background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者投稿】焦・元北京大教授が提起する「日・台・韓の道」 石川 公弘 (転載)

【読者投稿】焦・元北京大教授が提起する「日・台・韓の道」

                       石川台湾問題研究所 石川 公弘



大紀元時報のサイトに、焦国標氏の「日・台・韓の道」というレポートがあった。中国共産党批判をここまでするか。北京へ帰る人が、ここまで言って迫害を受けないのか。おそらく、彼の胸中には死の覚悟もあるのだろう。植民地の歴史を肯定するなど、相当に危険と思われる歴史認識も述べている。長文でもあり、要点を要約する。


「東アジア共同体は困難な状況である。現在の西ヨーロッパの状態が、理想的な共栄共存状態だと思うが、それを可能にしているのは、民主、自由、平等、博愛である。東アジアの諸国は、この世に人権問題が無いかのように、それを語らない。しかし、東アジアこそ問題である。全世界で記者を一番拘束している国、刑務所には数え切れない反体制犯を拘禁している国、野蛮な拷問が行き渡っている国があるからである。



東アジアには、北朝鮮の一党独裁、中国共産党の一党専制という、最も愚かで無知で恥ずかしい政治制度がある。現在世界が最も手を焼いている国際政治のガンは、台湾問題などではない。東アジアの真の敵は、専制政治である。



東アジアの各民主国家は、従来の対中外交を変え、中国の人権蹂躙に対してノーと言うべきである。中国経済の台頭に伴い、周辺諸国の態度は抑制的になり、権勢者に取り入ろうとしている。国内で民主的勢力を破壊し、国外で民主自由の理念に挑戦している中国の横暴を恐れ、人権問題に対する関心を放棄するなら、その災禍は必ず自国へ及ぶだろう。



東アジアの民主国家は、密閉社会の伝統に別れを告げるべきである。これまで隣近所の家事に関らないように、東アジアでは、隣国の国事に干渉しない伝統があった。特に、自国には干渉されても、中国には黙しているという態度は改めるべきである。



アジアは、植民地の歴史を再評価すべきである。植民地と租界は、東洋近代社会の発端であり、その名誉は回復されねばならない。中国共産党は植民地の歴史を口実に、反民主の国際統一戦線を形成してきた。後進国家を結集して、民主の潮流に抵抗してきた。



日本・韓国・台湾は、政治が民主的で経済が強大である。これら諸国は、アジアの政治のまっとうな流れに対して、逃げてはならない責任がある。経済だけに気を使い、民主的勢力と非民主的勢力の対比を無視して、アジアの民主化促進の義務を放棄してはならない。



日本と韓国の政府は、民主・自由・人権を核心として訴える東アジアの国際組織を創設すべきである。現在アジアに、そのような組織は存在していない。東アジアで、政治文明を呼びかけることのできるのは、日本と韓国と台湾である。人権が損なわれる国家は邪悪な国家であり、他国の人権被害に関心を持たない民主国家は、魂の無い国家である。



米国は東アジアで、思想的な一線をしっかり守り、冷戦思考を貫徹して、自由社会の指導者として民主国家を支持し、中国共産党が民主化を受け入れるまで、日中、中台間で中立的態度を取るべきではない。



民主国家は、政治難民が亡命政府を樹立することを支持すべきである。全世界の亡命政府は、どれも欧米にある。日本は、脱北した亡命者を受け入れるべきで、それはアジアへの責任である。東アジアの諸国、特に日本・韓国・台湾は、周辺国家の政治的亡命者のために、政治的保護を行うべきである。かって日本が、孫文らを援助したように、隣国の圧力に屈服する必要はない。



東アジアの民主国家は、米国のように、民主化や人権擁護に従事するNGOを、奨励すべきである。今はアメリカへも簡単に行ける時代だが、東アジアの政治的亡命者にとって、日本と韓国は手っ取り早く行ける国である。中国の政治亡命者は、ほとんど欧米にいる。日本は自然災害にはカネを出している。しかし、インド洋津波は700年に一度だが、専制国家の人為的災難は時々刻々発生しているのである。



東アジア共同体は、政治制度に差がありすぎ、現状では実現しない。独仏は仲たがいの1000年の歴史を超越した。しかし参考にする価値はあるが、真似はできない。東アジアには、人民が選出した権力と、人民の鮮血に染まった権力が存在している。この二つは、とうてい相容れない。



中国が北朝鮮を支持する理由は、一人の悪漢と付き合って、米国による世界的規模の民主化推進圧力の波を防ぐためである。韓国は内情を知らず、中国共産党の手拍子に乗って踊っており、専制中国の助手になり下がっている。邪悪な政府の延命は、国家人民に対する犯罪であり、その姿勢を早急に変える必要がある。」



これは、決死の覚悟をもって書いた発言だと、私は思う。“虎口に入らずんば虎児を得ず”の心境なのだろうか。自由な社会にぬくぬくと生きている我々に、焦国標の提言は重く迫ってくる。









『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html



『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。