background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【台湾有情】連行された父 産経新聞 2006年2月2日

【台湾有情】連行された父

産経新聞 2006年2月2日

 「美●(みす)のかわいらしきこと夥(おびただ)しい。形容のしようがない」。阮(げん)美●さん(78)は二十年ほど前、国民党軍兵士に一九四七年に突然連行されたまま生死も不明だった父親の日記を見つけて、泣き明かした。
 戦前から台北で新聞社を経営していた父親の阮朝日氏(連行当時四十六歳)の容疑は「新聞社を利用した非合法活動」。美●さんがコツコツ調べた結果、朝日氏は連行の数日後、取り調べも裁判もないまま山中で無残に殺害されていた。

 台湾を戦後占領した国民党政権が戦前からの知識人や大衆の反発を恐れて、四七年二月二十八日に起きた騒動に端を発して無差別弾圧した「二二八事件」。死傷者数は少なくとも数万人に上る。福島高商(現福島大)卒の朝日氏もその一人だった。

 日記を読み進むほどに、日本と台湾と家族をこよなく愛し、厳正中立だった父親の姿が克明に浮かび上がってきた。

 その父親をいわれなき罪で奪われた無念さにどう立ち向かうか。美●さんは事件に関し詳細な調査を積み重ねてきた。

 知り得た事実を日本の若者にも語り継ごうと、美●さんは日本語とマンガで描いた「漫画台湾二二八事件」(まどか出版)を二月三日に日本で出版する。

 「日本人にこそ、この事件を知ってほしいと父も願っています」と話す美●さんの瞳は少女のように輝いていた。

 (河崎真澄)


 ●=女へんに朱








『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。