background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者便り】慰霊碑よりも蒋介石像を撤去すべき 石戸谷 慎吉 (転載)

以下は転載です


【読者便り】慰霊碑よりも蒋介石像を撤去すべき

                      石戸谷 慎吉

 高砂義勇隊慰霊碑の撤去の問題は、高砂義勇隊の戦没者のご遺族の心の問題が一番だと思います。

 また、ニューギニアで、また、ハルマヘラ島の隣のモロタイ島で、生還した方が、台湾兵(高砂義勇隊員)が側にいたので、生還できた。もし、台湾兵が側にいて助けてくれなければ、間違いなく皆と同じように戦死か餓死していた。今、生きているのは台湾兵のお陰だ」と聞いたことがあります。

 日本人がこの高砂義勇隊慰霊碑移転に寄付をしたいと思うのは、人間として当然の心情ではないかと思います。

 私がもし、台湾人だったら、高砂義勇隊慰霊碑の撤去などと言う前に、台湾中の蒋介石の銅像など皆引倒して打ち砕くと思います。台湾人にとって蒋介石政権はゴロツキヤクザ以下で、その上、盗人で人殺しではないかと思います。高金素梅は、ゴロツキヤクザ、盗人、人殺しの手先の詐話師の嘘つきではないかと思います。

 台湾で騒いでいる連中はこのゴロツキの手先だけでなく、台湾人も含まれていると聞き唖然としてしまいます。

 しかし、台湾人が未だに「中華民国」などと自称していることが理解できません。李登輝さんが民主化したとは言え、中華民国などと自称するのは、自分が人殺しの掻っ払いのゴロツキヤクザで嘘つきだと自称するのと同じではないかと思います。

 これでは大陸の凶惨中国と台湾は同じではないかと思います。中国は一つなので統一する以外に道は無くなってしまうと思います。








『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

「日光の声」:http://www.emaga.com/info/nikko.html

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。