background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会科地図に関する政府答弁書全文

社会科地図に関する政府答弁書全文


笠議員への政府答弁で明らかになった
文科省検定の政府見解違反

政府は11月15日、笠浩史・衆院議員の「中学校使用の地図帳及び外務省ホームページ
における台湾の取り扱いに関する質問主意書」に対する「答弁書」を、河野衆議院議
長を通じて同議員に送付した。

この答弁書では、日本政府の「台湾(の領土的位置付け)に関する立場」として「独
自の認定を行う立場にない」と「中国の立場を十分理解し尊重する」という二つを挙
げているが、文科省は中学校の地図帳の検定においては、前者の立場を無視し、後者
の立場を拡大解釈し、事実上、台湾を中国領と「認定」していることが判る。

なお政府は、文科省の台湾を中国領と認定する検定結果の是非には触れていないが、
それが政府見解違反であることは明らかである。

以下は政府の答弁書の全文である。その後に笠議員の質問主意書を再度掲げる。

                        台湾の声編集部

--------------------------------------------------------------------------------
内閣衆質一六三第六六号
 平成十七年十一月十五日

                    内閣総理大臣 小 泉 純一郎

衆議院議長  河 野 洋 平 殿

衆議院議員笠浩史君提出中学校使用の地図帳及び外務省ホームページにおける台湾
の取り扱いに関する質問に対する答弁書

一について

我が国は、日本国との平和条約(昭和二十七年条約第五号)第二条に従い、台湾に
対するすべての権利、権原及び請求権を放棄しており、台湾の領土的な位置付けに
関して独自の認定を行う立場にない。台湾に関する我が国政府の立場は、昭和四十
七年の日中共同声明第三項にあるとおり、「台湾が中華人民共和国の領土の不可分
の一部である」との中華人民共和国政府の立場を十分理解し尊重するというもので
ある。

二について

米国については、千九百七十八年の米中間の外交関係樹立に関する共同コミュニケ
等において「台湾は中国の一部であるとの中国の立場を認識する」との立場が示さ
れ、英国については、千九百七十二年の英中間の大使交換に関する共同コミュニケ
において「台湾は中華人民共和国の一つの省であるという中国政府の立場を認識す
る」との立場が示されていると承知している。

三及び四について

教科用図書における外国の国名の表記については、義務教育諸学校教科用図書検定
基準(平成十一年文部省告示第十五号。以下「検定基準」という。)において「原
則として外務省編集協力「世界の国一覧表」によること」とされているものである。
台湾については、御指摘の「世界の国一覧表」において「その他の主な地域」とし
て記載され、「中華人民共和国政府は、台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一
部であるとの立場を表明しており、日本国政府は、その立場を十分理解し尊重する
ことを明らかにしている〈日中共同声明〉」との解説が付されており、教科用図書
の発行者においては、これらの記載を踏まえ、教科用図書を編修しているものと考
える。

五について

株式会社帝国書院発行の「新編 中学校社会科地図 最新版 帝国書院編集部編」
及び東京書籍株式会社発行の「新しい社会科地図」については、検定基準に照らし、
教科用図書検定調査審議会の専門的な審議により教科用図書として適切であると判
断され、合格となったものである。

六について
 
お尋ねの「台湾は中国領と表記されている」とはどのような記述を意味するのか
必ずしも明らかではないが、平成十八年度から中学校用の教科用図書として使用さ
れる地図において、台湾と中華人民共和国との間に国境線を示しているものはな
い。

七について

台湾に関する我が国政府の立場は、一についてで述べたとおりである。

八について

教科用図書としての地図において、学習上必要な各種の主題図を取り上げるに当た
って、中華人民共和国の資料を含めどのような資料を用いるかは教科用図書の発
行者の判断にゆだねられているところであり、御指摘の「中学校の地図帳」は、
検定基準に照らし、教科用図書検定調査審議会の専門的な審議により、教科用図書
として適切であると判断されたものである。

九について
 
お尋ねは、仮定の問題であり、答弁を差し控えたい。なお、教科用図書検定規則
(平成元年文部省令第二十号)第十三条第一項において「検定を経た図書について、
誤記、誤植、脱字若しくは誤った事実の記載又は客観的事情の変更に伴い明白に誤
りとなった事実の記載があることを発見したときは、発行者は、文部科学大臣の承
認を受け、必要な訂正を行わなければならない」とされ、同条第四項において「文
部科学大臣は、検定を経た図書について、第一項及び第二項に規定する記載がある
と認めるときは、発行者に対し、その訂正の申請を勧告することができる」とされ
ているところである。

--------------------------------------------------------------------------------
【参考】

中学校使用の地図帳及び外務省ホームページにおける
台湾の取り扱いに関する質問主意書

平成十七年十月三十一日

                     提出者  笠  浩 史

 現在、義務教育課程における中学生が社会科で使用している地図帳は帝国書
院発行の『新編 中学校社会科地図 最新版』と東京書籍発行の『新しい社会
科地図』の二冊であるが、この二冊がいずれも台湾の東側(太平洋側)に国境
線を引いて、台湾を中華人民共和国(以下、「中国」と略)の領土として取り
扱っている。また、この二冊の地図帳で使用されている資料も全て中国の資料
であることから、台湾が中国領として取り扱われている。

この地図帳を発行する教科書会社の説明では、国名を含めた領土・領域の記載
については、外務省編集協力の『世界の国一覧表』と日本国政府の見解に基づ
いて取り扱っているとのことである。

確かに『世界の国一覧表』(二〇〇五年版)において、台湾は独立国家として
扱われているのではなく、「その他の主な地域」の項に掲載されている。しか
し、その「領有ないし保護などの関係にある国」の欄には日中共同声明の一文
が記されているだけで、どこにも中華人民共和国が台湾を「領有」や「保護」
をしているとは記されていない。

それは、台湾の次に掲載されている「ホンコン(香港)特別行政区」や「マカ
オ(澳門)特別行政区」における「領有ないし保護などの関係にある国」の記
述と比べてみれば一目瞭然である。そこには「『一国二制度』による自治が認
められた中国のホンコン特別行政区」「『一国二制度』による自治が認められ
た中国のマカオ特別行政区」とあり、香港やマカオが中国、即ち中華人民共和
国の領土であることを明記している。もし教科書会社が説明するように、台湾
が中国の領土だとするならば、『世界の国一覧表』では香港やマカオと同じよ
うに記述するのが当然であるのにも拘らず、そのようには記述されていないの
である。

また、台湾の領土的地位に関する日本の国際法上の立場は二つあり、一つは昭
和二十六年九月八日に署名し翌年四月二十八日に効力が発生したサンフランシ
スコ講和条約に基づくものであり、一つは昭和四十七年九月二十九日に署名し
た日中共同声明に基づく立場であると理解している。

まずサンフランシスコ講和条約においては、その第二条b項において「日本国
は、台湾及び澎湖諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する」と
謳われており、これを以て日本は台湾及び澎湖諸島を放棄した。

また、日中共同声明においては、その三項で台湾に触れ、中国政府が「台湾が
中華人民共和国の領土の不可分の一部であることを重ねて表明する」としたも
のの、日本国政府は「この中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重す
る」として、台湾を中国の領土とは承認していない。

日本が中国の主張を承認していないことは、当時、日中共同声明に署名して帰
国した大平正芳外相が、自民党両院議員総会において、「台湾の領土の帰属の
問題で、中国側は中国の領土の不可分の一部と主張し、日本側はそれに対して
『理解し、尊重する』とし、承認する立場をとらなかった。つまり従来の自民
党政府の態度をそのまま書き込んだわけで、日中両国が永久に一致できない立
場をここに表した」と明言していることからも明らかであると理解している。

即ち、日本は領土に関して「カイロ宣言の条項は、履行せらるべく、又日本国
の主権は、本州、北海道、九州及四国並に吾等の決定する諸小島に局限せらる
べし」とするポツダム宣言を受諾するも、サンフランシスコ講和条約の締結に
よって台湾に対する権利や権原を放棄した。つまり、サンフランシスコ講和条
約の当事国としての日本が台湾の領土的地位に関して独自の認定を行うことは
条約の効果を自ら否定することにもつながるので、日中共同声明においても
「承認できない立場にある」というのが日本の立場であったと考える。

その結果、台湾の法的地位を未決定とし、台湾を帰属先未定とする日本政府の
立場は現在まで続いていると解釈できる。

一方、現在、外務省のホームページ「各国・地域の情勢」における「アジア」
の「各国情勢」で中国をクリックすると、中華人民共和国とともに台湾が同じ
色で表示される。つまり、この地図では台湾が明らかに中国の領土の一部とし
て取り扱われているのである。

ところが、同ホームページでは台湾は北朝鮮、香港、マカオと共に「地域情
勢」でも取り扱われており、外務省が台湾についてどのように取り扱おうとし
ているのか、見るものをして混乱を生じさせているのである。

従って、次の事項について質問する。

一、台湾の領土的地位に関する「日本国政府の公式見解」とはいかなるものな
  のか。その 根拠についても明らかにして頂きたい。

二、台湾の領土的地位に関して、サンフランシスコ講和条約の当事国であるア
  メリカやイ ギリスなど連合国の見解を政府として、どう理解しているの
  か。

三、地図帳発行会社は台湾の取り扱いについて、外務省編集協力の『世界の国
  一覧表』と日本国政府の見解に基づいて取り扱っているとしているが、そ
  のような指示は文部科学省が検定の際に出していると考えられる。それで
  相違ないか。文部科学省の検定基準などで定めているとすれば、具体的に
  提示していただきたい。

四、教科書会社が『世界の国一覧表』の記述をそのように解釈をしているのは、
  教科書を検定する文部科学省の指示するところなのか。指示しているとす
  れば、それは資料を含めていかなる根拠によるのか。

五、文部科学省の検定において、台湾を中国領と表記する帝国書院発行の『新
  編 中学校 社会科地図 最新版』と東京書籍発行の『新しい社会科地図』
  は検定で合格している。合格は資料を含めていかなる根拠によるのか。

六、来年度から使用される地図帳でも台湾は中国領と表記されているのか。

七、外務省はホームページにおいて台湾を中国の領土の一部として取り扱って
  いると解釈できるが、それで相違ないか。

八、台湾に関して、中学校の地図帳における資料は『中国地図集 一九九六』
  や『中華人民共和国行政区画簡冊一九九九年版』など、すべて中国のもの
  を使用しているため、台湾は中国の一部として表記されている。このよう
  な資料を使用する中学生は台湾を中国の一部であるとしか認識できないと
  思われるが、政府の見解はどうか。

九、台湾が中国領でないという「誤った事実の記載」が明らかになった場合、
  地図帳の発行者である教科書会社は「教科用図書検定規則」第十三条第一
  項に従って「文部科学大臣の承認を受け、必要な訂正を行わなければなら
  ない」し、あるいは文部科学大臣が同条第四項に従って「発行者に対し、
  その訂正の申請を勧告」しなければならないと考える。政府の見解はどう
  か。

右質問する。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。