background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論説委員質から 一筆多論 矢島誠司 李登輝氏と「奥の細道」産経新聞

産経新聞(2005.11.14)より転載
-------------------------------------------------------------------------------

論説委員質から 一筆多論 矢島誠司 

李登輝氏と「奥の細道」


「月日は百代の過客にして、行(ゆき)かふ年も又(また)旅人
也(なり)…」

 有名なこの書き出しで始まる松尾芭蕉の『奥の細道』は、「人生
いかに生き、死ぬべきか」で悩んでいた若き日の李登輝氏(前台湾
総統)の心を強くとらえた。

 「本がぼろぼろになるくらい、何べんも読んだ」と、氏から聞い
たことがある。

 その李氏が先ごろ、台湾にいる日本人記者たちに「来年四月、桜
の咲くころ、『奥の細道』を必ず歩きたい」と改めて語った。かね
ての念願である。

 李氏にとって「奥の細道」を歩くことは、単なる思い付きでも、
日本へ行くための口実だけでもない。氏の「奥の細道」に寄せる思
いはもっと深い。

 李氏は戦前、日本の教育制度のもとで、台湾の旧制中学、旧制台
北高等学校、そして京都帝国大学に学んだ。教養を重視した戦前の
日本教育のよい面を、いまも高く評価している一人である。

 李氏がいかに日本や中国、西洋の思想、哲学、文学を渉猟したか
は、著書、『台湾の主張』(PHP研究所)、『「武士道」解題』
(小学館)などに詳しい。

 日本関係では、禅の鈴木大拙、哲学の西田幾多郎、文学・評論の
倉田百三、阿部次郎、そして『武士道』を書いた新渡戸稲造といっ
た人々の著作との出会いが、熱い思いをこめて綴(つづ)られてい
る。

 若き日の李氏が、『奧の細道』にひかれたのは、芭蕉の悟りの境
地にも似た死生観、美意識などに触れたからと思われる。

 一昨年春刊行の『「武士道」解題』の中で、李氏は新渡戸稲造が
伝えた「武士道」を、いまも世界に通用する指導的理念だと説いた
が、「奥の細道」では、忘れられた「日本人の心」、深い精神性を
喚起したいと考えていよう。

 自らを高めた思想や価値観を見直し、新しい光を与えて伝え、共
有することにより、日本人だけでなく、同胞たる台湾人の思想や精
神性をさらに高いものにしたいと願っているにちがいない。

 とはいえ、台湾の民主化を無血で実現した李氏ほどの政治家であ
れば、訪日に政治的思惑がないといえばうそになる。

 中国がいまだに強く反発する氏の訪日を実現することは、それだ
けで民主化された台湾の存在を世界に知らしめ、台湾の外交的勝利
につながるからである。

 しかし、四年半前に台湾の総統を退任し、法的に私人となった李
氏の訪日を拒む理由はどこにもない。いかに政治的影響力を持ち、
日本でいかなる政治的発言をしようともである。

 私人の言論の自由は完全に保障するのが、自由民主主義国家のあ
るべき当然の姿だからだ。

 日本政府は過去二回の退任後の李氏の訪日を、病気治療、家族旅
行の目的に限り、東京を訪れない、日本の政治家と会わない、記者
会見、講演をしないなどの厳しい条件をつけて認めた。

 李氏は、「日本政府に迷惑をかけたくない」と、条件を受け入れ
たが、「最初はもっと屈辱的な制限もあり、怒りに身が震えた」と
李氏に近い筋は語る。

 これに比べ、米政府は先月、李氏の約二週間にわたる私的訪米を
受け入れ、首都ワシントン訪問、米政治家との集会、各地での講演
などもすべて黙認した。

 米政府も裏では、「政治活動はしないでほしい」などと求めたに
ちがいないが、表面上は、どちらが民主国家としてのあるべき姿か
はいうまでもない。

 芭蕉の『奥の細道』は、東京・深川が出発地だ。李氏の「奥の細
道」行も、東京から始まらなければ無粋というものである。


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。