background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歓迎すべき「タカ派」との言いがかり P・リー

歓迎すべき「タカ派」との言いがかり


P・リー

日本政府が李登輝先生にビザなし訪日を認める見通しであることを産経新聞が報じたので、さっそく中国人は反応を示しています。香港の亜洲時報は「日本の外交部門では親中派が全面的に勢いを失い、タカ派が優勢だ。最近、中国が喜ばない前総統李登輝は、タカ派の外交のコマとなっている」と真剣に論じているのは、中国人の代表意見のようで、とてもおもしろいと思います。


日本人が中国に従わないからといって、「タカ派」だとか「李登輝をコマにしている」だとか言いがかりをつけ、まるで中国に喧嘩を挑んでいるかのように考えるのは、いかにも好戦民族ならではのわかりやすい発想です。まるでヤクザのようです。しかしヤクザには、強い相手にはそれなりに付き合い方があります。弱い相手に対するのとは違う「友好」のやり方があるのです。少なくてもゆすったりはしません。かえって遠慮してくるのです。なぜなら強い相手を脅しても、疲れるだけだし、本当に喧嘩になって自分が痛い目にあうかもしれないからです。だから日本政府は最初から李登輝先生の自由な訪日を認めてくればよかったのです。靖国神社の問題でも、中国はまえほど強硬な態度を取れなくなっていることも忘れてはなりません。

日本政府は「タカ派」と呼ばれた以上は、「タカ派」で通したほうがいいでしょう。又弱みを見せると、ヤクザも混乱して、いつまでも紛糾は続く。李登輝先生が「コマ」だというなら、中国人には「コマ」として有効なわけだから、本当に「コマ」(外交カード)にした方がいいと思います。私は李登輝先生自身もそう願っていると思っています。なぜなら李登輝先生は無私の人で、たんなる個人旅行よりも、台湾や日本の将来を考えた上での旅行をされたがっているはずだからです。中国も馬鹿ではなく、それがわかっているから大反対しているのです。日本政府もそれがわかっているので、いつもびくびくしてきたのです。

日本政府は李登輝先生を煙たがるのではなく、歓迎した方がいいのです。中国から批判されたら、「主権に属する問題なので、干渉はするな」とはねつけてしまえば、中国は何も言えなくなるから、それで解決なのです。「勇気がない者は中国人と付き合うな」という教訓は、中国人通には常識だから、この言葉を広めましょう。

ところで中国に対する勇気ある態度とはどういうものでしょうか。科学的に説明すると、それは中国にNOをいって、中国政府から憎まれている人を見ればわかります。陳水扁総統は妥協ばかりで、すっかり馬鹿にされていますから例外ですが、石原知事はそうですし、小泉首相もそうでしょう。しかし筆頭はやはり李登輝先生なのです。あの方はたった一人でいつも中国を慌てさせているのです。これはすごいことではないでしょうか。今回は日本政府を「タカ派」に変えてしまいましたし・・・。


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。