background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本李登輝友の会機関誌「日台共栄」11号【巻頭言】より転載

日本李登輝友の会機関誌「日台共栄」11号【巻頭言】より転載

【呼びかけ】日本は「一つの中国」政策を破棄せよ


  「台湾の声」編集長、日本李登輝友の会常務理事 林 建良(りん けんりょう)

 日本の「一つの中国」という外交政策は、一九七二年の日中国交正常化の際に調印された日中共同声明にある如く、「中華人民共和国政府は、台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であることを重ねて表明する。日本国政府は、この中華人民共和国の立場を十分理解し、尊重する」というものである。これは台湾の主権帰属を明言せず、中国の意向のみを尊重するというスタンスだ。


 日本政府はこの八方美人的な政策を戦略的曖昧さと称して自画自賛している。だが、中国の言い分を「尊重する」にすぎなかったスタンスが、いつの間にか「承認」するというものに変化しつつある。

 それは法務省が、外国人登録証における記載で、あくまでも「中国」なる国籍を在日台湾人に押し付けようとしていることだけではない。文部科学省は台湾を中華人民共和国の領土と表記する中学の地図帳を教科書検定で合格させ、外務省もまたそのホームページで、台湾を中華人民共和国と同じ色で塗っている。だから民間でも、発売されているすべての地図や地球儀では、台湾は中華人民共和国の領土になっている。

 台湾人の意思を無視し、人権を蹂躙する政策は、何も日中国交樹立以降のことではない。それ以前でも、台湾に逃げ込んだ蒋介石政権が中国を代表する唯一の合法政権との虚構を承認し、蒋政権による台湾人への大量虐殺や恐怖政治に目をつぶり、更には日本にいた独立派の台湾人留学生の拉致にまで手を貸していた。

 つまり戦後の日本政府は、一貫して台湾人の敵の側に立ってきたのだ。それでも台湾人が親日的と言われるのは、戦前に体験した日本的価値観への尊敬の念があるからだ。中でも一番尊ばれたのは「誠実さ」である。

 日本は「一つの中国」という詭弁を止め、「台湾は中国の領土ではない」との真実に立ち戻ることが、日本人の美徳の核心をなす「誠実さ」というものではないのか。








『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。