background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【論説】「台湾陳政権の展望」 時局心話會代表 山本善心

【論説】「台湾陳政権の展望」

                        

             時局心話會代表 山本善心


陳水扁総統の就任後、総統府を訪問した際、氏は開口一番「山本先生が
総統選の最中、日本の国会議員と宋楚瑜側に陣中見舞いされたことがマス・メディアに何度か放映され、当陣営は大きな打撃を受けました」と述べられた。これらの報道により、日本の国会議員が宋陣営を支持しているとの強い印象を有権者に与え、陳陣営にマイナス作用したというわけである。

選挙戦も終わり、一国の最高指導者になった人が公の場で語る会話なの
かと違和感を覚えたものである。これは私事を申し上げているのではなく、この会話から陳総統の人物像、政治家としての資質、教養、常識の限界を見た思いがした。


政策理念を捨てる


  陳氏は選挙公約として2008年までに「新憲法制定」と「正名運動推進」を行うと公言した。

  陳氏が李登輝前総統の路線を継承するということで、総統選では「台湾団結連盟」や独立派が氏を支持したものだ。また各種世論調査でも「統一か否かは台湾人が決めるべきだ」が90%前後との結果が出ている。

  その後、陳総統はこれら世論と支持者らの期待に応えることなく、逆に中国側に媚を売り、野党国民党と親民党に擦り寄る姿勢と政策を示した。台湾人の本音は中国人嫌いであり、「一つの中国」論に反対なのである。つまり「中台経済、武力威嚇、日米の対台湾政策」などの影響で現状維持を余儀なくされている。


中国メディアを容認


 2000年の就任以来、陳氏は「中華民国の総統」発言を繰り返すばかりか野党親民党の宋楚瑜主席との「扁宋十ヵ条」で「五つのノー」を公約した。この内容は「独立を宣言しない」「二国論を憲法に盛り込まない」等である。これは公約放棄の宣言であり、台湾国民への裏切りにほかならない。

  さらに中国資本100%のテレビ局TVBSが連日民進党幹部の不正行為を
暴き立て、扇動放送を垂れ流し、自らの陣営に不利と知りながら「私の総統任期中は閉鎖しない」と公言した。昨年暮れの台湾統一地方選挙で、民進党は議席数を大幅に減少させた。陳政権を打倒せんとする敵国のメディアを容認したことが、民進党を敗北せしめる一因となった。

 陳氏の「政策と理念」の不在はあらゆる局面で露呈し、総統・最高指導者としての資格はおろか、国民からの信頼も失った。


内外からの陳包囲網


 現在、与党の立法委員(国会議員)数は過半数以下である。これでは重要法案が軒並み否決され、政策が実行できない。この状態が1年も続くと民進党支持者は遠のき、陳政権の指導力は低下する。

 この時期、与党は2006年までに国民党政権が中国で制定した「中華民国憲法」から「台湾新憲法」に変えると宣言した。これは「住民投票法」の成立が必要であるが、米国政府は懸念を示した。中台の武力衝突を避けたいとする米国の意向である。

  陳総統は、「自由と民主化」を掲げるブッシュ政権がなぜ「住民投票法」に反対し、陳政権を牽制するのか理解できなかった。

  一方先の台湾統一地方選挙で国民党は地滑り的勝利を収め「馬旋風」
を巻き起こした。4月には野党国民党が中国共産党との60年ぶりの「国共トップ会談」を行い、中華民族の存在感をアピール。陳総統は内外から包囲網を敷かれて孤立した。

  人間は最後まで追い詰められると腹をくくるというか、度胸が据わってくる。陳氏も二人の若手側近(ここでは名を伏せる)と陳夫人の四人で連日細かく打開策を練ってきたが、最近では党内外の意見も聴くようになった。


民進党立て直しの新人事


 民進党は先の台湾統一地方選の敗北を受けて人事を刷新し、体制の立
て直しと2008年総統選に向けた戦略に動き出した。

  民進党主席選で蘇貞昌(そ ていしょう)氏(58)の後任に元行政院長(首相)の游錫○(ゆう しゃくこん)(○部分の「こん」という字は、「方方」の下に「土」と書く漢字1字です。対応できる漢字がなく、申し訳ありません)氏が当選した。游氏は陳総統の信頼が厚い。游氏の後ろ盾には元新聞局長・元行政院秘書長(首相官房長官)の葉国興氏がいる。さらに総統府秘書長(総統府官房長官)に陳唐山氏、防衛・外交など要所要所に李登輝シンパが配置された。

  また行政院副院長(副首相)には元大陸委員会主任委員(閣僚)で女性の蔡英文氏を任命した。蔡氏は英語が達者で米国からの信頼も厚い。

  新行政院長には蘇貞昌氏が就任。氏は県長時代に治水や公園整備を積
極的に進め、実務面は確かだ。蘇氏はあだ名が「電球」と言い、頭の明るさが周囲を明るくすると親しまれている。

  今回、陳政権の新人事はクリーンな政治、清新さの復活に全勢力を傾ける。民進党は結党の精神である民主化の推進、政治腐敗との対決に立ち返り、再び「正名運動」「憲法制定運動」を推進するなど、台湾主体意識の強化に取り組むことを決意した。


次期総統候補は誰か


  陳政権の新人事発表とともに2008年の総統選に向けた民進党の総統候
補が注目されよう。一人目は今回の人事で民進党主席に就任した游錫○氏である。氏はまじめだがいささか凡人で風采も平凡、人間的魅力に欠ける。馬英九氏の人気には及ばない。

  二人目は蘇貞昌新行政委員長である。氏は親しみと人気はあるがどこまで行っても地方型の政治家で政治理念や外交の先が全く見えない。

  三人目は呂秀蓮(ろ しゅうれん)副総統である。呂氏は陳政権のなかでの活躍が評価される。次期総統に関しては本人は「意欲がない」と発言しているが、本音は三人のなかで一番意欲的だ。ただ、中国や国民党相手にどこまでの力相撲ができるかに疑問が残る。

  私見であるが、ここで見落としてはならない人物として、理念的に李登輝前総統に最も近いとされる姚嘉文(よう かぶん)氏(元民進党主席・現考試院長)をダークホースとして特記する。トップリーダーにはその時代に相応しい人物が必要だ。この激動の時代に、姚氏が有資格者として浮上してくる可能性は高い。


台湾は防衛と経済の要


  今後日本にとって、台湾政局は無関心ではすまされない。日本政府や
外交筋が台湾問題に無関心を装い、蔑ろにしてきたのは何故か。小泉純一
郎首相も前原誠司民主党代表も中国に対しては勇気ある発言をしているが、「台湾」に対して一言もないのは残念なことだ。

  平松茂雄氏(中国軍事研究家)は弊会1月「時局懇談会」で「中国は2010年代に台湾軍事統一を断行する可能性が大きい。台湾を支配すれば南シナ海とその周辺の東南アジア諸国に影響力を行使できる。南シナ海はバシー海峡でインド洋に繋がり、シーレーンを支配する要衝だ」と強調したが同感である。

  一方、馬国民党主席は「日本植民地時代に弾圧を受けた台湾出身者を
抗日英雄として顕彰する」と語った。馬氏の言動は中国側の「抗日戦60周年記念」に歩調を合わせている。

  野党国民党と中国による統一か台湾支配が進めば、経済大国日本は致
命的なダメージを受けよう。原材料と加工品の70%前後が輸出入で壊滅的な打撃を受けるのは自明の理だ。また安全保障面で重要な砦となる台湾を、日本政府はいつまで見殺しにしておくつもりなのか。

  台湾の友人は「日本政府はにわとりの糞を出すことはあっても卵を産むことはない」、つまり日本政府は台湾の邪魔をすることはあっても助けてはくれないと皮肉っている。


李氏訪日を自由に


 訪日について、李登輝前総統は意欲満々である。あと10年はしっかり頑張るぞ、と言っておられる。しかし李氏は高齢ということもあり、訪日は今回が最後になるかもしれない。

  日本政府は今まで“記者会見しない、政治活動をしない、政治家と会わない”といった「三ない主義」で李氏を拘束してきた。5月訪日は李氏の自由に任せるべきである。マスメディアも、歓迎の論調を切に願いたい。「いつまでも悪者扱いされたり制約をされたりでは、もう台湾人はうんざりだ」と台湾の友人は語った。台湾を反日国家にしてはならない。



ホームページ  
 http://www.fides.dti.ne.jp/~shinwa/



『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html



『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。