background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読者の新春所感⑧

読者の新春所感⑧


■慶應義塾大学総合政策学部教授 野村 亨

私の畏友の一人に長年ブルネイでビジネスに携わっておられる澤田紘氏という方がおられます。ご自身も台湾生まれであり、また現在の日本人には数少ない真の「国士」であると常々尊敬しております。このたび、新年にあたり、電子メイルで以下のような所感を送ってこられました。まことに心に沁み入る珠玉の言葉の数々であり、感激いたしました。そこで同氏にこの所感を日ごろ私が愛読する「台湾の声」に転送してもよいかとうかがったところ快諾を得ましたので、ここに送らせていただきます。自分自身の言葉ではなく、他人の言葉で恐縮ながら、ここに表れされている感慨は私自身大いに賛同し、同感に思うものであります。台湾を愛し、日本の将来を真に憂える人々にぜひご披露申し上げたいと存じます。末筆ながら日台の友好と台湾の人々のますますのご発展を心からお祈り申し上げます。


(以下は澤田紘氏のメッセージ)

明けましておめでとうございます。
2006年1月1日
ブルネイに来て早くも28年が経ちました。

ブルネイが時間的には第二の故郷となったようですが、それ以上にインドを振り出しに過ごしたアジアの中の日本人としての意識がさらに強まったような気がします。

ブルネイ居住中に私の心を打った三篇の言葉を紹介します。 この三篇の言葉が、常にアジアでこう生きたい、こう有りたいと言う、私自身の志となり、自戒となり、自制心となり、自尊心となって来ました、今後何年アジアから日本を眺められるのか解りませんが、末永くご指導ご鞭撻の程伏してお願い申し上げます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

マレーシアの元上院議員ラジャー・ダト・ノンチック氏が寄せた一遍の詩。『日本人よありがとう』(土生良樹著・日本教育新聞社刊)


かつて 日本人は 清らかで美しかった
かつて 日本人は 親切でこころ豊かだった
アジアの国の誰にでも 自分のことのように 一生懸命尽くしてくれた

何千万人もの 人の中には 少しは 変な人もいたし おこりんぼや わがままな人もいた自分の考えを おしつけて いばってばかりいる人だっていなかったわけじゃない

でも その頃の日本人は そんな少しの いやなことや 不愉快さを超えて おおらかで まじめで希望に満ちて明るかった

戦後の日本人は 自分たち日本人のことを 悪者だと思い込まされた
学校でも ジャーナリズムも そうだとしか教えなかったから
まじめに 自分たちの父祖や先輩は 悪いことばかりした残酷無情な
ひどい人たちだったと  思っているようだ

だから アジアの国に行ったら ひたすら ペコペコあやまって
私たちは そんなことはいたしませんと 言えばよいと思っている

そのくせ経済力がついてきて、技術力が向上してくると自分の国や自分までが、えらいと思うようになってきて、うわべや口先では済まなかった悪かったと言いながら ひとりよがりの自分本位の えらそうな態度をするそんな今の日本人が心配だ本当に どうなっちまったんだろう 日本人はそんなはずじゃなかったのに 本当の日本人を 知っているわたしたちは いまはいつも歯がゆくてくやしい思いがする 自分のことや 自分の会社の利益ばかり考えてこせこせと 身勝手な行動ばかりしているヒョロヒョロの日本人は これが本当の日本人だろうか
自分たちだけで集まっては 自分たちだけの 楽しみや ぜいたくに ふけりながら自分がお世話になって住んで居る その国と 国民の事ことを さげすんだ眼でみたり バカにしたりするこんな 人たちと 本当に仲良くしてゆけるだろうかどうして どうして 日本人は こんなになってしまったんだ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

大正11年にアルバート・アインシュタインが初めてドイツから来日したときに日本人に出されたメッセージ。


「近代日本の発展ほど世界を驚かせたものはない。万世一系の天皇を戴いていることが今日の日本を有らしめたのである。
私はこのような尊い国が世界の一ヶ所位なくてはならないと考えていた。
世界は未来に進むだけ進み、その間幾度か争いが繰り返されて最後に戦いに疲れる時が来る。
その時人類は、まことの平和を求めて世界的な盟主なるものは、武カや金カではなくあらゆる国の歴史を抜さ越えたもっとも古く尊い家柄でなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねぱならない。我々は神に感謝する。我々に日本という尊い国を作っておいてくれた事を!

又、日本の家族制度ほど尊いものはない。
欧米の教育は個人が生存競争に勝つ為のもので、あたり構わぬ闘争が行われ、極端な個人主義となり、働く目的は金と享楽の追求のみになった。家族の絆はゆるみ、芸術や道徳の深さは日常生活から離れてしまっている。
厳しい生存競争によって共存への安らぎは奪われ、唯物主義の考え方が支配的となり人々の心を孤独にしている。
目本は、個人主義はごく僅かで法律保護に薄いが、世代にわたる家族の絆は固く、互いの助け合いによって人間本来の善良な姿と優しい心が保たれている。
有り難いことにこの尊い日本の精神が地球に残されていたのである。」

『世界の未来は進むだけ進み、その間に幾度も闘争が繰り返される。

しかし最後はその闘争に戦いに疲れ果てるときがくる。そのとき人類は真の平和を求めて、世界の盟主を掲げなければならない。

その世界の盟主とは、武器や金の力ではなくて、あらゆる国の歴史を抜き超えた最も古くて最も尊い家柄でなくてはならない。

世界の文化はつまるところアジアに始まってアジアに帰る。それはアジアの最高峰、日本に立ち戻らなければならない』

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

台湾元総統 李 登輝「武士道解題」序文より


いまの私は、既に日本人にとっては「外国人」であり、また、れっきとした「台湾人」でありますから、「日本人」である皆さま方にこの様なことを言う資格はないのかもしれません。

いや、二十ニ歳になるまでは私も生まれながらの「日本人」でしたし、また旧制の日本教育を受けた者の一人として、あくまでも日本の良いところや、精神的価値観の重要性を人一倍よく知っているつもりですから、この際はっきりと言っておくべきだと信じて疑わないのです。

アメリカでは「ユニラテラリズム=Unilateralism=一国主義」の風潮が強まり、冷戦終結後の唯一の指導国家としての権威と信頼に翳りが見え始めている一方、いわゆる「グローバリズム=Globalism」に激しく反対する人々の抗議行動なども過激化の一途をたどりつつあり、まさに地球社会は「新世界非秩序=New World Disorder」の嵐に翻弄されようとしています。

2001年9月1日にニューヨークとワシントンDCを同時多発的に襲った未曾有のテロ事件など、その象徴的なものと言えましょう。

人類社会全体がこのような危機竿頭の大変な状況に直面している時だけに、世界有数の経済大国であり平和主義国家でもある日本および日本人に対する国際社会の期待と希望はますます大きなものとなりつつある、と断言せざるを得ません。

数千年にわたって営々として積み上げられてきた日本文化の輝かしい歴史と伝統が、60億人余の人類社会ぜんたいに対する強力なリーディング・ネーションとしての資質と実力を明確に証明しており、世界の人々からの篤い尊敬と信頼を集めているからです。

私自身が、日本の教育の中で豊富な知育と徳育を授けられ、それを通して知識や知恵に目覚め「人間いかに生くべきか」と言う根本的な哲学や理念を身に付けてきたからこそ、なおのこと、この人類的危局の中において必要とされている「日本人の心」の大切さを、思いおこさずにはいられないのです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

敷島の大和心を人問はば 朝日に匂う山桜花

これは、本居宣長の和歌ですが、この「大和心」こそ、日本人が最も誇りに思うべき普遍的真理であり、人類社会がいま直面している危機的状況を乗り切っていくために、絶対に必要不可欠な精神的指針なのではないでしょうか。

しかるに、まことに残念なことには、1945年(昭和20年)8月15日以降の日本においては、そのような「大和魂」や「武士道」といった、日本・日本人特有の指導理念や道徳規範が、根底から否定され、足蹴にされ続けてきたのです。 「十年不況」に打ちひしがれ、依然として前途に明るい曙光を見出しえぬ今日のような窮地にあって、そのよう自虐的価値観は日本人ばかりではなく、世界の人々にも大きな打撃と失望を与えずにはおかないのです。

なぜなら、国際社会全体が不況と不安に晒されているときに、最も頼りになるべき国のひとつ「日本および日本人」まで混乱と混沌の中を漂流し続けていたら、人類社会そのものが羅針盤を失いかねないからです。

HIROSHI SAWADA (澤田 紘)




『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/
『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。