background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【元旦祝辞】2006年 許世楷・駐日代表

【元旦祝辞】2006年 許世楷・駐日代表

 日本の友人の皆様、在日僑胞の皆様、新年明けましておめで
とうございます。就任後1年数カ月が経ち、代表として2回目の
正月を迎えることとなりました。台湾と日本の関係が今後ますます
発展するよう、新たな希望のもとに新しい年を邁進していきたいと
思っております。


●ノービザ恒久化でさらに強まる台日交流

2004年7月に駐日代表として就任した際、日本ではちょうど
愛知万博の準備が進められているところでした。当初、台湾の参加
は予定されていませんでしたが、各方面での努力の結果、部分的に
参加することができ、芸術団体によるステージやグルメを通して、
台湾文化の魅力を日本でアピールすることができました。これに
伴い、万博期間中に限って台湾からの観光客に対するノービザ措置
が採られることになり、台湾から多くの観光客が訪れたことが実績
となって、2005年9月には日本の国会で、このノービザ措置の
恒久化が正式に採択されることへ繋がりました。これにより双方は
互いに平等なノービザ措置を採ることとなり、お互いに国交がある
国以上に近しい関係となっております。この措置により、同年、日本
から台湾への渡航者数はかねてからの目標だった年間100万人を
突破し、台湾から日本への渡航者も130万人以上に達しました。
こうした人的交流のうえでの飛躍的な進歩は、まさに両国における
良好な交流関係が構築されたことを示しており、非常に喜ばしく
満足しております。この基礎のもと、例えばアメリカとカナダの
ように、今後両国の良好な関係をさらに発展させたいと願ってやみ
ません。


●人、モノ、文化面にわたり交流を促進

人的交流に加え、台日間では投資や貿易といった物的交流も盛ん
です。一例を挙げると、2005年は台湾特産のフルーツを日本で
プロモーションする展示会が相次いで行われ、日本でも有名なマン
ゴーやパパイヤなど夏の果物とともに、冬が旬の白柚(ペイユウ=
ザボンの一種)なども紹介されて注目を集めました。また日本からも、
ナシやリンゴ、モモなどが台湾に輸出されており、こうした農産品
を通じた交流は、国民同士が互いに親しみを感じるきっかけとも
なっています。さらに、文化やクリエイティブな分野での交流も、
新たな勢いを見せております。とくに05年11月に開催された
第18回東京国際映画祭では、11本もの台湾映画が上映され、
日本側の尽力により「台湾:電影ルネッサンス」と題した特集が
組まれ話題を呼びました。今年も台湾のエンターティメントやテレビ
ドラマなどが続々と日本に紹介される予定と聞いており、韓国ドラマ
の「韓流」に負けないような「台流」旋風が起こることを期待して
います。このように人、モノ、文化など多岐にわたる交流が、今後
ますます盛んになっていくことを心から願っております。


●安定した台日関係の立法化を

1972年以来、国交がない状態にある台日関係において、昨年、
ノービザ措置の恒久化が実現し、双方の往来のうえで互恵平等の
関係が確立したことは大きな一歩でした。今後の課題としては、
2006年9月までと見られている小泉現政権の下で、スポット的
な交流関係ではなく安定した台日関係の立法化を目指していきたい
と考えています。例えば日本に滞在する台湾人の登記は、大陸の
中国人同様「中国」と記されています。これは混乱しやすく不便で
あるうえ、万一訴訟問題などが発生した場合、中国の法律が適用
されてしまうという法的な不利益も生じてきているのが現状です。
こうした状態をぜひ改善していきたいと願っております。日本の
皆様には、台湾は中国の一部ではなく、主権国家であること、台湾
人は中国人ではなく台湾人であるということを、ぜひ認識していた
だきたいと思います。


●在日僑胞への期待

日本の僑胞の方々には、かねてより政府に対する支持とさまざまな
支援、ならびに台日関係の促進に各方面で尽力されていることに、心
から御礼申し上げます。この1〜2年、日本における台湾の地位は
向上し、僑胞の日本社会における地位も改善されたと思っております。
台湾は、世界の潮流において本流である自由、民主、人権保護という
価値観を有しています。一方、中国はこれと対照的に独裁政治をとっ
ており、その脅威によるアジア地域への影響はますます拡大し、各国
の懸念の的となっています。世界の流れの中でプラスとなる台湾の
基本的な価値観は日本と共通しており、台湾に対する日本の方々の
印象は好意的で、日本社会において歓迎されていると考えます。在日
僑胞の皆さんにおかれましては、ぜひこうした台湾の立場を自覚し、
自信を持って新たな一年に臨んでいただきたく、皆さんとともに今後
も奮闘していきたいと思っております。


最後になりましたが、世界の平和とアジアの安定を願い、台日関係
のますますの促進と日本の皆様方のいっそうのご活躍を祈念して、
新年の挨拶とさせていただきます。  【2006年 元旦】






『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html

『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。