background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾人は耐えられぬ2003/09/19 (産経新聞朝刊)

2003/09/19 (産経新聞朝刊)

【アピール】国籍「中国」、台湾人は耐えられぬ( 9/19)
------------------------------------------------------------------------

 在日台湾同郷会顧問 林建良 45(栃木県鹿沼市)

 台湾の国名を「中華民国」から「台湾」に正す正名(せいめい)運動が六日、台北で行われた。李登輝前総統を総呼びかけ人とするこの正名運動デモ行進が、十五万人以上の大集会となり、内外に大きなインパクトを与えた。

 実際、正名運動の発端となったのは在日台湾人の国籍記載問題である。在日外国人は外国人登録証の常時携帯を義務付けられている。ところが、日本政府は在日台湾人の外国人登録証に国籍を「台湾」ではなく「中国」としている。

 そのため、在日台湾人の運転免許証、印鑑証明書など公的証明書類の国籍もすべて「中国」になっている。

 台湾人にとって、これは耐えがたい屈辱である。そのため、在日台湾同郷会は二〇〇一年六月九日に「正名運動」プロジェクト・チームを結成して、在日台湾人の国籍記載を「中国」から「台湾」に変更することを、日本政府と台湾政府に要求することにした。

 われわれはわずか二週間で百五団体の署名を集めて七月五日、台湾政府に陳情書を提出し、日本政府と交渉するよう求めた。台湾外交部(外務省)の回答は、この問題はこれまで何度も日本政府と交渉したが、誠意ある回答は全くなかったとのことである。

 日本政府が在日台湾人の国籍を「中国」にする根拠はどこにあるのか。

 たとえば、在日韓国・朝鮮人の外国人登録証の国籍欄には「朝鮮」「韓国」の区別がある。

 台湾と国交のないアメリカやカナダも含めてすべての国が、台湾人の身分証明、IDカード、ビザなどの国籍記載は「台湾」になっている。

 在日台湾人の国籍を「中国」にすることは、在日台湾人の人権と尊厳を踏みにじる暴挙である。日本政府は弱者である在日台湾人の人権を平気で蹂躙(じゅうりん)している。このような日本は、果たして国際社会で胸を張って歩けるのだろうか。

士、可殺不可辱 産経外信部に異議あり!

                   世界台湾同郷会 副会長 林建良 2003/11/22

 台湾人にとって一番屈辱を感じるのは、台湾を中国の一部と見なされることである。しかし、台湾人はこの屈辱を、日本でたっぷり味わせられている。在日台湾人の外国人登録証の国籍記載は日本政府に「中国」と強制され、良識派と評価されている産経新聞さえも台湾を中国の一部であるかのように扱っている。産経新聞は日本のマスコミの中では、数少ない中国に媚びない新聞社であるが、「中国情報」欄に台湾は中国の一部であるかのような図案を使っている。この図案問題について、筆者は在日台湾同郷会会長在任中、産経新聞社に抗議したことがあるが、産経外信部は頑なにこの図案に固執している。筆者の抗議に対して産経読者サービスの担当者は、「台湾は中国の一部であるというのは産経の認識だ」と答えたが、別の産経の人は「そのような取り決めはない」と話した。今年、産経新聞は大幅な紙面改造を行ったが、あの台湾を侮辱する図案はそのまま使われている)。これについて、親日家で産経の愛読者でもある「老台北」蔡焜燦氏も「あの図案にこだわる心理はよく分からん」と嘆いている。

 更に、産経新聞は2003年10月11の朝刊の国際面で、「台湾総統『両岸和平確立を』」との台湾の国内情報を、「中国情報」として取り扱った。筆者が主宰するメールマガジン「台湾の声」は即座に抗議文を掲載し、「台湾研究フォーラム」事務局長の永山英樹氏(以下永山)も産経新聞に電話してその扱いの経緯を質した。対応に出た産経外信部次長山本秀也氏(以下山本)とのやり取りは以下の通りであったようだ。

 永山:「中国情報」の中国地図に台湾が入っている。それはどういう意味なのか。
 山本:「中国情報」の「中国」は「一つの中国」、広い意味の中国。
 永山:読者の半分以上は意味が分からない。台湾が中華人民共和国の一部か、将来一部になるべきものと
思わせてしまう。
 山本:それはあなたの見解。
 永山:「一つの中国」は存在していない。
 山本:日本政府も「ノーティス」していることだ。
 永山:それでも(日本は)台湾が中華人民共和国の一部などとは一切認めていない。
 山本:「一つの中国」はある。曖昧な問題だが。
 永山:「曖昧」なのはフィクションだからだ。フィクションに基づく報道をしてよいのか。
 山本:それは「意見」として承るが、(図案から)台湾を外す考えは全くない。
 永山:図案自体を変更すればいい。ミスリードするような図案を変えろ。簡単なことだ。
 山本:その気はない。

 このやり取りで分かるように、産経外信部の態度は極めて官僚的である。産経外信部は、「台湾は広い意味の中国の一部」と認識していると言うのだから、台湾は中国の一部であることを認める姿勢である。山本氏は中国と台湾に駐在経験のある記者で、台湾が中国の一部ではないことは理解できるはずだ。それなのに、台湾が中国の一部であるかのような図案にこだわるのは、理解に苦しむ。日本人はたかが図案ではないかと思うかもしれないが、完全な独立国家を目指している我々台湾人にとって、これは我々の信仰の核心への冒涜行為と映る。産経を含めた日本のマスコミは、中国に関する記事は用語まで細かく自己規制をしているのに、台湾のことは無神経に扱っている。

 山本氏は「中国とは広い意味の中国」と誤魔化しているが、上のやり取りの前日には、対応に出た産経外信部の別の記者は、「中国情報」の中国とその図案は「中華人民共和国を意味している」とはっきり言っていた。つまり、産経外信部のこの図案に対する見解は統一されておらず、それぞれ好き勝手に解釈しているのだ。「中国情報」の「中国」が中華人民共和国を意味するものであるなら、産経新聞は台湾を中華人民共和国の領土と見做していることになり、これはまったくの誤った報道である。もし、日本政府が日中共同声明において、台湾を中華人民共和国の一部であるとする主張を「理解し尊重する」と表明したことを以って、日本政府が台湾を中華人民共和国の一部と承認したと見做しているのなら、それはまったくの事実誤認であり、産経新聞の報道の質が大きく問われることになる。

 もし、山本氏が言うように、「中国情報」の「中国」が「広い意味の中国」なら、中華人民共和国と中華民国と名乗る台湾の双方を一括したものであり、異なる二つの国を同一の国と見做すことになり、やはりこれも誤った報道である。日本政府の台湾と中国を「一つの中国」とする「見解のようなもの」(外務省中国課)に従って、両国を一括して「中国」と呼ぶのであれば、産経新聞は日本政府の現実無視の姿勢を非難しないどころか、それに無批判に追随するに等しく、真理を追究すべきマスメディアとしての使命を放棄したことになる。産経新聞は日頃、他紙の歪曲報道、媚中報道を非難して、良識ある読者の拍手喝采を浴びているが、台湾を中国の一部と扱うのは良心の放棄以外のなにものでもない。「広い意味の中国」は、そもそも裸の王様にすぎない。「王様は裸だ」と言えないジャーナリストの記事を果たしてどこまで信じていいのか、私は疑わざるを得ない。」

 いずれにせよ台湾を中華人民共和国と同一国名の「中国」と扱うことは、読者に対して台湾は中華人民共和国の領土、あるいは将来領土になるべきものとの誤った認識を与えるとことになる。これは社会の公器たるマスメディアには断じて許されない大罪であるばかりでなく、台湾の尊厳と台湾人の感情を著しく損ない、かつ中国の侵略の危機に直面する台湾に、多大な不利益をもたらすものである。

 士、可殺不可辱也。志ある人間を殺すことは許せても、辱めることは許せない。ささいな抵抗にすぎないが、あの図案は二度と見たくない。私は産経の購読をやめることにした。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。