background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県の有志が県教育委員会に請願書を提出

神奈川県の有志が県教育委員会に請願書を提出
県教委から文科省に意見書を提出するよう激励のメッセージを送ろう!


日本李登輝友の会 教科書問題委員会

去る12月6日、神奈川県在住の有志が連名で、帝国書院及び東京書籍の両社が発行する中学校社会科地図帳の記載・記述事項について、神奈川県教育委員会として、その訂正を要求する勧告を発行者に対して行うよう文部科学大臣に求める意見書提出を要請する請願書を提出いたしました。

請願の目的は、文部科学省が平成17年3月に検定合格させた帝国書院及び東京書籍が発行する平成18年度使用中学校社会科地図帳の記載・記述について、明白な虚偽事項(台湾を中華人民共和国領とする記載・記述)の訂正申告を両社が行うよう指導することを文部科学省に求める意見書を、神奈川県教育委員会として提出することを求めたものです。

文部科学省による「台湾の記述・記載」に関する不適切な検定結果は、文部科学省自身が定めている「教科用図書検定基準」によって適切に訂正されねばなりません。

つきましては、文部科学省に意見書を提出していただくよう神奈川県教育委員会に対して皆様から激励のメッセージを送ってください。

                        
神奈川県教育委員会 教育局総務課調整・情報班
E-mail k-somu.4001@pref.kanagawa.jp
電 話 045-210-8034(直通)
神奈川県の(代表)045-210-1111
FAX 045-210-8920

*他の自治体でも同じような活動を展開していただけたらと存じます。
 請願書の見本をご希望の方は日本李登輝友の会までご連絡ください。
 すぐにお送りします。

 TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
 E-mail ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp




『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中華人民共和国

中華人民共和国中華人民共和国に対しては、台湾政府が政府としての正当性を争っていますから、中華人民共和国に中国へ転送するのはいかがなものでしょうか。記事はこちらにおいて、単に「中国」と呼ばれることもあるなどと表記する方が無難かと思いますが。 14:53 2003年5月
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。