background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【李登輝前総統】東京と「奥の細道」訪問は来年5月と表明 「日台共栄」より転載 

【李登輝前総統】東京と「奥の細道」訪問は来年5月と表明


日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載 


1>> 李登輝前総統が東京と「奥の細道」訪問は来年5月と表明
2>> 台湾李登輝学校研修団の感想(1)李登輝さんと夕焼け小焼け【石川公弘】
3>> 台湾・新竹から寄贈の「アリサンザクラ」が抜き取られる
☆★【桜寄贈】台湾に桜を贈ろう! 「桜募金」スタート!!
――――――――――――――――――――――――――――――――

1>> 李登輝前総統が東京と「奥の細道」訪問は来年5月と表明
   靖国神社参拝は見送り

 李登輝前総統は11月1日、来年4月に「奥の細道」ゆかりの地を家族で訪問する意向を明 らかにし、さらに3日には「李氏は、『年末には日本政府に打診したい。東京にも行きたい 』と、初の東京訪問に意欲をみせた」(11月4日付「毎日新聞」そうで、東京を起点にした いとの意向を明らかにされていました。

 ところが、昨日、来日の日程は当初予定していた4月ではなく5月とし、東京および東北地方を中心に3~4週間滞在したいという意向を明らかにしました。また、この来日では靖国神社参拝を見送る意向も述べています。なぜ日程の変更を明らかにしたのか報道からは分りませんが、4月でも5月でも、私たちは大歓迎です。「日刊スポーツ」と「読売新聞」の今朝の記事をご紹介します。(編集部)

-----------------------------------------------------------------
台湾李登輝前総統、来年5月に東京訪問
【11月12日付「日刊スポーツ」】

 台湾の李登輝前総統は11日、台北県淡水鎮で、一部日本人記者団の質問に答え、来年の訪日計画について「5月に東京や東北の『奥の細道』を3-4週間訪問したい」と語った。

 李氏が88年に総統に就任して以来、東京訪問は初めて。中国の反発は必至だが、李氏は「日本政府は喜んで迎えてくれると思う」と楽観的な見通しを示した。訪日の狙いについて「台湾は日本の生命線であり、経済面だけでなく、文化面などでも日台はさらに協力する必要があることを訴えたい」と語った。

 李氏は東京で兄が祭られている靖国神社の参拝を希望しているが、「今回はスケジュールに入れていない。別の機会にしたい」と述べた。
-----------------------------------------------------------------
李登輝前総統、訪日は5月に…靖国参拝はせず
【11月12日付「読売新聞」】

 【台北=石井利尚】台湾の李登輝・前総統(82)は11日、本紙などに対し、来春の日本観光について当初予定していた4月ではなく、5月に東北地方を中心に3~4週間滞在する意向であることを明らかにした。希望している東京訪問については、「東京に長い間おると、政治的にうるさいでしょう」と語り、兄が祭られている靖国神社には参拝しない考えも示した。
――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>李登輝さんと夕焼け小焼け-台湾李登輝学校研修団感懐(1) 【石川公弘】

 先に10月29日から行われた第3回台湾李登輝学校研修団が11月3日、無事に終了したことをお伝えしましたが、参加者からは「素晴らしかった」「勉強になった」「たいへん満足しています」など、いろいろなご感想をいただいています。

 今回は、中央大学の中川洋一郎教授とゼミ生15名が李登輝前総統の講義のときに特別に参加し、中川教授からも「大変に感激いたしました。しかも、李登輝閣下に拝謁の栄誉を賜り、光栄に存じます。いろいろご面倒をおかけいたしましたが、お陰様で私どもにとって得難い貴重な経験となりました。ありがとうございました」と御礼状をいただいていま
す。

 毎回のこととはいえ、参加者にこのような感激を与える李登輝前総統並びにご講義いただいた黄昭堂先生をはじめとする講師陣の方々、そして、私どもの要望を取り入れて充実した研修日程を組んでいただいた台湾・李登輝学校のスタッフの方々のご尽力に,改めて御礼申し上げます。

 ところで、今回の団長をつとめていただいた石川公弘理事(石川台湾問題研究所代表、高座日台交流の会事務局長)が、11月6日から自分のブログ「台湾春秋」で早速その感想を つづられています。

 感想は4回に分けられ、「李登輝さんと夕焼け小焼け」(11月6日)、「李登輝校長修業式の挨拶から」(11月7日)、「台湾戦後世代の日本観」(11月8日)、「台湾が守るバーシー海峡の自由航行」(11月9日)「中国は台湾の李登輝に学ぶべし」(11月11日)となっ ていて、それぞれに的確に研修内容がわかるようになっています。

 石川さんの筆致が、またよいのです。人柄が表れています。最近になって、この「ブログ台湾春秋」の愛読者が「K先生を囲む会」というファンクラブをつくったそうですが、さすがに石川さんもこれには面映かったようで、ご好意に感謝しつつ「気の合ったブログ友達ということにしてください」とお断りしたそうです。

■ブログ台湾春秋 http://blogs.yahoo.co.jp/kim123hiro/archive/2005/11/6 では、5回に分けて石川団長の感想をご紹介します。          (編集部)
-----------------------------------------------------------------
李登輝さんと夕焼け小焼け-台湾李登輝学校研修団感懐(1)

                                    石川公弘

 李登輝学校入学のため、台湾へ5泊6日の旅に出た。留守中に、激励や心配をいただいたブログの友人に、心からお礼を申し上げる。帰国して、すぐにも研修報告をする予定だったが、興奮と疲れが残っているのか、手につかない。

 そこで難しいことは後回しにして、今回の研修旅行で私の感覚が受け止めた台湾観を、まず述べたいと思う。いろいろと学ぶところのあった旅だったが、私が何より感じたのは、台湾人のやさしさである。

 私の高校時代の友人に、阿部昭という作家がいた。すでにこの世を去ってしまったが、常に芥川賞候補に上る作家だった。高校時代、私のことを「笑いのkim」とか「ばか笑いのkim」とか呼んでいた。その彼が、「言葉ありき」という小説の中に、よく笑う私のこと を実名で書いてくれた。

 その「笑いのkim」が、今回の台湾では、よく涙した。加齢によって涙腺がゆるんでいる のも要因だが、台湾人のやさしさを、大いに感じたからでもある。その幾つかの場面を紹介したい。

 私たちは、研修第一日目、台南の田舎にある台湾李登輝友の会総会長、黄昆虎先生のお宅に伺い、八十年前に建築された台湾の歴史的建築を見学した。それは前庭、中庭、後庭のある、四合院というロの字型の見事な大邸宅だった。豪華な食事と、独特のテンポの山地族の踊りまで、歌いながら披露してくれた黄夫人と家族の皆さん。ホスピタリティの見本を見る思いであった。

 翌日は八田与一さんの世紀の大工事、嘉南大圳を見学したが、黄会長は結婚式の主賓に招かれている身ながら、私たちの説明役を引き受けられ、現地を視察する私たちの船が小さくなるまで、丘の上から手を振って見送ってくれた。

 独立連盟の会長・黄昭堂先生は、「日本と台湾の安全保障」という厳しいテーマを、ユー モアたっぷりに話されたが、私たちと真夜中まで真剣に語り合う姿にも、感銘を覚えたものである。大柄で威厳のある黄昭堂先生に、「今まで何回かお近づきになる機会があったのですが」と、私が名刺を差し出すと、「貴方のことは蔡焜燦氏からよく言われてた」
とのこと、蔡焜燦氏の気配りにも参ってしまった。

 だが、何と言っても決定打は、李登輝さんである。講演の内容はあらためて報告する。大きな声、ユーモアたっぷりの話題が示す柔らかい頭脳、82歳にして、なお理想のたいまつを高く掲げて進むその姿に、誰もが台湾の将来と重ね合わせて、安堵を感じた。とくに参加者の誰もが感じたのは、この人のもつ優しさではないかと思う。

 李登輝さんは言った。「昨夜、夜中に目覚めて、家内と“夕焼け小焼け”を歌ったんだ。日本の歌は素晴らしい。自然と人間と動物が融合している。日本以外に、こんな素晴らしい歌があるだろうか」と。とても優しい顔だった。私たちはそのとき、それぞれが、歌の情景を心に描いていた。

 夕焼け小焼けで日が暮れて
  山のお寺の鐘が鳴る
   おてて つないで皆帰ろう
    カラスも一緒に帰りましょう

 キリスト教を信じ、鈴木大拙の禅の心を論じ、夜中に夫婦で「夕焼け小焼け」を歌う人を、どこかの大国は、「トラブルメーカー」とか「戦争仕掛け人」と呼んでいる。とんでもない言いがかりだ。握手した前総統の手は大きかったが、柔らかくてとても温かかった。私たちは、この大人物の長寿を、台湾のためにも、また日本のためにも、祈らずにはい
られない。(つづく)
――――――――――――――――――――――――――――ーーーー
3>> 台湾・新竹から寄贈の「アリサンザクラ」が抜き取られる

 すでにご案内していますように、日本李登輝友の会では、NPO法人育桜会とともに台湾に桜の苗木を贈ろうということで、この11月3日から「桜募金」をはじめています。お陰 様で、多くの方々からご厚志をいただいています。深く御礼申し上げます。
 しかし、この記事のように心無いことをする輩もいるのです。本当に腹立たしいことです。

 2年前、育桜会と霞会館が贈った河津桜は、記事に出てくる新竹市にも植えられて今年2月に見事に花を咲かせましたが、新竹市では新竹李登輝之友会の協力の下、大切に育てています。

 桜はたいへん敏感な植物ですので、散歩の犬などがおしっこをしないように1本1本の根元付近を金網で囲ったり、新竹は風の強いところですので、やはり1本1本に支柱を組み合わせて立てたり、まさしく言葉の字義通り「手厚く」育てています。

 圧巻は、訪れる人々に日本から贈られた桜だとわかるように、一番目に付くところに説明版を立てていることです。ODA援助を受けながら感謝の言葉もないどころか、賠償金の代わりだとうそぶいたどこかの国とは大違いです。           (編集部)
-----------------------------------------------------------------
台湾・友和の桜17本、跡形もなく 山科RCがっくり
【11月12日付「京都新聞」】

 台湾の新竹ロータリークラブから京都山科ロータリークラブ(西村孝之会長)に贈られた「友和の桜」17本が、跡形もなく、無くなっているのがこのほど分かった。同ロータリークラブは「いたずらか盗難か分からないが、残念でたまらない」と、残ったサクラを柵で囲う計画を進めている。

 両ロータリークラブは1981年から姉妹提携している。新竹から贈られたのは、濃いピンク色で大ぶりの花を咲かせる台湾の「アリサンザクラ」23本。国際ロータリー100周年を記 念し、今年4月、京都市山科区勧修寺の勧修寺公園グラウンドに植樹された。いずれも樹
高約60センチの若木だった。

 しかし4カ月を経た8月ごろ、2列に植わっていたはずのサクラの大半が、根元からなくなっているのが分かった。6本だけがまばらに残っているだけだった。京都山科の植野清富幹事は「枯れたのなら、全部枯れるはず。花が咲けば台湾の人たちに見てもらうつもりだった」と残念がり、「せっかくいただいたサクラなのに申し訳ない。管理する京都市
の許可が下り次第、残りの6本を柵で囲い、守り育てたい」と話している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【桜募金】 台湾に桜を贈ろう! 「桜募金」スタート!!
 1口=2,000円。5万円以上の方は九九峰に建立する記念碑にお名前を刻印

 平成15年(2003年)2月、NPO法人育桜会と社団法人霞会館(旧華族会館)が静岡県は 伊豆河津町を原産とする河津桜200本を台湾の李登輝之友会全国総会に寄贈したところ、本 年2月見事に開花しました。

 枝ぶりはまだ幼いものの、花が大きく少々色の濃い河津桜は台湾の風景に見事に溶け込み素晴らしい光景だったそうで、李登輝前総統もたいへん喜ばれたとのことです。そこで、台湾・李登輝之友会全国総会の黄崑虎会長(総統府国策顧問)から本会を介して育桜会に桜寄贈の依頼があり、このたび再び寄贈することが決まりました。

 去る10月5日、台湾・台北市の国賓大飯店において、桜寄贈合意書への調印式が行われ、 育桜会と本会が来年(2006年、平成18年)1月に苗木1,000本を寄贈し、将来的に日台が力を合わせて1万本にしようという内容です。

 この調印式には李登輝前総統も「見證人」として出席され、育桜会の園田天光光理事長(園田直元外相夫人)と、台湾・李登輝之友会全国総会の黄崑虎会長の三者で調印し、李登輝前総統は「台湾の人々も日本の桜を麗しいと共感しております。私はこのたびの桜の苗木を台湾全土に広げることにより、台湾と日本の親善友好の基礎がいっそう広まるので
はないかと信じております。一日も早く日本の方々と一緒に花見大会を満喫いたしたいと念願しております」と挨拶されています。

 すでに李登輝之友会全国総会は台湾政府の支援の下、桜を植樹する場所として、台湾大地震の震源に近い南投県の九九峰に70ヘクタールもの土地を確保しています。

 つきましては、この意義深い桜寄贈を成功に導くことで日台交流の実を上げるべく、台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)のご後援をいただき、下記のような要項にて「桜募金」を開始しました。ご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 尚、5万円以上の篤志者は九九峰に建てる記念碑にお名前を刻ませていただきます。

 平成17年11月3日

                                日本李登輝友の会
-----------------------------------------------------------------
【桜募金要項】

■11口=2,000円
 *25口(5万円)以上の方は、九九峰に建立する記念碑にお名前を刻印。

■郵便局 加入者名 日本李登輝友の会
     口座番号 00110-4-609117

 *郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください。
 *会員の方は、機関誌『日台共栄』に添付の郵便払込取扱票をお使いください。

■銀 行 みずほ銀行 市ヶ谷支店
     普通口座  8051020
     口座名   日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
           (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)


 *銀行振込の場合はお名前しかわかりませんので御礼状はお出しできません。ご了承く
  ださい。

■呼び掛け 日本李登輝友の会[小田村四郎会長]
      〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
      TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
      E-mail:ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp

■後  援 台北駐日経済文化代表処[許世楷代表]

●これまでの経緯や河津桜に関しては、本会のホームページをご参照ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『日台共栄』定期購読制度を新設
・購読料 年間3,600円(送料込み)
・振込先 郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」に、「定期購読希望」と書き添え、下記
 口座にお振り込みください。
 口座番号 00110-4-609117
 加入者名 日本李登輝友の会 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■日本李登輝友の会の新規会員募集中!(詳しくはホームページに掲載)
 機関誌『日台共栄』を進呈。李登輝前総統が校長の李登輝学校へも参加可。
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/●ご意見・ご感想はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp




『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。