background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不可解な検定基準 I~歴史教科書の台湾の扱い

不可解な検定基準 I~歴史教科書の台湾の扱い

西江 智彦

歴史を歪曲する検定意見

産経新聞社のオピニオン誌「正論」2001年7月号に、扶桑社の歴史教科
書(白表紙本)についた、文部省の検定意見137箇所が掲載されていた。
マスコミなどで騒がれているのは、主に、大東亜戦争(太平洋戦争)の評
価や、韓国、中国の記述についてであって、台湾の記述についてほとんど
関心を持たれていなかった。この、検定意見が情報公開されたことで、台
湾に対する文部省の考え方が明らかになった。

この文部省の検定意見をよく見ると、台湾に関する部分の検定意見で見
過ごすことのできない問題があった。

扶桑社の歴史教科書の白表紙本では、日華断交の部分はこのように書か
れていた。

「これによって台湾の中華民国との国交は断絶したまま、今日にいたって
いる。」

この記述に文部省がつけた検定意見は、

「日本政府が『今日にいた』るまで台湾を『国』として扱っているかのよ
うに誤解するおそれのある表現である」

扶桑社は、この検定意見によって、記述を修正せざるをえなくなり、

「これによって台湾の中華民国との国交は断絶した。」

という記述に変更された。
扶桑社の歴史教科書の年表の帯は白表紙本段階では、
1949
__________________________
| 中華人民共和国
中華民国 _________________
| 台湾(中華民国)
__________________________

となっていたのだが、同様の検定意見がつき、
1949
__________________________
| 中華人民共和国
中華民国 _________________
| (台湾)
__________________________
と変更されてしまった。

問題は、この検定意見である。「日本政府が『今日にいた』るまで台湾
を『国』として扱っているかのように誤解するおそれのある表現である」
とは何だろうか? これは歴史教科書である。日本政府が認めようが認め
まいが、台湾に中華民国が存在しているのは歴史的事実ではないか! そ
れを、日本政府が認めないからといって、過去にさかのぼってまで台湾の
歴史を消そうとするつもりなのだろうか。台湾はいままさに「中華民国」
の国号を「台湾国」に変えるかどうかで揺れているところなのに、これで
は今現在の台湾が何なのかよくわからない。これが歴史歪曲でなくて何な
のだろうか。

もう一度扶桑社白表紙本(検定前)の原文を読もう。

「1972年9月、田中角栄首相が訪中して日中共同声明に調印し、日本は中
国との戦争に反省の意を示し、中華人民共和国を中国の正統な政府と認め
て、両国の国交が樹立が樹立された。しかし、これによって台湾の中華民
国との国交は断絶したまま、今日にいたっている。」

のどこに間違いがあろうか? 間違いなどあるわけがない。どうして「今
日にいたっている」が削除されなくてはならないのか? これは、日本政
府の検定方針が、「歴史的事実」よりも中華人民共和国の意向を尊重して、
中国といっしょになって歴史の歪曲に加担している証拠である。日本の国
家権力による歴史歪曲を許してはならない。

注)本稿は2001年8月に発表されたものを加筆修正したものです。

■文部科学大臣、帝国書院、東京書籍に対し、
「検定規則に従って社会科地図の誤記を訂正しろ」
「台湾と中国の間に国境線を入れろ」と要求を!

参考:教科用図書検定規則(文科省ホームページ)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/kentei/021201.htm

●文部科学省(中山成彬・文部科学大臣)
 〒100-8959 東京都千代田区丸の内2-5-1
 電 話 03-5253-4111(代表)
 メール voice@mext.go.jp
●帝国書院(守屋美佐雄社長)『中学校社会科地図』
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-29
 電 話 03-3262-0520 地図編集部
 FAX 03-3262-7770
 メール manual@teikokushoin.co.jp
●東京書籍(河内義勝社長)『新しい社会科地図』
 〒114-8524 東京都北区堀船 2-17-1
 電 話 03-5390-7372 編集部
 FAX 03-5390-7220
 メール① http://www.tokyo-shoseki.co.jp/company/index.html
 メール② waltervogt@tokyo-shoseki.co.jp

◇台湾が中国領とされる地図の写真
 http://taj.taiwan.ne.jp/koe/unacceptable/chizucho.htm
◇同・漢文版

http://taj.taiwan.ne.jp/koe/unacceptable/chizucho2.htm
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。