background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戰後處理:如何看待高砂義勇隊慰靈碑?  転載 (漢文)

戰後處理:如何看待高砂義勇隊慰靈碑?

■ 黃智慧(自由時報2/19)

終戰已六十年,輿論界、學術界都很習慣談「戰後」,卻很少區辨,台灣總共有三個「戰後」。


一個是「太平洋戰爭」(1942-1945)後的戰後,台灣和日本內地的國民一同參戰,也一同經歷敗戰。一個是指「中日戰爭」(1938-1945)後的「戰後」,日本向國際聯盟投降,中華民國屬於戰勝國。第三個是指「國共內戰」(1945-1949)後的「戰後」,戰爭狀態雖然終止,但是中華民國尚未承認戰敗。

六十年來,政府對於上述三次戰役的「戰後處理」,只見到以忠烈祠對「中日戰爭」與「國共內戰」的戰歿者每年春秋進行慰靈與追悼,並以退輔會來照料「國共內戰」的老兵與遺族,卻對台灣這塊土地的「太平洋戰爭」下死難軍民,未予處理。

「太平洋戰爭」時,台灣的母國是日本,戰後日本政府將台灣戰歿者祀於靖國神社內,受到的宗教待遇和其他日本軍人平等。靖國神社也於二○○五年底首度專為「台灣出身戰歿者」舉行了慰靈祭。在實質層面上,長年來拖欠未解決的「確定債務」,也於兩千年三月底結束了補償和賠償作業。台灣人不滿意是一回事,就形式而言,不能說日本政府都沒有做這一塊「太平洋戰爭」的「戰後處理」。

當然「戰後處理」不能都靠政府,民間自發性的努力才是撫慰人心的終極做法。二月八日剛遷建落成的烏來高砂義勇隊慰靈碑,就是日本民間力量努力的結果。一經產經新聞在日本報導一九九二年以來的慰靈碑,將因管理公司倒閉而受牽累的消息,讀者的反應如雪片飛來。他們自發性地要求捐款,產經新聞才開始接受捐款。在毫無宣傳的情形下,短短時間內就匯集了三三九八人的小額捐款。

這也是日本繼九二一大地震之後,對台灣最大筆的民間捐款。其基礎在於高砂義勇隊當年英勇表現,救助過許多日本軍官同袍。這份恩情感動了許多日本人,現在由民間給予回報,其間流露出自然的人性,也奠立日、原兩民族今後和平交往的基礎,何須政府予以干涉?又何須其他不同歷史經驗的人妄加置喙?

至於「中日戰爭」的遺族與受害者,精神層面上雖有忠烈祠的厚祀待遇,實質面上卻因蔣介石放棄對日索賠而未獲彌補。同樣地,日本政府這一方也因日產接收及斷交等理由,對於在台灣「中日戰爭」受害者未能做到「戰後處理」。這也是至今在台灣的「中日戰爭」受害者族群仍舊冰封在「交戰國」、「被侵略者」時期心理狀態下的原因。

只是,自己的歷史經驗要強加在別的族群身上,公允嗎?(作者為中研院民族學研究所助理研究員)










日本之聲 歡迎轉寄
介紹在日台灣人的活動,並提供日台交流的情報及資訊

投稿請寄本報編輯組: nihonnokoe@am.ai
訂閱請寄空白信到: nihonnokoe-subscribe@yahoogroups.com
之後Yahoo將會寄一封確認信,題名為:Please confirm your
request to join nihonnokoe,收到此信後原封寄回即完成訂閱
手續。


Yahoo! Groups Links

<*> To visit your group on the web, go to:
http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe/
<*> To unsubscribe from this group, send an email to:
nihonnokoe-unsubscribe@yahoogroups.com

<*> Your use of Yahoo! Groups is subject to:
http://docs.yahoo.com/info/terms/


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。