background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「案内」 池上文庫の年始会と5周年親睦会

謹賀新年
 明けまして新年お目出とうございます・
 正月と共に近づいて来るのが池上文庫の創立記念日です。今年は
満5周年の節目を迎えます。今年も亦、皆様方とお元気で再会でき
ます事を心より楽しみにしております。
 当文庫は、1943年に竹田野戦病院院長として蓬第19712
部隊に派遣された池上一郎博士が終戦帰国後、第二の故郷である当
竹田驛園に寄贈、設立されたものです。
 池上博士夫婦を始め、日本の篤志家、台湾の地方有志から600
0冊以上の書籍を賜り、利用者一同、心から感謝致しております。
 当文庫は、現在、近隣を始め、台湾島内、遠方は、日本、アメリ
カ、中国北京等海外からの観光客並びに、地域の学生の課外見学、
また.、健康椅子利用や皆の語らいの場となると共に、利用者の憩
いの場となっております。
 私共スタッフと致しましても、当文庫が歴史的にも、文化的にも
意義深いものと自負すると共に、更に多くの人々の共有財産として
末永く大切に育てて参り度いと願う次第であります。
 当日は、来督の紹介や各種余興ありで、来賓は、台南.高雄.屏
東等の近隣は言うに及ばず、わざわぎ、台湾北部の台北や海を越え
て日本からお見えになられます。
 特に、日本からお見えになられます枝厚様には、毎年、ご参加頂
いている事を特筆し、厚く謝意を表します。
 思いも寄らない方々が御来臨致しますので、お愉しみにご想像下
さい。記念撮影は.、私達人生の懐かしい一コマになります。迎え
の使者が来ましたら、写真を見せて、また、来年参加しますので、
100まで延ばしてからにして下さいとお伝え下さい。
では、早速、下記の如く年始会と5周年親睦会をご案内申し上げま
す。

            記

日時:2006年1月16日 午前9時30分~午後14時00分(予定)
   午前9時より受付を開始致します。

場所:屏東県竹田郷竹田駅下車
   南廻線竹田驛園内 池上一郎博士文庫
(駅舎を出て、左手横の建物〉
電話:(08)771-1647

劉 耀祖 拝
--------------------------------------------------------------
問合せ先: eats@a-eda.net 枝 厚

池上一郎文庫と竹田驛 南部の足長おじさん池上一郎博士
http://www.a-eda.net/asia/ikegami.html



スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

篤志家

篤志家フィランソロピー (Philanthropy) とは金銭、物|物品、時間、労力をチャリティー|慈善的な目的を援助するためにささげる行為をさす英語。意味的には「チャリティー」に近く、従来日本語では「慈善活動」「博愛」「人類愛」などとも呼んできた。特定
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。