background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者投稿】反逆児になって対抗せよ!孤児台湾 黄恵瑛 環球漫話  (転載)

【読者投稿】反逆児になって対抗せよ!孤児台湾


おとなしい孤児では,いじめられ、侮られるだけ。
    


                黄恵瑛 環球漫話   

 国際的孤児である台湾に、益々中国悪魔の手が執拗に伸びてくる。
台湾は中国の一部ではなく、一国として認めて欲しいと如何に国際社会で助けを求め、国連に呼びかけ、ロビーで叫んでも、喚いても、叩頭して頼んでも、又、支援外交で盟友を引き入れようとしても、全く効果なし。殆どの国からは同情はおろか相手にもされない。唯一の保護者役である米国でさえ、今では国力、弱体化したのか、中国との摩擦を懸念し、台湾に不公平な圧力をかける。 

台湾は何故これ程、惨めで哀れな、主権無き国なのか?何がそうさせたのか?
台湾政府は何故、この問題を真剣に捉えて、戦後の台湾歴史から、其の原因を追究し、検討し、抜本的な解決法を見出さないのか?             

台湾の安全防衛を米国に依存している弱みで、今まで、はい、はいと是非を問わず米国の言いなりになったが故、コマ扱いにされるのは、当然である。
国際孤児から脱出し、尊厳ある、主権独立国家になりたいなら,不公平な待遇には“反逆児”となって対抗し、台湾建国の正当性を世界にアピールすべきだ。

今回の陳総統の“国統会廃止”がそれだ。 つまらない“終止、廃止”の文字ゲームにこだわっていたが、孤児総統といえども“鶴の一声”で世界は騒ぎ出した。今まで反抗も挑戦も出来なかった軟弱政府が、始めて声を出し、中米、両国に挑んだのだ。建国支持者は喜び、胸を撫で下ろした。
一国の元首になるには、決して軟弱になってはならない。
米国定義の曖昧な“現状維持”と“一中政策を”廃止させる為にも、引き続き正当な主張は貫くべきであり、他国や内部中国派の圧力に負けては台湾に前途は無い。おとなしく現状維持を続けば、行き着く所は“中国の奴隷”である。

今回の陳総統の発言が、如何なる結果を招こうが、台湾にとって不利にはならない。反って見直され、台湾政府に対する米国の態度が変わると信じる。
事実、米中からの反発の声には、法理的理由がなく、脅しだけである。

“国統会廃止”を第一歩とし、陳総統はこれから先、もっと民意を尊重し、人民の熱望する下記の事項を実施、達成して欲しい。
1.外来政権の、亡命国から滅亡国となった中華民国の国号を廃止し、
  台湾国の正名に改正。
2.国民党の党旗、党歌を廃止,台湾の国旗,国歌を制定。
3.台湾人に不合理な中国人の憲法を廃止、新憲法を制定。
4.米国と“台湾主権の帰属”に付いて徹底的に話し合い、
  台湾の“法理的建国”を支持してもらうこと。

国際社会は正義も道義も希薄になった。どの国も他国を犠牲にしてでも、自国の国益優先を考える。 
台湾は、アジア地域生命線の重要な戦略位置にある。台湾が中国に併呑さればアジア地域の国々も、早かれ、遅かれ中国に呑み込まれるであろう。 これが台湾に有益な政治外交カードとなる。 台湾政府も主導的外交に切り替え、アジア各国に台湾の存在価値の重要さを訴え、台湾の国造りを支持してもらえるよう、この外交カードを有効に使うべきだ。

台湾は国として認められない故、東西両大国、中米が争って台湾の主権を握ろうとし台湾海峡の危機を招いている。国際的主権が無くとも台湾はれっきとした独立国家である。どの国の領土でも無い。歴史の真相を辿れば、現在、台湾の主権は米国に握られている。然し米国がそれを宣言しないのは、60年前に犯した誤った、対台湾政策で蒋介石の台湾不法占領を放任し、台湾に多大は犠牲を負わせた罪を、今になって米国が承認するのは面子上、赦されないからだろう。その罪亡ぼしとして“台湾関係法”で中国の侵略から台湾を守っているのではないか。 米国が過ちを認め、台湾の国家位置付けが確定するまで、我々 台湾人は、法的根拠で追及する強硬姿勢を崩してはならない。

今、先進国日本も中国覇権の脅威に晒されている。今こそ、日米同盟は台湾を一国として引入れ、中国に対抗すべき時期に来ている。


頑張れ、台湾政府!







『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

「日光の声」:http://www.emaga.com/info/nikko.html

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。