background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林建良氏講演「靖国神社と台湾人英霊の心」 【転送・転載歓迎】

【転送・転載歓迎】

林建良氏講演「靖国神社と台湾人英霊の心」
(靖国を考える埼玉県民の会第1回講演会)


靖国神社には2万8千人の台湾人英霊が祀られているが、多くの日本人は戦後、このことを忘れてきた。なぜ台湾人は日本のために戦ったのか、また戦後、元日本兵や遺族、そして若い世代の靖国神社に対する思いとはどのようなものなのか。

戦後生まれの台湾人講師が、台湾人英霊の心こそが、運命共同体である日台両国の精神的な絆となっていることを明らかにする。また、先ごろの小泉首相の参拝に影響を齎した在台中国人、高金素梅の靖国訴訟の裏にある反日策略の真相を語り、政治学的観点から、あるいは地政学的観点から、アジアにおける反靖国=反日本包囲網の形成が着実に進行していることを明かすとともに、靖国神社がいかに日本再興の精神的バックボーンたりうるかを、日本人とは異なる台湾人の視点から解説する。

この講演会を通じ、日台共栄運動の指針の一つを改めて確認したく、同憂の士のご来場をお待ちしたい。         

                     埼玉李登輝友の会
台湾研究フォーラム


               記


講 師:林建良氏(世界台湾同郷会副会長、台湾の声編集長)
演 題:「靖国神社と台湾人英霊の心」

日 時:平成17年12月4日(日)午後1時30分開場 2時開演

場 所:埼玉会館 2階ラウンジ (JR浦和駅西口より県庁方面へ徒歩3分)

参加費:講演会 1,000円  懇親会 3,000円

懇親会:午後4時~

●会場では、千葉建国塾のご提供により、柯旗化先生の名著『台湾監獄島』
 を、御希望の方に無料でお分けする予定です。


主 催:靖国を考える埼玉県民の会(会長・中田一郎)

共 催:埼玉李登輝友の会、維新政党・新風埼玉県本部、
    新しい歴史教科書をつくる会埼玉県支部、埼玉社会問題研究会、
    不二歌道会埼玉県支部、台湾研究フォーラム

連絡先:靖国を考える埼玉県民の会事務局
    TEL、FAX 048-866-5677
    メール 「台湾の声」が受付代行 koe@formosa.ne.jp


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。