background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者の声】なぜ台流を華流と呼ぶの?奈良県 田中

【読者の声】なぜ台流を華流と呼ぶの?

              
                    奈良県 田中

最近いただいたメールで「台流」について書かれたものがありましたので、
わたしが最近「台流」について気になっていることを投稿させていただきま
す。稚拙な文章ですがお許しください。
昨年の後半あたりから、テレビや雑誌で、「韓流」にかわって次は「台流」
ブームがやってくるという話題が目にとまるようになりました。
たしかに今年になって、F4やジェイ・チョウら台湾生まれの芸能人が日本で
活躍しはじめました。F4のアルバムがオリコンでベスト10にランクインした
頃、友人のひとりからメールが届きました。今年は「華流(ふありゅう)」が
ブームになりそうという内容でした。F4を「台流」ではなく「華流」と呼ん
でいるのです。たしか、今年のはじめぐらいまでは、「台流」は台湾出身の
芸能人、「華流」は大陸出身の芸能人を指す言葉として使い分けられていま
した。わたしは、F4は台湾のグループだから「台流」と呼ぶべきだと指摘し
たのですが、友人いわく、雑誌をみると、中国や台湾のアーティストはみん
な「華流」と呼ばれひとくくりのあつかいになっているとか。友人はさら
に、台湾は中国の一部だからそれでよいとも言いました。その友人は思想的
に左傾化しているわけでも、中国びいきというわけでもなく、政治にはほと
んど興味のない人間です。ふつうに学校教育を受けた日本人、台湾問題に
全く関心のない日本人は、ほとんどみんな台湾は中国に属していると思って
いるのかもしれません。社会科の時間に使った地図帳の台中間に国
境線がなかったことも原因のひとつなのでしょう。
友人には台湾と中国は別の国であると力説しておきました。
あれから数ヶ月、いま書店にならんでいる芸能雑誌をみるとF4もジェイ・
チョウも中国人とともに「華流」として紹介されています。「台流」とい
う言葉はみかけなくなりました。もしやこれも、日本のマスコミが中共の
圧力に屈服した結果なのかもしれません。考えすぎでしょうか?しかしマ
スコミによる洗脳は大変効果があります。まして若い人たちは芸能人に関
する記事には影響を受けやすいものです。わたしの友人のような思い違い
をする若い人が増えるおそれがあります。台湾と中国は別の国であること
を知らせるためにも、「台流」の復活を願ってやみません。


『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。