background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻井よしこ 小泉首相に申す】情報操作に屈するな (転載)

櫻井よしこ 小泉首相に申す】情報操作に屈するな



2006年2月9日産経新聞


 紀元前二一三年、秦の始皇帝は、人民支配に都合の悪い書物を焼き払い、首都咸陽の五百名ともいわれる学者を生きながら土中に埋めた。「焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)」、この究極の言論弾圧と思想統制は、時を超えていまも中華人民共和国の支配体制の支柱を成す。

現代中国で言論、思想の自由を弾圧する中心機関は中央宣伝部(省)だ。同部は中国共産党創設から二年後の一九二三年に設置され、以来八十年余、国内外の言論世論の統制を担ってきた。

 焦国標氏は中国宣伝部は「法律に依拠せずに政治をおこな」い、「実態は外から見えない死角となっている」と書いた(『中央宣伝部を討伐せよ』草思社)。

 同論文を書いた二〇〇四年当時、氏は北京大学新聞伝播(報道コミュニケーション)学院助教授だった。氏は右の論文をEメールで友人らに送り、そのひとりが同論文をウェブサイトに載せた。

 「BBC」、「フランス国際放送」など、世界のメディアが直ちに反応したが、氏は中国で発言の場を失っていった。

 中国政府が言論、思想の統制上、現在最も恐れているのが、ネットである。ネット情報を抑えるのは至難の業だが、中国政府は二つの方法で取り組み始めた。国内に五万人を超えるサイバーポリスを置き、二十四時間体制でネット情報を見張らせている。

 中国政府はその時々で国際社会にも十分受けいれられるポルノサイトや著作権侵害の名目でウェブサイトを取り締まってきた。だが閉鎖されるサイトについての詳しい説明はない。情報非開示の裏で政府批判の情報や意見を紹介するサイトがつぶされてきたと考えられる。

 一方、国外情報はインターネット検索大手企業に事実上の検閲を受けいれさせて取り締まるのだ。米国のグーグル社が中国政府の意向に沿って特定のコンテンツ(情報)を除外し、検索内容も制限すると同意したのは周知のとおりだ。

 大手検索会社として中国政府の情報統制に手を貸すのは真に恥ずべきことだ。しかし、同社は見返りに、一億人を超えるウェブユーザーが現存する中国市場に食い込んだ。莫大(ばくだい)な利益が戻ってくることだろう。ヤフーも同様だ。昨年、中国人記者のメール情報を中国政府に提供し、同記者は国家機密漏洩(ろうえい)の罪で有罪判決を受けたと報じられた。

 日本人は敗戦後、GHQ(連合国軍総司令部)の検閲で言論、思想を厳しく統制された。中国では、政府が自国民を思想統制するのだ。

 中国政府が隠蔽(いんぺい)するのは、汚職や権力闘争だけではない。国家としての根幹を疑わしめる重大な負の側面、つまり中国共産党は、実は国民のためにあるのではなく、むしろ国民の敵である可能性、そうとしか思えない国家の在り方の欠陥などをひた隠してきたといえる。

 たとえば、中国共産党は現政府樹立後、戸籍制度を制定し、農民と非農民を強制的に区分けした。豊かに発展した沿海部と鋭い対比をなすのが内陸部の農民たちだ。一日一ドル以下で暮らす、国連の規定する「極貧層」は中国では三億人を超えるが、彼らは皆、移住の自由もない内陸部の農民たちだ。最も貧しいにもかかわらず、彼らには重税が課せられ、医療保険もない。気の毒にも国家から切り捨てられた存在なのだ。

 土地を奪われた農民は五千万人を超えるとみられ、彼らがおこす暴動は年間八万七千件ともいわれる。

 彼らの不満が全国規模で爆発すれば、即、中国共産党の足元は危うくなる。だからこそ、こうした情報が報じられることは少なく、中国共産党への批判をかわすために、中国政府はひたすら、国民の不満を日本に向けてきた。それが、江沢民時代から特に激しくなった愛国主義教育、つまり反日教育に凝縮されているのだ。

 反日感情の育成は中国国民のみならず、国際社会をも巻き込んで幅広く深く行われる。上海の新聞『文匯報』が、メリル・ストリープ主演の映画、「南京・クリスマス・1937」が制作され、南京事件七十周年の来年十二月、世界で同時公開されると報じた。美しくも知性的な大女優が“三十万人大虐殺”という中国の主張を演じるのだ。国際社会にどれほど深刻な影響を与えるだろうか。

 中国宣伝部の思想・情報操作に、日本が屈してよいはずがない。一刻も早い海外向けの強力な情報発信機能の確立、たとえば情報省の設立が日本にとっての急務である。国民がどれほどまじめに働いても、国家が情報戦に敗れては、何の甲斐もない。十分な知性と財源を注入して自由と民主主義を尊んできた日本の実績を海外に発信していくことが求められる。







『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html


『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。