background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポート】日本台湾医師連合シンポジウム(付・新年国是声明)

【レポート】日本台湾医師連合シンポジウム(付・新年国是声明)

15日夕、アルカディア市ヶ谷で開かれた日本台湾医師連合(丘哲治会長)主催のシンポジウムには、在日台湾人医師だけではなく、台湾に関心を持つ日本人も多数参加し、会場は満席となった。120名の参加があったという。

王紹英医師の司会で行われた講演の部では、本誌編集部の多田恵が、選挙結果について、「逆境の中で健闘しており希望を捨てる必要はない」と指摘し、国民党が作り出して、台湾から世界に発信されている、台湾人が中国を選択したかのような宣伝に騙されては行けないと訴えた。

また、李登輝総統時代、民進党をはじめとする在野の民主化運動のパワーがあって、改革を進めることが出来たように、民間の力が必要だとした。そのために、国民党がいかに台湾・台湾人にとって酷いことを行ってきたかという真実を広く知らせるべきではないか、と提案した。これは、敵を作り上げるのではなく、中国国民党は今、事実として台湾に対する敵対行為を行っているのだと解説した。

金美齢女史は、敗戦の要因として、今回は「選挙疲れ」があったとした。また柯旗化氏は中国人が如何に掌を返すか30年前に見通していたが、自分は40年前に、同じ言葉を、素敵なインテリのジェントルマンだった中国人男性から同じセリフを聞いて、中国人が嫌いになったというエピソードを披露した。中華思想は理屈でなく宗教だとしたうえで、中華思想は機を見るに敏、弱いときは卑屈で強ければ尊大になる。陳政権の元でも、事務次官以下は従来の人員で、面従腹背。再選後初めて仕事をするようになったと紹介した。台湾人の政権は一生懸命、融和政策をとっていたが、ブルー陣営の支持者は国民党が選挙に勝てば、台湾人を馬鹿にした態度に出ると指摘した。また台湾のキャンパスで、自分の生きたいように生きることの幸せを伝え、台湾アイデンティティーに繋げて行きたいという思いを語った。

陳総統の元旦演説を受けて、台湾の(親中派)メディアは悪口雑言。翌日株が下がれば、陳総統のせいにした。ところが3日目に株が上がると「陳水扁の言っていることは怖くない」と矛盾したコメントを出すなど、自分たちの好きなように解釈している、と批判。メディアによるこのような侮辱を聞いて、「今後、陳水扁の批判はしない、100%支持する」と心に決めたという。

台湾のタクシーに乗れば、緑支持者が陳水扁政権への不満を言う。投票日に友人を誘って遊びに行ったことを自慢する者さえいる。これは中国人の謀略に踊らされている。と台湾人の無防備に懸念を示した。

今回の選挙結果をブルー陣営のメディアは「狂勝」と表現し、喜びを隠さないが、台湾人は2000年総統選挙で勝利しても、ブルー陣営を気遣って、喜びの美酒に酔うことが出来なかった。台湾人が、如何におとなしく、自己主張が少なく、遠慮深く、弱虫か分かる。負けて当たり前と考える植民地根性を打破しなければならないと指摘した。誰にも負けないという気持ちを態度で示すことが出来るようになる必要があるとした。

また、心では中国と一緒になりたくないと思っても、中国の脅威の下で、それをどう投票行動に結び付けていくかが問題であるとし、「この一票を入れても安全だ」と思えるような自信を持たせる必要があると指摘した。そうすれば間違いなくグリーンが勝つ。万が一の時には日米が控えているという自信を与えるために、私たちが働きかけていく必要があると訴えた。櫻井よしこ氏が今月の『Voice』で、台湾関係法を呼びかけてくれたという例を挙げた。

ジョン・J・タシクJr氏は、台湾のことをpoor little Taiwanと言うのは失礼かもしれないが...と言ったが、いつまでも「小さな可哀想な台湾」で良いのか台湾人は考えなければならない。日本人は50年間一緒にいたという道義的にも、国益から見ても台湾側に立つべきだが、日本全体がそういう認識を持つようになるまで、ここにいる台湾人が頑張るべきだ、と呼びかけた。長時間の質疑に応じた後、「台湾が台湾でなければ皆不幸せになる」と結んだ。

講演の部が終わると、日本台湾医師連合の「新年国是声明」を陳維斌医師が読み上げ、大きな拍手で受け入れられた。岡山文章前会長は閉会の挨拶で、南米旅行中、「日本人か」とよく聞かれ、日本からだと知ると、話が弾んだ。ヨーロッパでは日本人も「中国人か」と聞かれるが、南米では日系人の社会への貢献が評価されているためだとした。百年後、台湾人が海外へ行って「Are you Taiwanese?」と声をかけられることを祈っている。台湾にいる友人も最近元気を取り戻し、今回は癌を発見した選挙。あることが分かれば、治療も不可能ではないと言っているというエピソードを紹介した。日本からのエールをお願いします、と訴えた。


新危機・新転機
~2006年日本台湾医師連合新年国是声明~

去る12月3日に行われた台湾の選挙は地方選であるにもかかわらず、世界中の注目を浴びた。注目の焦点は、与党民進党と野党国民党勢力構図の変化が台湾の対中国政策にどう影響をもたらすか、というところにあった。そして選挙結果は、周知の通り与党民進党の大敗ということになった。

一方、陳水扁総統は1日、元旦のメッセージを発表し、2007年の新憲法制定を目指すと共に両岸政策では、従来の「積極的に自由化、効果的に管理」から「積極的に管理、効果的に自由化」という方針への路線変更を打ち出し,「台湾主体意識」の堅持を強調した。

この元旦のメッセージは日本であまり報道される事はなかったが、われわれ台日の架け橋である日本台湾医師連合はこのメッセージは重大な意味を持つと考えた。そして、日本の友人達に、台湾では「台湾主体意識」への流れが絶えずに続いている事を明らかにすると同時に、台湾各界に以下の通り提言を行うことを決定した。

1、陳水扁総統の元旦のメッセージを支持すると共に、真摯に実行することを強く要請する。

2、最高指導者である陳水扁総統だからこそ、自主、自信、自重、自愛が求められ、公平、公正、公開、公議が望まれる。

3、 2004年総統選挙の勝因は民進党の「台湾主体意識政策」にある、という厳然たる事実は無視することは出来ない。そして、今回の選挙の最大の敗因は民進党の行動が「台湾主体意識」と乖離したが故に元の支持者が遠ざかってしまった為である。

4、理念を犠牲にするような政党協調や中間層選挙民を取りこもうとする政策は台湾人への裏切り行為にほかならない。

5、野党の連合が進んでいるが、民進党は党内の結束及び友党との連携を最優先に実行するべきである。

6、国民党の、「党即ち国」時代の悪しき遺産を速やかに清算するべきである。

7、堅持台湾、深耕台湾、防衛台湾、自決台湾。

天祐台湾。

日本台湾医師連合


関連記事
【日本台湾医師連合講演録】「我々が今出来ることは何か」
http://www.emaga.com/bn/?2006010049782954008452.3407
『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html
 バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (漢文)
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。