background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾独立建国聯盟HPと『台湾独立運動私記』日本李登輝友の会の一会員 (転載)

台湾独立建国聯盟HPと『台湾独立運動私記』


   日本李登輝友の会の一会員

先日の「台湾の声」で、文藝春秋で品切れになっている台湾独立建国
聯盟の宗像隆幸氏の『台湾独立運動私記』の再版リクエストを呼びか
けさせていただいたものです。

台湾独立建国聯盟の日本語ホームページは、宗像氏をはじめ、錚々た
る先生方の台湾独立論を読むことができ、とても勉強になります。

台独聯盟HP
http://www.wufi.org.tw/jpninitl.htm
そのホームページから台湾独立建国聯盟の簡単な歴史紹介がありまし
たので、次に転載させていただきます。この感動的な歴史をもっと躍
動的に詳しく書いているのが『台湾独立運動私記』ですから、この本
がいかに重要な文献であるかが、お分かりになると思います。

もしこの本が読みたいという方は、文藝春秋に再版のリクエストをし
てみませんか。よろしくお願いします。

【呼びかけ】『台湾独立運動私記』の再版リクエストを!
http://www.emaga.com/bn/?2006040025725506002735.3407
リクエスト先 文藝春秋
mailto:mailto:i-daini2@bunshun.co.jp 
単行本(ノンフィクション部門)
ご担当電話:03-3265-1211(代表)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

台湾独立建国聯盟簡介

■海外台独運動の生起

日本の敗戦を受けて、連合国最高司令官マッカサーは蒋介石に台湾占
領を命じた。50年にわたる日本の植民地支配を受けた台湾人は、中
国人を同胞だと誤認、蒋占領軍を解放者と錯覚してこれらを歓迎した。
蒋政権の圧政に台湾人は反抗した。1947年2月の228事件であ
る。

これを機に現代台湾独立運動が誕生した。

この運動は1950年代に台湾共和国臨時政府の樹立という形で注目
を引いたが、1960年代に入って世界各地に散在する台湾人留学生
が独立運動の主力となった。

1956年に米国の台湾人留学生が「台湾人のための自由台湾委員会
(略称3F)」を結成した。1958年に「台湾独立聯盟(略称UF
I)」と改称、一時中断したあと、1965年のマジソン会議を経て
1966年に「全米台湾独立聯盟(略称UFAI)」として再スター
トした。

日本では1960年に台湾青年社が結成され、1963年に台湾青年
会と改称、1965年に台湾青年独立聯盟と改称した。

カナダでは1964年に台湾人権擁護委員会が成立、人権の側面から
独立運動が進められた。

ヨーロッパにおいては1967年に「全欧台湾独立聯盟」が結成され
た。

これらの組織はいずれも台湾人留学生を中心に結成されたものであり、
かれらは雑誌やパンフレットの発行、新聞、雑誌への投稿、著作、学
者や政治家との接触、国際機関や各国政府機関へのアピールの形で独
立運動を展開した。

■台湾独立建国聯盟の成立

1970年に正月を期して前記の全米台湾独立聯盟、台湾青年独立聯
盟、カナダ台湾人権擁護委員会、全欧台湾独立聯盟は、台湾島内で活
動している台湾自由聯盟は大同団結して「台湾独立聯盟」(World Un
ited Formosans for Independence略称WUFI)を結成、総本部を
米国に置き、上記の各団体はそれぞれ米国本部、日本本部、カナダ本
部、ヨーロッパ本部、台湾本部に組織替えした。本部制にしたのは、
各組織の各居住国での活動の方便を保つためである。

1976年にブラジルに「南米本部」が設けられ、6本部体制になっ
た。

1987年に名称を台湾独立建国聯盟に改称したが、略称は台独聯盟
のまま、英文名称とその略称もそのままである。

台湾内部では自由化が進み、1991年から聯盟幹部の台湾帰還強行
突破作戦がとられ、台湾内外の同志の連携プレーが效を奏し、199
2年に海外独立運動者の台湾帰還が完全に可能になった。

台湾独立建国聯盟の総本部は1991年に台北市に移転され、従来の
台湾本部と合体して、直属本部と改称され、全世界の他の5本部を統
轄して、台湾独立運動を展開している。

主席:黄昭堂
副主席:陳南天
米国本部主席:荘秋雄
日本本部委員長:黄文雄
カナダ本部主席:張理邦
ヨーロッパ本部主席:盧栄杰
南米本部主席:蕭健次


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。