background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾2・28革命59周年記念講演会徹底討論!台湾防衛-軍事的視点から 

台湾2・28革命59周年記念講演会
徹底討論!台湾防衛-軍事的視点から 


中国がアジア・太平洋における覇権確立への動きを顕在化させるなか、果たして中国軍の台湾侵攻はありうるのか? そして日中戦争、米中戦争の可能性は? 第一線で活躍する軍事専門家たちに日本と台湾のとるべき戦略を語っていただきますので、奮ってご参加ください。

            台湾独立建国聯盟日本本部委員長 黄 文雄
■日 時:2006年2月26日(日)午後6時~(午後5時半開場)


■場 所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)3階 富士
     東京都千代田区九段北 4-2-25 Tel:03-3261-9921
     【交通】JR/地下鉄[市ヶ谷]駅より、徒歩3分

■会 費:1,000円

************************************ 概 要 *********************************

【問題提起】

「台湾の現状分析―対日米中関係」・永山英樹 台湾研究フォーラム会長

【 講 演 】

「航空作戦の様相」・佐藤 守 元空将

(略 歴) 防衛大学校卒(第7期生)。航空自衛隊戦闘機パイロット(総飛行時間3800時間)。三沢・松島基地司令、南西航空混成団司令(沖縄)を歴任。平成9年退官。軍事評論家、日本文化チャンネル桜軍事コメンテーター。

「海上作戦の様相」・川村純彦 元海将補

(略 歴) 防衛大学校卒(第4期生)。海上自衛隊対潜哨戒機パイロット、在米日本大使館防衛駐在官、第5航空群司令、第4航空群司令、統幕学校副校長などを歴任。

「陸上作戦の様相」・松村 劭 元陸将補

(略 歴) 防衛大学校卒(第2期生)。陸上自衛隊幕僚監部情報幕僚、作戦幕僚、防衛研究所研究員、西部方面総監部防衛部長などを歴任。米国デュピュイ戦略研究所東アジア代表。英国国際戦略研究所所員。専門は戦略・戦術研究、情報分析。『戦争学』『ゲリラの戦争』『台湾海峡、波高し』等。

【 司 会 】

金美齢(総統府国策顧問)、柚原正敬(日本李登輝友の会事務局長)[予定]

■主 催:台湾独立建国連盟日本本部(黄文雄委員長)
     〒162-0067東京都新宿区富久町8-24-3F  Fax:03-3359-8475



『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。