background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の中に植え付けた記念碑―自由思想のために殉難した我が友鄭南榕に捧げる 李 敏勇  (転載)


以下は「台湾の声」より転載です(06.4.6)


以下は4月1日の「第2回台湾建国烈士鄭南榕先生を偲ぶ会」に寄せられた
台湾の詩人の李敏勇氏の詩です。(原文は台湾語。薛格芳・佐藤健二訳)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心の中に植え付けた記念碑
 ―自由思想のために殉難した我が友鄭南榕に捧げる

李 敏勇

暗黒の天空に
星の輝きを使って
鎮魂歌を書いた。
それは亡くなった君の肉体の為に
それは今も活きている君の精神の為に
涙あふれる韻律を歌い上げる。

晴れ渡った天空に
太陽の光を使って
殉難図を描いた。
それは遠くへ去った君の在りし日の姿のために
それは今もここに居る君の魂のために
光あふれる色彩を照らし出す。

大地の炎で
君の形跡を探し当てた。
君の情熱的な思いは墓碑銘として
時代という鋼(はがね)の板にしっかりと刻まれていた。
私は気づいた。君がそこで
自由と大声で叫んでいる、その声に。

大地の泉で
君の足跡を探し当てた。
君の冷静な思いは備忘録として
歴史という大きな柱にしっかりと記録されていた。
私は気づいた。君がそこで
自由の図像を指し示しているのに。

僕は心の中に一切を植え付けた。
それは一本の燃えている木
それはやがて一面青々と茂った森となり
そこから一羽の火の鳥が飛び出し
それが一群の自由の翼となるのだ。

一曲の鎮魂歌で
一枚の殉難図で
君の墓碑銘で
君の備忘録で
時代を通過し、時代を探し、
自由を切望し、自由を探す。

涙あふれる韻律よ
光あふれる色彩よ
我々の天に
我々の地に
夜に、昼に、永遠の記憶を形作れ。





『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。