background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

{翻訳文}NYタイムズの「反中韓マンガ」に関する記事

NYタイムズの「反中韓マンガ」に関する記事を、私のある友人
からの要望に応えて、日本語に翻訳してみました。

「日本が中韓を見下している…」といった論調ですが、英語の
記事は全世界の人が読むので要注意です。

日本李登輝友の会
石田 益資

――――――――――――――――――――――――――――――――

アジアのライバルを醜く描いた本が日本でベストセラーに by NORIMITSU ONISHI
(URL:http://www.nytimes.com/2005/11/19/international/asia/19comics.html

11月14日(東京)

1ページ目

「嫌韓流」という漫画本の中に出てくる若い日本人女性が、「今日の韓国を作ったのは日本だと言っても過言ではない」と叫んでいる。また他の部分には、「韓国の文化には誇れるものが何もない」という記述がある。他方、中国人が人食の虜になっている人たちという描写がなされている、「マンガ中国入門」というのがあり、(そのマンガに出てくる)日本出身の女性が「今日の中国を見てください。道義、思想、文学、芸術、科学、制度—どれをとっても魅力的なものが何もない」と言っている。

中国人・韓国人を劣った人たちとして扱い、対立をあおるこの2冊の漫画本が日本でここ4ヶ月間、ダントツのベストセラーとなっている。このおなじアジア人に対するグラフィックと歯に衣着せぬ描写、そして(過去に対して)反省の色を見せず、むしろ挑発的な会話を含めたこれらの本を通して、日本人の中に他のアジア諸国との関係を悪くさせようとする何かしらの感情が渦巻いていることを示している。それらの漫画本は、日本に永く他のアジア諸国との間にある違和感と日本人特有のアイデンティティーにも言及しており、これは英国の欧州大陸に対する(心理的な)距離感と似ているものである。

20世紀の日本の歴史のうち、その半分はアジア色を薄め、西洋人のようになることを目的とすることに費やされた。今日、中国・韓国がアジアにおける経済的、外交的、文化的なリーダーであった日本の地位を脅かすようになってきており、それが日本での新しい排外感情を刺激しているのだ。

西尾幹二氏はドイツ文学者であり、ナショナリスト団体「新しい教科書を作る会」の名誉会長でもある。この会は(日本の)中学校の歴史教科書から日本の戦時中の残虐な行為に関する記述を削除させた会である。西尾氏は日本がどのように隣国と付き合っていくべきかについて、近代日本のもっとも影響力のある学者である福沢諭吉が日本は進んだ西洋から学び、遅れたアジア、特に中国と朝鮮との関係を絶つべきだと主張した1885年から、何も変わっていないと言ってはばからない。西尾氏は「なぜ彼ら(中韓)はぜんぜん成長しないのか。彼らは全然変わっていない。中国・朝鮮は何も学んでいない」と言っている。

福沢が主張するように、韓国に関する漫画本「嫌韓流」の一部分を担当した西尾氏は、中国と韓国から日本を切り離すべきだと主張する。西尾氏は「今は経済的に韓国と中国を無視することはできない。しかし心理的には、心の中では、私たち(日本人)は落ち着いて、そうした方針を守っていかなければならない」と主張する。

日韓両国が共済したサッカーワールドカップで、韓国が日本より勝ち進んだ2002年、韓国がライバルとして台頭してきた現実に多くの日本人は衝撃を受けた。同時に、韓流と呼ばれる、韓国からのテレビドラマ、音楽、映画が日本と他のアジア諸国を圧巻し、日本のポップカルチャーが脇に追いやられたこともよくあった。

しかし、この韓流は、日本女性の間では人気だが、特にインターネットで、それに対する反発に発展した。山野車輪という、若い漫画家が「嫌韓流」というウェブサイトを立ち上げたのだ。(出版元)晋遊社の編集者である、アキヒデ・タンゲ氏は「嫌韓感情は日本でサッカーワールドカップを機に爆発的に広まった」と言う。(「嫌韓流」の)販売部数は、360.000部を超え、編集者たちを驚かせている。編集者たちは嫌
韓運動は思ったより、はるかに大きいと言っている。晋遊社の編集者、山中ススム氏は「こんなにたくさん売れるとは思わなかった。しかし、もう(嫌韓流の出版により)ふたは実質的に開けられたので、本当に多くの人がこのように感じているんだということがわかった」と言っている。

これまで約10米ドルする300ページの漫画本2冊が、政府、学会、主要メディアから何の批判も受けていない。例えば、日本で最も保守的な新聞である産経新聞は、この「嫌韓流」について、日韓両国に横たわる諸問題をバランスを失わずに、非常に合理的に捉えている」と書いている。

一橋大学歴史家の吉田ユタカ氏は「ナショナリストや修正主義者が日本で世論を支配しているので、歴史の本当の姿を主張する人物がかき消されてしまっている」と言う。また吉田氏は、南京のレイプ事件のような歴史を否定する動きは、徐々に危なっかしくなっていく国への「宗教」のようなものだ、とも主張している。吉田氏は、「自信がないから、彼ら(ナショナリスト)は何か慰めとなる話を必要とする。例えそれが事実と異なっていても、彼らにとって特に意味をなすものではない」と語っている。

(2ページ目)

現在続編の作成に取り掛かっている「嫌韓流」の作者は、インタビューを断ってきた。この本は日本のティーンエージャー「Kaname」を主人公中心に、朝鮮に対する「正しい」理解を(読者に)求めることを目的としている。「嫌韓流」はまず、2002年のワールドカップで韓国チームがどのようなインチキをして勝ち進んだのか、という章から始まり、後の章でKanameが韓国の現在の成功が日本の植民地統治の恩恵を被っているかを悟っていく過程が描かれている。西尾氏は「韓国が主要国の仲間入りができたのは、彼ら自信の力ではなく、日本のおかげである」と植民地時代の朝鮮について語る。

しかしこのマンガ本は、おそらく無意識のうちに、日本のアイデンティティーの葛藤、つまり、(日本に)長く存在したアジアに対する優越感と、西洋に対する劣等感――この本に出てくる日本人は大きな目、金髪、白人系の容貌をしており、逆に韓国人は黒髪で、目が細く、アジア的な容貌で描かれている。こういった日本のポップカルチャーに植え込まれている美意識は、日本の当時のリーダーたちが西洋の帝国主義を食い止める最良の方法は、彼らを真似することだと思った19世紀の明治維新に起源があることをほとんどの日本人は気づいていない。

1885年に、今日の日本の近代化の知性的な父と慕われ、現在の1万円札に描かれている福沢は「脱亜論」を唱えた。この論文は多くの学者が、日本の度重なる侵略と植民地化を学術的に裏付けたものだと信じている。福沢は日本の隣国は救いようもなく立ち遅れている事実を嘆き悲しんでいた。福沢は「悪友を持てば、悪名は免れない」と説き、日本はアジアを離れ、西洋の近代化した国々と共に歩むべきだと主張した。福沢は日本のアジアの隣国について、「われわれは西洋人と同じように、彼ら(アジア人)と接するべきだ」と語った。

このような考えが元となって、日本人はコーカソイド系(白人)の容貌が人気を博するようになった。一番大きな変化が見られたのは日露戦争の1904-1905年であった。戦争について描かれる絵の中の日本人がロシア人より背が高かったり、まっすぐな鼻をしていたり、その他の特徴もヨーロッパ人の敵よりもヨーロッパ的に描かれていた。長山氏〔1〕は「日本人は敵よりもかっこよくなければいけない」と言っていた。

同じような傾向がもう1つのマンガ本についても言える。「マンガ中国入門」の中に出てくる中国人は人食いと売春に明け暮れているように描かれ、180,000部も売れている。この本は中国を「世界の売春大国」と位置づけており、証拠を示していないにもかかわらず、売春が国家の国内総生産の10%を占めると決め付けている。(マンガ本の中の)小泉首相が「日本で起こる大規模な疫病のほとんどが中国からのものだ」と話している。

またこの本は日本の中国における戦時中の残虐的行為を否定している。歴史家が10万から30万の中国人が1937年-1938年の日本兵によって殺された、南京レイプ事件を、反日感情を煽るための中国政府による捏造と決め付けている。また、日本帝国陸軍第731部隊は、生物兵器を開発し、生体解剖、人体切断、何千人もの中国人や政治犯を人体実験の対象としていたが、このマンガ本は、実際は(731部隊が)中国人から日本兵を
守るために組織されたものだと主張している。

台湾生まれの作家でこの「マンガ中国入門」の脚本を担当した黄文雄氏は「中国で魅力的なものは中華料理だけだ」と言ってはばからない。黄氏(66)は、50冊以上にも上る中国関連の本を出版しており、中国人の人食い習慣について書いたこともあるし、日本人こそ戦時中の中国における本当の被害者だと主張したこともあった。この本のメインの作者、この本の作者ジョージ秋山氏はインタビューを拒否した。

多くの、根っからの反中国台湾人のように、黄氏は熱狂的に日本寄りで、日本に40年も住んでいる。黄氏は日本の右翼に長く慕われ、今年の中国に於ける反日デモのおかげで、彼の本の読者は一気に増えた。今年彼の本の販売部数は100万部に上った。黄氏は「私は本当に中国に感謝している。しかし、中国人がもっと反日デモを続けてくれていたら、私の本は100万部、200万部以上も売れていたと思うと、その点は少し残念だ」と語っていた。

〔1〕 Mr. Yasuo Nagayama(日露戦争中のポップカルチャーに関する評論家)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【参考】
「台湾の声」NYタイムズ 日本の「反中韓」漫画紹介 11/21
http://www.emaga.com/bn/?2005110082863932000905.3407



『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。