background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【論文】民進党も制憲運動に全面協力すべきだ(一) アジア安保フォーラム幹事 宗像隆幸 (転載)

【論文】民進党も制憲運動に全面協力すべきだ(一)

台湾憲法を制定しなければ、台湾の自由民主主義は確立できない
民進党も制憲運動に全面協力すべきだ。そうすれば、国民の信頼を回復できる。

中文訳は『台湾日報』2006年2月23日、24日に掲載


                      アジア安保フォーラム幹事 宗像隆幸

 民主進歩党は、二〇〇四年末の立法院選挙で負けて以来、初心を忘れたかのような迷走を続けてきた。二〇〇〇年の総統選挙に勝って政権を手中にしたものの、民進党は立法院で少数与党だったために殆ど党独自の政策を立法化できなかった。しかし、二〇〇四年の総統選挙で僅差ながら勝利したことで、民進党とその支持者はみな同年末の立法院選挙で過半数を制することができると確信したはずである。ところが、予想外の敗北で、民進党はすっかり自信を失ったように見える。

日本には「政治は一寸先は闇」という言葉がある。政治の世界では予想外のことがしばしば起こるが、そのため窮地に陥った政党は危機から脱しようと、いろいろな道を模索する。そのような時、他党と思い切った妥協をしたり、大幅な政策転換を行ったりするのは、政党政治の常道である。しかし、政党の初心、すなわち基本理念を曲げたり放棄してはならない。政策は政治問題だから基本理念に矛盾しない範囲で転換してもよいが、基本理念は哲学の問題なので、基本理念から逸脱すれば、政党の存在意義が失われるからである。

 まだ台湾が専制独裁政党の戒厳令下におかれていた一九八六年に結成された民主進歩党は、基本綱領で台湾に自由で民主的な国家を建設することを基本的な目標として掲げた。この自由と民主主義が基本理念であり、民進党の基本的な目的は、国民の自由を守るために民主的な法治国家を建設することであろう。これは、アメリカ合衆国の建国精神と全く同じであり、自由民主主義国家に共通する価値観である。

 民主政治とは、自分たちで自分たち自身を統治する政治である。すなわち、自分たちが直接に制定した法か、自分たちが選出した代表を通じて制定した法に従うことが、民主政治の基本原則なのだ。ところが、中華民国憲法は、中国で中国人によって中国人のために作られた中国憲法である。現在の台湾は自由で民主的な社会であるが、それは社会現象に過ぎず、制度として民主主義が確立されているわけではない。それが社会現象にとどまっている限り、政権党が変われば、自由と民主主義が崩壊する可能性もあるのだ。台湾の人々が自分たちで自分たちの憲法を制定することによって、台湾は初めて制度としても民主国家になるのである。









『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。