background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【NEWS】日本外相稱台灣為國家 中國氣急敗壞 (漢文) 

【NEWS】日本外相稱台灣為國家 中國氣急敗壞  

麻生太郎4日下午在福岡市發表演說時提到和日本有淵源的國家時以台灣為例指出,日本政府在日本時代對台灣施行義務教育,因此台灣的教育水準及識字率才會提昇,也因此成為教育水平極高的國家,得
以跟上時代潮流。

麻生太郎並說,這些都是從「臺灣大人物」那裡知道的,他也
說,老一輩的台灣人都知道這件事。 「我覺得我們的上一輩有做該作的事。」麻生太郎還說「當時還付一天的工資給小孩有去上學的家裡。」(日本之聲注:根據「國語傳習所設立要項」的「學資」一項,明定日本政府補助每個學生一個月金三圓五十錢。麻生太郎指的應為此。)(共同通信)

中國外交部的發言人孔泉在5日的記者會上表示震驚及強烈的憤
概。孔泉認為麻生太郎的發言,是歪曲歷史並且嚴傷害了中國人的感情。
_________________________


日本之聲注:

1882,85年 英國及加拿大的長老會傳教士分別在台灣北部及南部引進西式教育
1895年 清朝割讓台灣
1896年 台灣總督府頒佈「台灣總督府直轄國語傳習所規則」
1914年  頒佈「蕃人公學校規則」
1919年  頒佈「台灣教育令」
1920年  訂定「公立幼稚園辨法」
1922年  公布「台灣公立盲啞學校官制」
1928年  設立台北帝國大學(現台灣大學)
1943年  頒佈「國民學校令」(公學校、小學校改名國民學校,成為義務教育)


日本之聲譯注
====================================================




日本之聲 歡迎轉寄
介紹在日台灣人的活動,並提供日台交流的情報及資訊

投稿請寄本報編輯組: nihonnokoe@am.ai
訂閱請寄空白信到: nihonnokoe-subscribe@yahoogroups.com
之後Yahoo將會寄一封確認信,題名為:Please confirm your
request to join nihonnokoe,收到此信後原封寄回即完成訂閱
手續。


Yahoo! Groups Links

<*> To visit your group on the web, go to:
http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe/
<*> To unsubscribe from this group, send an email to:
nihonnokoe-unsubscribe@yahoogroups.com

<*> Your use of Yahoo! Groups is subject to:
http://docs.yahoo.com/info/terms/

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。