background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『台湾監獄島』を無料で配布します

『台湾監獄島』を無料で配布します

このたび大阪の林義久さん(台中一中卒)が「台湾監獄島」(柯旗化著)
を復刻されました。そこで千葉建国塾では、これをご希望の方に無料で配
布しております(送料は申込者負担)。

お申し込み方法は下記をご参照下さい。
http://petat.com/users/myoukou/chibakenkoku-index.html

                千葉建国塾常任理事 福村 良治

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

東京新聞(2005.9.21)より転載

台湾独裁時代の獄中記 
13年ぶりに 日本語版復刻

国民党独裁体制下の台湾で、思想犯としてとらわれた十七年の獄中体験を
描いた「台湾監獄島」(柯旗化著)の日本語版が十三年ぶりに復刻した。今
は亡き夫の著書復活に夫人の柯蔡阿李さん(72)=高雄市=は「まるで夫
がよみがえったよう」と喜んでいる。

「台湾監獄島」は一九九二年に東京の出版社から日本語で四千部が出版され
た。中学校教員の柯氏が一九五一年に共産党員と疑われて反乱罪容疑で逮捕
され、離島・緑島の刑務所などに収監された体験が軸になっている。台湾全
島を「監獄」に見立て独裁体制下の社会が民衆の力で次第に民主化されてい
く様子を描いた作品だ。

台湾民主化の過程で言論の象徴とされたが、その後、増刷されず二〇〇二年、
柯氏が死去。台湾で入手希望者が多いため同年、夫人が中国語版一万部を出
版した。

今回の日本語版復刻は昨年五月、大阪在住で台湾出身の会社役員、林義久氏
(83)が九二年版を読んだのがきっかけだ。

「独裁政権下の民衆弾圧の実態を描いた作品と聞いていたが入手困難になっ
ていた。運良く手に入れて読み感激。復刻し多くの台湾の日本語世代や日本
人に読んでもらいたいと思った」と林氏は自費出版を決意した。

版権を持つ柯夫人に連絡を取ると、再版に全面協力を約束してくれた。林氏、
柯夫人のほかにも日本統治時代(一八九五-一九四五年)に台湾で日本語を
学んだ日本語世代らが復刻に向け動きだし一年四カ月がかりで千五百部が完
成した。

復刻版は非売品で台湾研究者らに送る。 (台北・佐々木理臣)


(写真キャプション)復刻した日本語版「台湾監獄島」を手に喜ぶ柯蔡阿李
さん=高雄市で

http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20050921/mng_____kok_____002.shtml


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/
『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe

解除するには下記URLにアクセスして下さい。
http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=shukuei@sea.plala.or.jp&e=1
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。