独島問題の国際化にある。歴史問題を解決できなければ
他の問題の解決は難しい」と述べている(産経新聞)。中韓両国の主張には竹島・東シナ海・尖閣諸島の外交問題を日本の歴史問題と絡めて自国を正当化する意図が随所に見え隠れする。


歴史認識三点セット


 歴史問題の中心は「靖国参拝」であるが、それまでは「従軍慰安婦、南京虐殺、強制連行」が「中韓の歴史認識三点セット」と言われたものだ。この三つの歴史問題は長い間日本攻撃のネタとして使われている。しかしこれら「三点セット」は歴史的な解明と分析が進むにつれて事実と根拠無き実態が明らかとなり、今や売り物ではなくなった。

 最近では日本国内の一部同調勢力でさえ「三点セット」を取り上げることが少なくなった。書店に並ぶ雑誌や歴史書も、中韓の歴史観を批判するものが多く見受けられる。

 いずれにせよ韓国の歴史観は歴史的事実と根拠に基づくものが見当た
らない。最近日韓の歴史認識に関する多様な意見や情報が雑誌やインタ
ーネットを通じて人々の目に直接触れることで、歴史認識問題は大きな曲がり角を迎えている。


植民地時代の感想


 弊会では過去に韓国ソウルで十数回のシンポジウムを開催した。その都度植民地時代のことを韓国人に聞いてみたが、日韓の歴史は教科書や親から学んだと言う。韓国の書店で並んでいる歴史書は現代の学者、知識人による一方的な私見書が多い。日本は戦争時代の人達がたくさんの体験記を残しているが、弊会には40年前に京都で購入した先人達の体験記が数多く保存されている。

 今から15年前、植民地時代はどうでしたかと80才以上の韓国の人たちに訊ねたところ、「日本時代は良かった」との声が多いのに驚いた。植民地時代は治安が良く、食糧の供給が安定していた。日本の教師や警察官は厳格であったが、平和でのどかな時代であったと語るのだった。

 しかしこうした世代も政府やマスメディアの反日合唱が始まると態度が急変するのに驚かされる。一方で若い人達に聞くと、映画やテレビドラマで観た内容を歴史的事実として受け入れている人が多い。反日的歴史観の根拠は想像に基づいて創作された映像による影響が大きいのではないか。


世界で謝罪の前例無し


 韓国人の歴史観は「根拠と事実」に基づくものではなく、「政治的な意図」で作り上げられたことが明らかになりつつある。反日の始まりは1950年代の李承晩大統領時代である。日本に恨みを持つ李氏の反日姿勢は凄いものだった。1952年、一方的に線引きした李承晩ラインは今日竹島問題など大きな壁になっている。

 韓国の歴史観は感情的であり、一方的であると言われている。日本政府は事勿れ主義で韓国とのトラブルを避けるため、その都度「謝罪」をして決着を付ける安易な選択を行ってきた。しかし日本が何度謝罪しても韓国は日本の謝罪を受け入れる用意と意思がなく、いつまでも和解の決着は見られない。

 日本の謝罪は国際的に見て例外的であり、前例のない事例である。日本政府の謝罪は(1)先人や伝統文化と歴史を侮辱する(2)戦争断罪に伴い過去と同時に未来を失う(3)日本の政治的正当性に疑問を投げかける(4)世界中の軽蔑を受け、賠償支払い義務の土壌を作るなど国益を損なうことは言うまでもない。

 国と国の関係で「謝罪」をしたなどという前例は世界中どこにもない。「ドイツはユダヤ人を大量に虐殺したから謝罪した」というが、ホロコーストは戦争とは別個のヒトラー、ナチスドイツによる「一般犯罪」であり、ドイツもホロコーストについては「謝罪」しても戦争に関しては「謝罪」していない。そもそも戦争とは互いに大義名分を掲げるものであるから、「謝罪」の概念が入り込む余地はない。しかしドイツの一般犯罪は半永久的に「謝罪と賠償」を行い罪を償うべきではなかろうか。


軍は関与したか


 韓国の言う従軍慰安婦問題であるが、これは軍が強制したという証拠が全くない話である。韓国側の言う、軍が若い韓国人女性を強姦したり強制的に娼婦にするなど常識的にあり得ない話が一人歩きしている。軍人が普通の女性を強制連行したり娼婦にしたら大問題である。これは「一般犯罪」であり、裁判で有罪になる以前に厳しい軍規律のもと軍法会議にかけられるなどして裁かれたであろう。

 かつての独ソ戦争でソ連軍が暴行したドイツの婦女子は200万人以上と
言われている。昔からどんな国もそんな惨事を避ける為に娼婦を戦場に伴った。ピューリタンの国米国でさえ、表向きはともかく娼婦を連れて行った。どんな国でも男は男であり、血気盛んな青年たちの欲望は抑制できまい。

 各国が娼婦を集める際は、それを生業とする専門の業者に依頼するのが普通であろう。しかし娼婦を集めるのは中間業者であっても、性病や健康面、公正に賃金が支払われているかなど娼婦を厳正に管理する部門が必要である。軍の主計や経理がそれを担当したという話は聞いたことがあり、それで兵士も安心して事に及ぶことができた。


日本統治は合格点


 ソウル大出身の若手評論家である金完燮氏(40才)の著書『親日派のための弁明』(ソウル・文芸春秋社)が出版され、話題になっている。金氏は「日本統治時代、日本は投資や開発を行い教育を向上させ、共存共栄の政策を行ってくれた。日本統治は韓国にとって幸福だった」と述べている(ソウル発・産経黒田勝彦氏)。

 金氏は「韓国人の反日感情は意図的な歴史歪曲である」と主張した。著書では「日本の韓国支配によって民衆を抑圧していた古い体制が清算され、近代的な法による統治が実現した」と日本の植民地支配を高く評価。当時の韓国首相・李完用の選択と決断は正しかったとの説が浮上してくる。

 また、従軍慰安婦問題に関する対日非難に対しては「貧困や戦時体制など当時の現実を無視した不当な主張であり、今日の基準で人権侵害と判断するのは不自然である」とも述べている。中韓の歴史カードは日本国民が受け入れない状況が作られつつあるようだ。(時局心話會のホームページにて、毎週木曜日に「山本善心の木曜コラム」(無料メールマガジン)を掲載しております。台湾問題のバックナンバーも多数あります。毎日たくさんの申込みを頂き好評を得ています)



ホームページ  
 http://www.fides.dti.ne.jp/~shinwa/ メールアドレス  
 shinwa@fides.dti.ne.jp
 
 連絡先:時局心話會  
  東京都台東区池之端2-2-8 3F
  電 話 03-5832-7231 
FAX 03-5832-7232






『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

不在者投票竹島で実施 韓国統一地方選

 【ソウル25日原田正隆】31日に投開票される韓国統一地方選挙で、同国選挙管理当局は25日、日韓双方が領有権を主張している竹島(韓国名・独島(トクド))に不在者投票所を設置。竹島に居住している韓国の民間人夫妻や警備隊員ら対象者55人が投票を行った。投票所
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。