background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者便り】「台湾は独立国家」

【読者便り】「台湾は独立国家」

世界は確実に、着実に、堅実に台湾の独立を認めています、6割を8割に、そしてい
ずれ10割にすべくがんばりましょう!
中国がわめけばわめくほど世界中に「台湾側の言い分が正しい」と台湾独立に賛同し
てくれる人達が増えてゆくのです。

「台湾は独立国家」6割 日米欧5カ国調査

 【台北24日遠矢浩司】台湾の行政院(内閣)新聞局は二十四日、日本、米国、イ
ギリス、フランス、ドイツの五カ国国民と有識者を対象に実施した
台湾についての意識調査の結果を発表。
「各国民の六割以上が台湾を主権独立国家と認識し、有識者の六割以上が国連加入を
支持している」として、
国連加盟のほか鳥インフルエンザ流行を背景にした世界保健機関(WHO)加入の必
要性などをアピールした。

 調査は、米世論調査機関のギャラップ社に委託し今年五、六月に実施。
各国千五百人ずつの一般市民と、政治家や各団体代表、学者らオピニオンリーダー二
百人ずつを電話調査。
「台湾の印象」「台湾の国際的地位と国際機関参加」「両岸関係」について質問し
た。

 調査によると、対象五カ国とも台湾を「同盟国もしくは友好国」とみる市民が八割
以上。
台湾と中国についての好感度では、台湾が76―58%で、65―32%の中国をい
ずれも上回った。
特に日本では台湾への好感度が五カ国中最高で、中国については最低だった。

 また、台湾の独立阻止へ武力行使を定義した中国の反国家分裂法について、五カ国
の一般市民の85%以上、有識者の90%以上が反対を表明した。

(西日本新聞) - 11月25日2時18分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051125-00000019-nnp-int






『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。