background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【論説】洪門会總会長射殺される アンディ チャン (転載)

以下は「台湾の声」より転載です


【論説】洪門会總会長射殺される


        アンディ チャン

ラファイエット事件(9)で、中国人の遺伝子には自然と幇のDNAが組
み込まれていると書いたが、ラファイエット事件を追っているうち
に突然幇のことが出てきて戸惑った読者もいたかもしれない。中国
人には衆を恃んで事を成す傾向が強く、善悪に係わらず徒党を組ん
で性質があるということだ。


中国人の幇には白黒の二つの顔があって、白は社会政治面で影響力
を持ち、黒は麻薬、売春、恐喝などの暗黒面を持つ。ラファイエッ
ト事件では海軍や党員に幇のメンバーが居て調査を阻んだ。

これを裏付けるような事件が、サンフランシスコの洪門会總会長の
射殺事件である。原因は未だに解明されていない、幇派の会員は真
相を喋らないから事件は解明されるかもしれないが、これを秘密結
社の白黒二面性を持つ事件とみれば少しは幇派の実態がわかるだろ
う。秘密結社は健在で今でも活躍している。

●梁毅会長射殺される

2月27日午後三時ごろ、サンフランシスコのチャイナタウンで洪門
会の五州總会長・梁毅(Allen Leung、56歳)が何者かによって射
殺された。場所はジャクソン(Jackson)街とキアニー(Kearny)街
の角にある國際企業有限公司という梁毅の店内で、梁毅は顎と首に
一発づつ、胸に二発の弾痕があり、目撃者はいなかった。発見通報
者は梁毅の妻である。この店は自動ロックがついているので内部か
らボタンを押さなければドアが開かない、つまり侵入した兇徒は被
害者の知り合い、洪門会員、または顧客だったと思われる。

梁毅は広東省の生まれで、中国から脱出したあと香港経由でアメリ
カに渡り、サンフランシスコのチャイナタウンの有名顔役となった。
肩書きだけでも、五州洪門会總会長、米国合勝堂元老、世界広東同
郷総会北加州理事長、中華民国僑務委員、中華会館董事、三藩市政
府経済発展委員会委員、台山寧陽総会館董事、東華医院董事、梁忠
孝実業公司董事長、中華中学校董事会主席、中華文化伝統協会会長
など、数多の活躍をしていた。

梁毅は別名梁芸とも報道され、星島日報は梁毅、大紀元と台湾の新
聞は梁芸と報道している。「毅」と「芸」は共に中国語で「イー」と
発音される。肩書きでわかるのは梁毅が中華会館董事、僑務委員な
ど台湾国民党寄りで反共活動家であること。彼は2003年11月に洪
門会の「龍頭」李炳富が病死したあとを受け継いで梁毅が「龍頭」
に選ばれた。

暗殺事件を追及する報道では、秘密結社の若手、元老間の暗闘(星
島日報、僑報)と、華僑社会の国民党・共産党の勢力争奪暗闘(大
紀元時報)とする二つがある。FBIの調査報告はまだないが、米国
側が政治暗闘と見ているような動きもある。

●洪門会の二つの顔

洪門会に限らず、秘密結社には白黒二面性を持っていて、黒の面が
大きく報道される傾向がある。黒い面はヤクザとあまり違わないの
で嫌われるが、白い面の社会政治的な影響のほうが大きい。

秘密結社の黒い面には暗殺、バクチやパチンコ、麻薬と売春、恐喝
とショバ代、高利貸などが知られている。このほか地方の土地利権、
土建事業などに介入することが多く、民衆にはコワイ存在として嫌
われる。

報道によるとサンフランシスコ唐人街の暗闘で、若手が合勝堂の元
老に借金、恐喝、洪門会元老の店に赤いペンキを塗るとか、発砲事
件などが2003年ごろから多発していて、若手のヤクザ活動が報告さ
れていた。このような幇派の犯罪を阻止していたのが「新竜頭」梁
毅で、彼は恐喝など暗い活動を止めて明るい社会経済面の相互扶助
や商業合作などに幇の活動を転換する努力をしていたという。

白い面で政党が秘密結社を利用して勢力を広める、敵を消滅するた
めの情報集めがある。蒋介石が江西省でAB団を組織して毛沢東の共
産組織を掃討したこと(中国がひた隠す毛沢東の真実-草思社)など
はその例である。筆者がラファイエット事件(9)で説明したのは
軍隊や政党に結社のメンバーが暗黙の指令などを受けて事件の捜査
に大きな影響を及ぼしていたことである。

●洪門会の古い歴史

洪門会は明朝の滅亡に際して満州族に反抗する組織であったので、
種族意識が強いが、あれから三百年も経ったいまでは中華民族、華
僑の相互扶助に変った。秘密結社の存在が薄れて影響力がなくなっ
たと思う人は彼らの実力を知らないからである。結社組織のヒラル
キーは「会」または「幇」と呼ぶ結社の下に「堂」と呼ぶ支部があ
り、その下に「站」と呼ぶ支部がある。

資料によると洪門会がアメリカに渡ったの1832年ごろ、始めに洪順
堂を成立させて、間もなく致公堂と改名、さらに1848年ごろにサン
フランシスコで五州致公總堂と改名したというが、別説では始めに
バンクーバーで出来た致公堂が三藩市に支部を作ったとも言う。

新聞資料によると三藩市で洪門会を創立したのは林迎で、1850年代
にはシンガポール、メルボルンなどでも洪門会支部が創設された。
つまり170年前に世界中で洪門会の支部が創設されたのである。サ
ンフランシスコの竜頭は林迎から区英運、高経鋸、伍光明、黄三徳
と代が続いた。勝海舟が咸臨丸で渡米したのが1860年だから、米国
洪門会の歴史がいかに古いかわかる。

報道によると2003年に竜頭となった梁毅は新聞で「洪門会の精神は
相互扶助にあり、唐人には唐人のゲームルールがある。唐人間の摩
擦を法律で解決すれば費用が嵩むだけだから、洪門会は元来の相互
扶助の原則に戻って社会間の相互扶助に勤めるべきだ」と述べた。
つまり秘密結社でなく政府に登録した組織であり、工商業界の連絡
交誼の性質を持つ組織に転換させ、近年起きたチャイナタウンの犯
罪は洪門会で介入せずFBIの調査にまかせるなど、公明性、透明性
を前向きにした組織として発展を図っていたという。

しかし秘密結社の色彩もかなり保存していて、会館の表通りには知
る人が見ればそれとわかるような竜頭の飾りがあるし、会員の儀式、
隠語、手話、仁義動作などは残している。ラファイエット事件で単
亦誠が話したことと合致する。

●国民党と共産党の暗闘

孫文は洪門会のメンバーだった。ホノルルで鐘水養と言う人物の紹
介を受けて致公堂組織の国安会館に参加したが、身分が特殊なので
参加した当時から「紅棍」と呼ぶ兄貴分で、「孫文大哥」と呼ばれた
そうである。

前にも書いたように、中国人の染色体には幇派のDNAがあるので、
他の欧州諸国と違うのは建国や政党闘争に幇派が介入していること
である。華僑は共産党政権から逃げ出した人が多いので国民党との
絆が強く、中華会館、台山同郷会などは反共色彩が強かった。これ
に変化が出てきたのが70年代後半のアメリカと国交回復のあと、中
国人が大挙して渡米できるようになった。1970年代までの渡米者は
反共色彩が強かったが、最近の国民党の衰退、若い中国人の増加、
国民党と中国の統一主張が重なって華僑も中国寄りになった。

しかし元老級の人物には国民党の息のかかった物が多く、梁毅など
は共産中国と連携を好もしく思わなかった。これが若い会員と元老
間の摩擦となった。前にも述べた近来の恐喝事件とか、ペンキを元
老の店にぶっ掛けるなどの嫌がらせがあった。資産のない若手会員
は中国と連携を強めたがり、既に資産を成した元老は明るい中国人
社会を作ることに賛成で、摩擦の原因となった。

●白蘭(Rose Pak)は中国の手先

三藩市の華僑社会で異例の急成長を遂げたのが白蘭(Rose Pak)で
ある。彼女は中国からの違法入国者だったが、華僑の元老級人物に
取り入って新聞記者、印刷会社などに入社、やがて顧問となるなど、
急速な昇進を遂げて、いまでは唐人街で「ドラゴン市長」と呼ばれ
るほどになった。彼女はアメリカの工商業代表を引率して中国訪問
をし、米国企業の中国進出に便宜を図るなどの功績があった。中国
では江沢民主席の歓迎を受け、米国代表団が西安の秦始皇帝陵で国
賓級待遇を受けるなど、米国社会でも一目おかれる存在となった。

白蘭と梁毅の暗闘は近年のとではない。梁毅が洪門会会長、中華会
館董事をしている限り、白蘭が中国のために洪門会を中国路線に切
り替えるのは難しい。だから彼女が若手の洪門会員を増やして下か
ら突き上げ、元老への圧力恐喝などがあったと考えられる。

今年の二月初旬にFBI が白蘭を尋問したのをきっかけに、アメリカ
も若い分子による唐人街の犯罪事件に注意するようになった。また
白蘭も長い年月を恐喝まがいのリベートで生活費を稼いできたが、
1999年まで税金申告をしていなかったという。白蘭は法輪功迫害に
も一役買っていた。

●台湾人教会から得たヒント

アメリカの台湾人社会で頻発しているのが中国人の巧妙な「乗っ取
り」の数々である。中国人は政治関係でなくてもよく台湾人の会合
に参加し、やがて巧妙に乗っ取るようなことが頻発している。たと
えば台湾人が金を出して創設した長老会とかルーテル会などのキリ
スト教会で、最初は中国人が参加してもよいかと聞いてくる。もち
ろんキリスト教会が拒む事はないから入会を歓迎する。すると数年
のうちに中国人のメンバーが増えてきて、教会の説教は台湾語で聞
き取れない、中国語に代えてくれと要求するようになる。やがて中
国人が長老になり、数年経つうちに教会の牧師が中国人に替えられ
てしまい、台湾人が苦心して造った教会は彼らのものとなってしま
う。同じような事件がアメリカ各地で頻繁に起っている。

白蘭の辿った急成長はまず華僑社会で元老に取り入って社員から顧
問となり会社を乗っ取る。教会が簒奪されたのと同じ手法である。

●会長射殺の原因結果を探る

梁毅が射殺された事件は会員同士の仲間割れとしても、政治面の暗
闘でも同じではないか。目標は中国が洪門会を乗っ取ることで、国
民党勢力を一掃するには会長を更迭することだ。しかし会長の勢力
が強すぎて国民党の強い支持がある洪門会で共産党の勢力を伸ばす
には暗殺が最も簡単で、頻発している犯罪事件の一環として報道す
れば政治暗闘に見えない。つまり暗殺を暗黒社会の犯罪と報道すれ
ば政治陰謀は隠れてしまう。大紀元時報は反共だから政治面を取上
げるが、星島日報など中国寄りの新聞は暗殺をヤクザ犯罪と報道す
る理由がここにある。

会長が暗殺されて新会長の選挙がある。すると中国寄りの新会員が
会長を選出できる。同時に白蘭のような中国の手先が董事となり、
国民党の影響力は迅速に低下する。筆者は「これが真相だ」と言う
つもりはない。中国人の遠大な陰謀には要注意と言うことだ■



『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html



『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。