background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者便り】日本のメディアが台湾を軽視する理由

【読者便り】日本のメディアが台湾を軽視する理由

          「台湾の声」読者

「日中記者交換協定」というものがあります。
これは、事実上中国による検閲を認めるというものです。
中国が「敵視している」と言えば、日本のマスコミを封じ込める事ができます。中国に不利なあらゆる内容を報道させないようにする事が可能です。
台湾に対する中国の姿勢や、チベット、東トルキスタンにおける民族浄化など、一切の不都合な内容を報道しないのは、この協定があるからのようです。
また、この協定の存在を報道することもできないような姑息な内容となっています。この協定をなくさない限り、日本のマスコミが台湾のことを独立国として扱う事はないでしょう。

どうか、皆さんも世に知らしめて下さい。


「1964年4月19日の新聞記者交換会談メモ修正に関する取り決め事項
と題する文書に調印した。これにより日中双方が新聞記者を交換する
にあたり、日本側のマスメディアの報道に制約が課されることになっ
た。三原則とは以下の三か条。

一、中国を敵視しない
二、二つの中国を造る陰謀に加わらない
三、日中国交正常化を妨げない
この政治三原則と政経不可分の原則に基づいて日中記者交換を維持し
ようとするもので、全くの中国ペースで決められた。日本側は記者を
北京に派遣するにあたって、中国の意に反する報道を行わないことを
約束したものであり、当時北京に常駐記者をおいていた朝日新聞など
4社や今後北京に常駐を希望する報道各社にもこの文書を承認すること
が要求された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E4%B8%AD%E8%A8%98%E8%80%85%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E5%8D%94%E5%AE%9A


【参考】

日中記者交換協定
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


日中記者交換協定(にっちゅうこうかんきしゃきょうてい、日中双方の新聞記者の交換に関するメモ)とは、日中国交正常化前の1964年4月19日、LT貿易の為に訪中していた日本の自民党衆議院議員(当時。以下、肩書きは全て当時のもの)の松村謙三と、中日友好協会会長であった中国の廖承志との間に結ばれた協定。この協定を基に高碕達之助、廖承志両事務所の代表者間で記者交換に関しての会談が行われ妥結された。協定は以下の通り。

1. 交換事務はLT両事務所(高碕、廖事務所)を窓口として連絡、処理する
2. 交換記者数は8名
3. 記者の安全保護
4. 取材活動の便宜供与
5. 通信自由の保証

1968年3月6日、LT貿易に替わり覚書貿易が制度化され、記者交換の実施につき、従来の9名からの5名への減員が取り決められ、1958年8月に訪中した社会党の佐多忠隆参議院議員に廖承志が周恩来総理、陳毅外交部長の代理として発言した公式見解「日中関係の政治三原則」の適用が行なわれることになり、自民党の古井喜美衆議院議員と田川誠一衆議院議員が日中覚書貿易事務所代表として、中国側の中日備忘録貿易弁事処代表との間で「1964年4月19日の新聞記者交換会談メモ修正に関する取り決め事項」と題する文書に調印した。これにより日中双方が新聞記者を交換するにあたり、日本側のマスメディアの報道に制約が課されることになった。三原則とは以下の三か条。

1. 中国を敵視しない
2. 二つの中国を造る陰謀に加わらない
3. 日中国交正常化を妨げない

この政治三原則と政経不可分の原則に基づいて日中記者交換を維持しようとするもので、当時日本新聞協会と中国新聞工作者協会との間で交渉が進められているにも関わらず、対中関係を改善しようとする政府・自民党によって頭ごなしに決められたという側面がある。日本側は記者を北京に派遣するにあたって、中国の意に反する報道を行わないことを約束したものであり、当時北京に常駐記者をおいていた朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、NHKなどや今後北京に常駐を希望する報道各社にもこの文書を承認することが要求された。以上の条文を厳守しない場合は中国に支社を置き記者を常駐させることを禁じられた。




『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。