background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者反響】アメリカは何を恐れているのか? tanzawa

【読者反響】アメリカは何を恐れているのか?


                    tanzawa

石川台湾問題研究所 石川公弘氏によれば、

陳総統が、「台湾の身の丈に見合った新憲法」を世論に投げかけると、米政府が不快感を示し、米国務省は30日「台湾の独立を支持せず、台湾、北京いずれかによる、一方的な現状の変更に反対する」と声明を出してくる。台湾独立の政策に、事毎にアメリカが出てきていちゃもんをつけるので陳水扁総統は手の打ちようがない。云々

まるで「靖国」に対する中韓のようだ。過剰反応としか言いようがない。
イラクには選挙をはじめ人権・自由主義を標榜・指導しているにもかかわらず、一体このダブルスタンダードはどういうことか。

釈迦も言っていた、結果には必ず原因があると。
確かにアメリカはその時々の状況で自由主義より国益を優先するリアリズムの国であることは周知のとおりであるが、こと台湾の帰属問題に関しては顕著である。

自由主義を脅かしてまで過剰に「現状の変更に反対」するメリットはなんでしょうか?

・対中外交(含6カ国会議)に有効
・武器がコンスタントに売れる
・平和が一番(旧社会党でもあるまいし、一番戦争している国ですから これはないですね)

寡聞にして、この位しか思いつきません。皆さんまだ何かあったら教えてください。

こんな程度で、過剰に「現状の変更に反対」するなんて常識的にありえないと考えるのは私だけでしょうか?逆に、名実共に真の独立国になったらアメリカの困ることがあると勘ぐるのは不見識ですか?
フランス・中共を巻き込んだ国民党のラファイエット疑獄など拝見していると、とんでもない事件があるように思えてなりません。

米国軍事産業体・中共・国民党・・・・・・名前並べただけで何かありそうな気が・・・・・ラファイエットなんてこれにくらべりゃ・・・・・・・・
独立国になれば国民党は駆逐されますからバレたらこんなまずいことはないでしょう

また、マッカーサーの一般命令第一号から逸脱し、「行政権の移譲」とすべきところを、台湾を戦利品とした。結果、国民党の圧制、不埒な悪行三昧の数々・・・・・これを横目で見ながら手を出さずにいた米国の責任はかなり重い。

米国の命令→執行した中華民国→命令から逸脱した国民党→台湾の資産違法接収→原住民への虐殺(これって中・韓がいつも日本に言うところの侵略ってことです) 

これらの最高責任者はどう見ても米国ですよ。

独立国になれば国民党は駆逐されますから、訴えられたらどうにもならないですね。


***********************

参考


【読者意見】台湾は対米外交を刷新すべきである
 
                  石川台湾問題研究所    石川 公弘

1月31日の新聞で、台湾の陳水扁総統が「台湾独立」志向を再び鮮明にしたというニュースを読んだ。29日の春節(旧正月)の演説で、中台統一への道筋を定めた国家統一綱領廃止の検討を表明したほか、新憲法について、年内に学者レベルの民間草案を策定し、2007年の住民投票実施を目指す方針であるという。

陳総統は、本土化(台湾化)優先に回帰することで、08年の総統選に向け、「統一を究極目標とする」馬英九主席の国民党との対立軸を鮮明にして、伝統的な支持層を呼び戻し、与党・民進党の基盤固めを図る狙いだという。

「台湾の身の丈に見合った新憲法」を世論に投げかけることで、大陸色を残した憲法擁護を主張する国民党を揺さぶる狙いがあるという。遅きに失したがその通りだと思った。

ところが、2月1日の新聞報道は、陳水扁総統のこの動きに、米政府が不快感を示しているという。米国務省は30日、「台湾の独立を支持せず、台湾、北京いずれかによる、一方的な現状の変更に反対する」声明を出し、陳水扁総統の自制を促したのである。アメリカとしては、従来の政策に変化はなく、「陳総統のコメントを受け、事態を煽ったり間違った信号を送ったりしないため、米国の政策を改めて示すことが、有用と考えた」とのことだ。

これでは、有用どころか、有害だ。陳水扁総統として手の打ちようがないではないか。私の率直な感想である。立法院の過半数を失い、その政策のほとんどを国民党などに否決されている民進党政権としては、2008年に迫った次期政権選択に向け、有効な手立てを考えなくてはならない。それを打ち出そうとすると、事毎にアメリカが出てきていちゃもんをつけるのでは、たまったものではなかろう。

この状態では「現政権の野垂れ死に」を招くことを、アメリカは分かっているのだろうか。その結果、国民党に政権が移れば、統一へのスケジュールが加速する可能性がある。それは、早晩、太平洋におけるアメリカの威光の決定的な凋落につながり、日本にも甚大な影響を及ぼすことになるのである。

それにしても、私の大きな疑問は、台湾のアメリカ政策はどうなっているのかということである。果たして台湾のアメリカ外交は存在しているのか。台湾の命運を握るとも考えられるアメリカとの意思疎通が、完全に絶たれているのではないか。

総統の提案が、その翌日アメリカ国務省によって否定され、それが世界に向って報道される。そんな無様な対応では、独立など夢のまた夢に終わってしまう。台湾はそのアメリカ外交の陣容を抜本的に刷新し、台湾の実情をアメリカに理解させることのできる能力と熱情を持った人物を早急に派遣すべきである。







『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。