background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国が最も恐れる日本国民の「気概」を示せ!ー4・9反中国デモを前にー 台湾研究フォーラム会長 永山英樹

以下は「台湾の声」より転載です(06.4.8)


【転送・転載歓迎】

中国が最も恐れる日本国民の「気概」を示せ!
ー4・9反中国デモを前にー


                   台湾研究フォーラム会長 永山英樹

日本国内における嫌中、反中感情の高まりや中国脅威論の拡大に、目下中国は焦りの色を隠さない。日本政府に反中報道の規制を要求したり、「日本脅威論」までデッチ上げながら自らの脅威の否定に躍起となったり、あるいは各界の「友好人士」への懐柔を進めたりと、これまでの「日中友好」の維持に必死である。
 
中国がそこまでするのは、「友好」と言う名の主従関係を強化し、アジア太平洋地域において覇権を確立するとの国家戦略があるからに他ならない。よって日本の政府、国民が反中感情を高ぶらし、「国家」に目覚めることほど、この国の戦略にとって不都合なことはないのである。

ところが日本政府は不思議なことに、いまだにもって中国の脅威の存在をあえて否定する見解ばかりを表明している。靖国神社問題での内政干渉や東支那海での国家権益の侵害と言う露骨な敵性行動を受けながらも、あるいは明らかに日米台に敵対するための軍備拡張を目の当たりにしながらも、そうした動きに対して何ら有効な措置を採ろうとしないどころか、中国を刺激することだけをひたすら恐れているかに見える。このような敗北主義がどうして許されようか。

このように見れば、少なくとも中国の対日脅迫戦略は、日本政府に対する限りにおいては、きわめて有効に進められていると言うことができるのである。だが国民世論までがそのようであってはならない。政府が腰抜けであるなら、国民が中国覇権主義を断固容認しない姿勢を見せなければならないのだ。

たとえば靖国神社の参拝を止めない「一部指導者」以外の日本人にラブコールを送ると言う国民分断工作など、まったく無意味なものであると、はっきりと教えてやらなくてはならない。

また中国の台湾攻略の動きに断固反対し、台湾独立、日米の台湾防衛を断固支持すると言うメッセージを叩きつけてやらなくてはならない。

そして昨年の反日デモ煽動工作からちょうど一年となることを機に、当時の悪辣な対日挑撥を決して忘れてはいないと言うことを思い知らせてやらなくてはならない。

繰り返すが中国が最も望まないのが日本国民の怒りであり、気概の回復であり、アジア太平洋の平和防衛の決意である。そこでそれらを見せつけ、中国の野望の抑止を期して行きたい。

もちろん中国への決意表明だけでなく、政府を含む全国の国民に対しても、中国への警戒心を掻き立てたい。また台湾国民に対しても激励、提携、共闘のメッセージを送りたい。

以上の考えから4月9日、都内の恒例のコースで反中国デモを実施するので、一人でも多くの方々に参加していただきたい。もちろん在日台湾人の方も。

**************************************************************************

忘れないぞ!中国の反日暴動 一周年デモ行進
<4・9 反中国デモへ全員集合>

日 時  4月9日(日) 13時半 出陣式 14時 デモ行進出発

場 所  新宿大久保公園
     (JR新宿駅東口、西武新宿線新宿駅から歌舞伎町方面へ。
      職安裏、都立大久保病院前)

デモコース 大久保公園→職安通り→明治通り→甲州街道(新宿駅南口前)
      →新宿中央公園(所要時間:約1時間)

主 催  4・9反中国デモ行進実行委員会、國民新聞社、自由チベット協議会、  
     歴史基本講座研究会、外国人参政権に反対する会、千葉建国塾、
     百人の会、日本再生ネットワーク、在日台湾同郷会、台湾の声

協 賛  チャンネル櫻草莽會 

実行委員長 酒井信彦(東京大学教授)
 代表幹事 西村修平(國民新聞社)
 幹  事 永山英樹(台湾研究フォーラム会長)
      増木重夫(百人の会事務局長)
      三澤浩一
      林 建良(台湾の声編集長)
      工藤昭彦(千葉建国塾事務局長)
      鈴木信行(維新政党新風東京都本部代表)
      葉賀英雄(維新政党新風埼玉県本部代表)
      槇 泰智(政経調査会代表 )
      村田春樹(外国人参政権に反対する会)
      鵤 卓徳(日本再生ネットワーク代表)
      野牧雅子(平塚中教諭)
      沼山光洋(靖國会事務局長)

問い合せ  西村(090-2756-8794) 永山(090-4138-6397) 
       國民新聞社(03-3311-1001)
      台湾の声 koe@formosa.ne.jp
※雨天決行
※隊服、戦闘服での参加はお断りします。
※プラカードの持参を歓迎(主催者も用意します)
※家族連れ歓迎

『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。