background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準公式見解:228台湾人大虐殺事件は蒋介石の責任

準公式見解:228台湾人大虐殺事件は蒋介石の責任

<台湾の声ニュース> 2006.2.19

台湾の総統府国史館の張炎憲館長が代表を務める「228事件責任の帰属」研究報告会で、228事件の責任が蒋介石にあることが認定された。

台湾人はずうっとそう考えていたが、これまでの「中華民国」体制では、口にすることがタブーだった事実を、政府が認めたことになり、その意義は大きい。

そのほか陳儀、柯遠芬、彭孟緝など軍政のスパイ部門、また台湾出身で終戦前から中国に渡り国民党に協力し、台湾接収後利権を手にした「半山」(たとえば連戦の父親)の関与が指摘されている。

なお、1947年の同事件のあと、1949年に国民政府が中国追放されて以降の、台湾への新移民の多くは、責任を負う必要がないともしてあり、民族問題に発展しないような配慮がなされているという。

現状では高砂義勇隊慰霊碑撤去問題に対する蘇貞昌首相の距離を置いた反応に見られるように、中華民国体制下の民進党政権が台湾人の歴史の真実と尊厳を十分に守りきれていないという状況である。今回の発表は台湾人が台湾の歴史を正確に理解し、台湾史観をもつ方向へと向かうための重要な一歩である。


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。