background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「図書紹介」 『台湾人元志願兵と大東亜戦争―いとほしき日本へ』

戦後の日台交流に多大な功績のあった鄭春河先生が昨年12月22日にお亡くなりになり、今年1月8日には台南で葬儀が行われました。ここに謹んで鄭先生のご冥福をお祈りするとともに、鄭先生が「戦中派台湾人の日本に対する思い」を綴った遺著『台湾人元志願兵と大東亜戦争』をご紹介します。

購入希望の方は、版元の展転社に「台湾の声で見た」と書いて申し込めば、送料無料(代金後払い)にてお届けするとのことです。

展転社 電話:03-3815-0721 FAX:03-3815-0786
    e-mail : book@tendensha.co.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『台湾人元志願兵と大東亜戦争―いとほしき日本へ』

鄭 春河 著(日本文化振興会執行委員)
四六上製  544頁
本体:1800円+税

血書嘆願をもって大東亜戦争に志願するも、戦後、異国となった台湾にあり『嗚呼大東亜戦争』はじめ数々の魂の書を日本語で刊行。小林よしのり氏『台湾論』で本書を紹介。

序文  鄭春河氏への謝辞[小堀桂一郎]
第1章 大東亜戦争聖戦論
第2章 旧日本軍隊の思ひ出
第3章 台湾の戦前戦後
第4章 かつての戦友を見捨てるのか
第5章 英霊の名誉を回復せよ
第6章 懐旧の台湾と日本
第7章 鎮魂の詩

《著者略歴》鄭 春河(てい しゅんが)大正9年、台湾・台南州北門郡佳里町生まれ。昭和14年、早稲田大学中学部(校外生)卒業後、台南神社にて神職の教育を受け、北門郡雇員(公務員)と北門神社奉仕を兼務。同17年、特別志願により陸軍第一補充兵に編入、翌年、台湾第四部隊に入営後、豪北派遣、チモール島にて終戦を迎える。同21年6月、復員し台湾に帰郷。戦後、日本人容疑で検挙されるも、無罪判決により官費にて政治大学課程を履修。製油会社等の部長を歴任後、社長・顧問を歴任。平成9年、台南・延平郡王祀(鄭成功廟)にて催された復台記念日祭典に神道式斎主として厳修。同10年、台中・宝覚禅寺の境内の霊案故郷碑前にて催された台湾同胞戦争裁判犠牲者合祀際の神道式祭典を斎主として厳修。


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。