background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜け落ちている視点--- 台湾語との「互換性」2002/07/17 多田 恵

抜け落ちている視点--- 台湾語との「互換性」
「通用ピンインこそが国際社会に通用する」について
2002/07/17 多田 恵 (日本台湾語メーリングリスト/客家語教室 役員)


                               
民進党国際部御中

北京語の表記法「通用ピンイン」と「漢語ピンイン」の優劣を論じた「通用ピンインこそが国際社会に通用する」を拝読いたしました。「通用ピンイン」の長所の一つに「客家語のローマ字教育との互換性」が挙がっていました。この部分を見て、奇異な感じを受け、投稿いたしました。

まず、私の理解では「客家語のローマ字教育との互換性」で言うところの「客家語ロ ーマ字」とは1998年の客家語版通用ピンインのことだと思います。これはまだ五年も 経っていない表記法です。実際にはそれ以前、1993年の台北県政府の客家語教材や、 教会関係で使われている客家語教会ローマ字とくらべると、「通用ピンイン」と「漢 語ピンイン」どちらも互換性がありません。

次に、御存知のように、台湾の言語のうち母語人口が最も多いのはホーロー語(所謂台湾語)です。ホーロー語の表記法として最も有力なのは、過去百年以上にわたって台湾で使用されている教会ローマ字です。

中華民国による台湾接収直後には、ホーロー語の教会ローマ字を使った北京語の辞典も刊行されたと聞いています。

台湾での北京語の表記法の議論で主役になったのは「通用ピンイン」と「漢語ピンイン」でしたが、どちらも、「台湾語のローマ字教育との互換性」はありません。

北京語の表記法として「通用ピンイン」と「漢語ピンイン」を比べた場合、「通用ピ ンイン」を選ぶことが台湾にとって必要だという点は理解できますが、この過程で、 これまで中華民国在台湾で使っていた、ウエード(Wade)式など、より「国際的」で 台湾社会に根付いた方式---これは台湾語の表記法とも互換性がある---を採用しない (つまり廃棄する)理由を明らかにせず、いきなり中国で使われている「漢語ピンイ ン」と新しく「発明」した「通用ピンイン」だけを対象に議論することは非常に粗略 です。

参考:ウエード式と通用ピンイン、漢語ピンインなど

     「台北」 「高雄」
ウエード式 Taipei Kaohsiung
通用式   Tai bei Gao syong
漢語ピンイン Taibei Gaoxiong
台湾語式  Thaipei Kausiong (教会ローマ字で北京語を表記した場合)

そして、その優劣を論じる際に、客家語という台湾の言語との互換性を問題にするならば、両方の方式とも台湾を代表する言語であるホーロー語と互換性が無いという事実をなぜ問題にしないのか?

民進党は政権についてから新しい「外来政権」になったという批判が台湾を愛する人たちからあります。ホーロー語が事実上台湾を代表する言語であるという事実に目を向けなければ、これまでの政権と同じではないでしょうか。

また台湾人民の代表として政権をとった民進党が「専門家の判断に委ねられるべき」という言い方をするのも疑問です。専門家任せの姿勢であれば、経験のない民進党が政権を取れるはずがないのです。民進党がある政策を支持し宣伝するのであれば、その政策が良いと台湾人民に説明する責任を果たしてこそ、「民主」という理念が生きるはずです。

以上、貴部門の発した文章についてのコメントをお送りしました。とくに「客家語という台湾の言語との互換性を問題にするならば、台湾を代表する言語であるホーロー語と互換性が無いという事実をなぜ問題にしないのか?」という部分について、責任のあるお答えをいただければ幸いです。また「通用」という名称は「互換性がある」かのような誤解を与えるので、開発した機関の名をとって「中央研究院式」とでも呼ぶべきではないでしょうか。

なお、この文章は、北京語の表記法として、漢語ピンインと比べた上で通用ピンインを選択するという貴党および教育部の政策に反対するものではなく、ホーロー語についての正しい位置付けなくして、台湾の主体性を論じることが不可能であるという考えによるものです。

 ( ) ( ) ( )

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。