background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【正論】中国人の大量流入警戒するロシア 評論家・鳥居民 

【正論】中国人の大量流入警戒するロシア

2005年11月25日産経新聞


中露蜜月に隠れたつばぜり合い


        評論家・鳥居民 


≪核戦争発言には人口問題≫

 ロシアのプーチン大統領が約五年ぶりに来日し、小泉首相との首脳会談が開かれたが、今回もまた北方四島の問題に進展はなかった。

 ところで、私が思い浮かべるのはまったく別のことだ。もう四カ月も前のことになるが、中国のエリート軍人で朱徳の孫という人物が、アメリカと核戦争をやろうと怪気炎をあげたことがある。読者のだれもが記憶していよう。

 こんなおかしなことを言った人物は譴責(けんせき)されないのか、党は軍を抑えることができないのか、と思った人も多かったのである。彼は上級幹部から注意を受けたはずだと私は思っている。だがそれは、「バカなことをしゃべるんじゃない、アメリカを挑発したりするな」としかられたのではないと私は考えている。

 実は朱成虎・国防大学防務院長(少将)は、七月十四日のその「講話」で、核戦争によって「アメリカ問題」を解決してしまうと、おとぎ話を語った中で、次のようにしゃべっていた。

 核戦争を開始するにあたっては、人口希薄なシベリア、中央アジア、蒙古に中国人を移住させ、中国の大きな問題「人口問題」をも同時に解決するのだ-と。これまた突拍子もない話をしたのである。

 アメリカの政治家や軍人は、この中国軍人の恫喝(どうかつ)を不愉快とは思っても、「この幼稚なほら吹きめが」と笑っただけであったろう。だが、ロシア人が思ったことは違ったはずだ。これを説明する前に、もう一つ別の話をしよう。核戦争と人口問題を結びつけて論じた朱院長でなくとも、中国人誰もが知っている次のような話である。

≪火種抱えた極東国境地域≫

 今世紀の末には、中国本土を除く全アジアに二億人の中国人が住むようになる。他に北アメリカには一億人、ヨーロッパに五千万人、オーストラリアに五千万人、アフリカに一千万人…。推測の数字を並べただけで、まじめに取り上げるほどのものではないが、それでも気になるのは、「中国を除く全アジアに二億人の中国人が住む」ことになるというくだりだ。

 まさか、ベトナム、インドネシア、インド、バングラデシュといった、人があふれる国に中国人が浸透するとは考えられない。中東のいくつもの都市にチャイナタウンができつつあるが、そこに住む人の数はしれていよう。

 どこへ流れ込むのか。ロシアだ。まずはロシア極東地域である。カムチャツカ、サハリン、沿海地方、ハバロフスク、アムールといった州だ。二〇〇二年の人口は総計で七百万人を切っている。十年前に比べ百万人の減少だ。

 さて、ロシア極東地域に隣接する満州、東北地方には、一億四千万人の中国人が住んでいる。中国公安の首脳が、中国全土のどこよりも、明日の騒乱を恐れる地域がそこである。

 ロシア政府は当然ながら、ロシア極東地域への中国人の浸透を阻止したい。なによりも、その地域の人々がヨーロッパ・ロシアへ流出するのを食い止めたい。

 そこでロシアは日本と結び、日本の経済協力によってロシア人の減少を防ぐというのが、日本の外交官、研究者、政治家が説いてきたことだ。北方四島の問題の解決も視野に入れての構想だ。

≪共通する恐れは体制変革≫

 ところが、これがロシア政府の計画とはなっていない。石油価格の異常な高騰で、プーチン大統領は日本に頼る必要はないと考え、中国と組むようになっている。なによりもロシアと中国との利害が一致してのことだ。共通の敵はアメリカの民主化支援だ。

 中国の党中央政治局の面々がもっとも恐れるのは、「和平演変」、英語で言えば「レジーム・チェンジ」(体制変革)だ。ロシアが恐れるのも同じだ。ブッシュ大統領はラトビアを訪問し、「自由主義へと移行したバルト三国は、専制から抜け出そうとする国々の貴重な前例だ」と説いた。

 ロシアが中国と手を握れば、アメリカの同盟国・日本は、何十年ぶりかで再び両国の共通の敵となる。今年の初夏から夏にかけての中国の反日のシーズンには、ロシア政府の反日宣伝もなかなかのものだった。

 本稿の初めで、中国の国防大学防務院長は譴責を受けたに違いないと記し、しかし、彼がしかられたのはアメリカを恫喝したからではないと述べた。彼が叱責(しっせき)されたのは、ロシア人がもっとも警戒していることを迂闊(うかつ)にしゃべるなという警告だったはずだ。

 さて、中露の奇妙な蜜月はいつまで続くのであろう。そこで、どのような対応を日本政府は考えているのか。(とりい たみ)




『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。