background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者反響】ユニクロ社長の発言について好田 良弘(日本李登輝友の会会員)

【読者反響】ユニクロ社長の発言について


              好田 良弘(日本李登輝友の会会員)

自分を香港人と認識するとの回答が88.80%であったのに比べ、自分を中国人と認識するとの回答は75.40%に止まったという。い。
 香港といえば、経済活動に限っても、中国への依存度の高さは我が国の比ではなく、他に選択肢が無いに等しい地域である。

香港の青少年育成団体である学友社が11歳から25歳までの学生2,777名を対象に実施した調査によれば、「自分を香港人と認識する」という設問に対し、「大いに認識する」を6点、「全く認識しない」を1点とした6段階で回答した場合、平均点が5.17であったのに比べ、「中国人と認識する」との設問への平均点は4.59に止まったという。また、これらの設問への回答のうち、4点から6点までを「認識する」、1点から3点までを「認識しない」として大別した場合、自分を香港人と認識するとの回答が88.80%であったのに比べ、自分を中国人と認識するとの回答は75.40%に止まったという。

同じ調査では、「自分は中国を愛している」との設問への平均点は3.90で、これを是とする回答は59.70%に過ぎないという。調査対象は若年層に限定されているが、この世代に対する影響力を考慮すれば、上の世代が全く異なる認識を持つとは考え難い。


 香港といえば、経済活動に限っても、中国への依存度の高さは我が国の比ではなく、他に選択肢が無いに等しい地域である。そこで実施されたこの調査結果からは、中国とは、自らの根がそこに存在することが明らかであり、一衣帯水の環境下にある香港住民にさえ、あるいはそうした環境下にあるからこそ、距離を置いた、あるいは置きたい存在であることが窺える。

 ところが、香港に比べれば、いくつもの選択肢を有するはずの我が国では、先日の「台湾の声」で紹介されたユニクロの経営者である柳井氏のように、何故か対中関係を唯一無二と実態以上に重要視し、とにかく中国に歩み寄ろうと、首相の靖国神社参拝を批判する輩が、政界、財界あるいは言論界などに散見される。しかし、前出の調査結果を観察すれば、我々から見て中国の一地方人の枠を出ないと思える香港人でさえ、距離を置いた中国観を抱いているにも関わらず、日本人である彼らが、中国の側に立った接近を唱える姿には、危うさだけでなく滑稽ささえも覚える。

 こうした香港人をも凌ぐ対中接近を示し、身を滅ぼした典型例にヤオハンがある。1990年代に香港へ拠点を移したヤオハンは、一時は日の出の勢いと見られたものの、中国への関与を深めて間もなく壊滅し、最後には現地に派遣した新入社員を置き去りにするなどの不誠実な運営が、いかにも日本企業離れしていると皮肉られたものだ。

 もちろん、こうした失敗例を他山の石として、中国事業で成功を収めた例も多数存在することであろう。ただそれだけの経営手腕があれば、首相の靖国神社参拝による影響などは、自力で排除すべきである。日中首脳の相互訪問が途絶えた期間中にも、両国間の貿易量は拡大しているし、中国からは多数の使節団が来日し、投資誘致に励んでいる。つまり、柳井氏の発言にあるような、「政治が足を引っ張った」結果とし
ての「破滅的な関係」は見られず、むしろ首相が常に言及している「ひとつの食い違いが全体を停滞させない」関係が維持されている。

また、中国当局による事業活動の阻害は、増値税の不還付や不透明な経費の徴収など、首相の靖国参拝以前からの常態であり、反日姿勢についても以前からみられたものである。現在の対中事業は、これらを承知の上で展開しているのであろうし、それでも支障があるとすれば、所詮はその程度の相手なのであり、深入りしないことが肝要であろう。

 それでも、「政治が経済の足を引っ張る」ことを嫌い、どうしても日本側の歩み寄りによる対中接近を志向する方々には、日本国籍を捨て、中国へ帰化することをお勧めしたい。
 
もし本当に、首相の靖国参拝が事業活動に悪影響を与えているのであれば、それで回避できるであろうし、ひょっとしたら、日本企業の事業を横取りすることさえも可能かもしれない。また、一国二制度の中で僅かな距離を確保している香港人をも超える対中接近が実現するし、自国を愛し、靖国の英霊を崇敬する日本国民の心を損なわずに済む。

柳井氏は、首相の靖国神社参拝を「個人の趣味」と呼んだと伝えられるが、こうした輩を同胞とは思えない日本国民は多くとも、彼が日本国籍を捨てて惜しむ人はいないだろう。


『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。