background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉県護国神社シンポジュウム開催05.11月6日 石平 氏

各位

11月6日 千葉県護国神社で靖国神社に関するシンポジュウムが開催されます。

 講師  湯沢貞前靖国神社宮司
      評論家 石平 氏
 司会  石戸谷 慎吉 千葉建国塾顧問

 詳細は HP http://petat.com/users/myoukou/chibakenkoku-index.html
 石平先生の著作の購入は
          http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062723271/250-9453530-9043461
 下記は石戸谷顧問の「靖國神社と国を守る決意」 です。シンポジュウムで話し合われます。

福村 良治


*****************************

靖國神社と國を守る決意       2665年11月1日
                      石戸谷 慎吉


靖國神社があるから、「一朝有事の時は、国のために命を掛けて戦う」という国民意志が形成され得る。

戦争などない方がよい。

現行のマッカーサー憲法の前文には「・・・平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」とあるが、信頼できる諸国民などどこにいるのか? 支那、朝鮮、韓国、ロシアなどに公正と信義など期待する方がどうかしている。同盟国の米国でも、その公正と信義は疑って掛かるべきだ。

戦争を防止するのは、外敵とは戦うと言う国民の決意である。同盟国の善意が国を守るのでは無い。自ら防衛すると言う決意である。

この決意がテロリスト凶惨匪賊支那人民虐殺軍の侵略を阻止し、極悪非道の鬼畜犯罪国家金氏朝鮮の悪行を抑止することが出来る。

人類と文明の為に平和を守るために、日本人が文明の敵と戦うと言う意志の源泉は靖國神社である。

支那や韓国が首相の靖國神社参拝に難癖を付けてきている。内政干渉である。内政干渉は許すべきではない。

靖國神社はご遺族や、戦友の為だけにあるのでは無い。将来の日本の為にあるのだと思う。

しかし、靖國神社に、このような主張をすることはない。靖國神社はひたすら英霊を祀るところである。言挙げはしない。これが神道の基本であると思う。ただ、崇敬者が主張するのは問題ない。またすべきである。





『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html

『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。