background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオノスタルジアに台湾の声編集長、林建良が出演します (転載)

ラジオノスタルジアに本誌編集長、林建良が出演します。
以下は読者の千代信人氏(維新政党新風北海道本部代表)からのご案内です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

札幌のFMラジオ ラジオノスタルジアのマチ姉&リエ子
の「めざめよ日本!」にて台湾独立運動をテーマにして
の放送があり、林建良先生が電話で出演されます。
札幌以外の方もインターネットラジオで聞く事が出来ます
のでご案内いたします。
                 千代信人

4月19日(水)午後3時~4時 生放送
4月23日(日)午後4時~5時 再放送

インターネットラジオ
http://203.131.199.131:8000/nostal.m3u
放送局 http://www.fm-786.com


【案内】ラジオノスタルジアと安濃豊社長の著書『戦勝国は日本だった』


      維新政党・新風 
                    北海道本部代表 千代信人

現在北海道札幌市のJRタワーよりFM放送を行っている「ラジオノスタルジア」の安濃豊社長は、非常に愛国心が強く、戦後社会の矛盾を堂々とラジオ放送し、他局では考えられない内容の良い番組です。

HP http://www.fm-786.com/ 
全国のみなさまにラジオを聞いて頂きたく、ネトラジを利用して試験放送をおこなっております。アドレスは http://203.131.199.131:8000/nostal.m3u です。

なお、放送を聴く場合は、メディアプレイヤー等の音楽再生ソフトが必要となります。

(月)~(金)の朝8時30分~10時の「嫌なら聞くな」・(月)~(木)午後5時~6時30分(朝の再放送)と先日より始まった(水)午後3時~4時「めざめよ日本!」は色々な角度から戦後の自虐史観を正す内容になっており、横田早紀江さんへの電話でのインタビューなどが放送されました。

札幌以外の方にも是非聞いていただいて、ご意見やご感想、リクエスト等を番組へFAX又はメールでラジオネームでかまいませんので、お寄せ頂ければ幸いです。

ラジオノスタルジア FAX(011)209-5099・E‐Mail nostal@atlas.plala.or.jp

また、安濃豊著 黄文雄先生推薦の 「戦勝国は日本だった」が4月24日に柏艪舎(ハクロシャ)より定価1,785円(税込み)で発売されますので、合わせてご案内いたします。

柏艪舎  http://www.hakurosya.com/
以下は黄文雄先生の推薦文です。

-------------------------------------------------------------------------------
推薦文

 戦後日本にはびこる自虐史観について私は何度もその異常性を指摘してきたところであるが、今回、文学の世界にも自虐史観批判の動きが出てきました。それがこの作品です。

著者の安濃豊さんはFMラジオ局の社長で農学博士、雪氷学者で専門は吹雪のシュミレーション、30代の頃アメリカ陸軍の研究所に招請され、吹雪の模型実験技術を供与して帰国。帰国後、主に北海道を中心として作家活動を行ってきたとのことです。

私は昨年末札幌での講演会で安濃さんと知り合い、彼の持論である「日本戦勝国論」について語り合いましたが、科学者の目から見る歴史論の論理性に驚かされたものです。歴史的事実を事実として認めなくてはその後の論理展開は頓挫せざるを得ない。彼の言い分は「戦勝国であるか敗戦国であるかの定義とは、戦争目的を達成した国家が戦勝国で、戦争目的を達成できなかった国家が敗戦国であるという形でなくてはいけない」ということ。さらに、この定義に立てば大東亜戦争の戦勝国は日本となること。その戦勝国である日本を敗戦国という全く逆の立場に塗り替えてしまったため、その後の歴史検証及び倫理的発展が混乱し阻害されていると言うことなのである。

この逆転を科学の世界で例えれば「リンゴは木から落ちず、太陽は地球の周りを回っている」とこじつけるに等しい程の捏造なのだそうである。さらにその混乱に拍車をかけているのが、日本人自身が持つ敗戦意識だという。

戦勝国民であるはずの日本人自身が、自分たちは敗戦国民であると信じ切っているため、歴史感覚の振れがさらに振れを生む結果となっているという。

日本が戦勝国であることを証明するには歴史的考察、データーの積み重ねが必要となろうが、今回小説という形をとって日本戦勝国論が発表されたことにより、日本文学に風穴を開けたのみならず、歴史学の分野にも、日本の政治外交にも今後大きな影響を与えることになるでしょう。

まさに、この本は戦後の歴史観を塗り替える文学作品として評価されるでしょう。

                            黄 文雄


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。