background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「一中」和平促進法を成立させてはならない 江 志炎

「一中」和平促進法を成立させてはならない
江 志炎

親民党と中国国民党は、立法院(国会)で親民党が提案している海峡両
岸和平促進法(以下和平促進法とする)の採決を強行しようとしている。
10月11日に採決に踏み切ろうとしたが、別の議題で国会乱闘となり、時間
切れで延期された。

この和平促進法の内容は、簡単に言えば、「九二共識」(実際には存在
しないが、『一つの中国』をそれぞれ解釈するというコンセンサス)の
「一つの中国」を前提とし、立法院が総統を通さず、中国との協定を結ぶ
ことができる、というものだ。これは立法が行政が行なうべき範囲を超え、
民主国家の原則である三権分立(「中華民国」は五権分立だが)を破壊し
かねず、憲法的に見ても立法が行政の領域に踏み込み、総統の持つべき権
力を奪うのは明らかに違憲である。

この法案がもしも通過すれば台湾は「一つの中国」を法制化したことに
なり、国際的には台湾が「一つの中国」を認めた、と解釈されかねない。

民進党は和平促進法について「偽の平和、本当は投降」と批判し、台湾
団結連盟は最も強烈な手段で法案通過を阻止すると主張している。しかし、
民進党と台連を足しても国会過半数に達せず、親民党と国民党、無党連盟
が協力すれば国会で野党案が通過してしまう。台湾は憲法に不備があり、
このような状態に陥っても、総統(大統領)に台湾の国会を解散する権利
はない。行政院長(首相)の不信任案が国会で可決されれば総統は国会を
解散できるが、野党有利の国会では、野党はあえて不信任案を提出するこ
とはしない。

台湾智庫が10月9日に発表した民意調査によると、「和平促進法」の内
容について、「一つの中国」が法制化されることに関して61%が台湾にと
って不利と答え、国親両党が立法院で強行採決することに関して63%が政
党対立と台湾社会の対立が強まると懸念を示している。また、55.6%が国
親両党が「一つの中国」を前提とした「和平促進法」を立法院で採決しよ
うとしていることを知らず、台湾国民が知らぬ間に、十分な議論を尽くす
ことなく国親両党によって強引に採決されようとしている。

台湾人は知らぬ間に「一つの中国」が法制化されてしまうことを黙って
見ているだけなのか。国民党内には自称「本土派」と呼ばれる議員たちが
いる。この「本土派」は中国系の外省人ではなく、台湾土着派で国民党か
ら利権分配の利益を得ている連中である。選挙では台湾語で演説し、台湾
人意識を打ち出し、愛台湾かどうかの議論は無意味と言いながら、「本土
派」は自ら「中立」を気取っている。が、「和平促進法」は「一つの中国」
を法制化するもので、いわば「台湾は国家でははい」と宣言するようなも
のだ。

こんな法案に賛成する台湾人は、台湾人の立場から言えばまさしく「売
国奴」だ。国民党は親民党から「和平促進法」に賛成しなければ民進党が
主張する不当取得党産処理法案に親民党は賛成すると脅されている。国民
党の党産は本来は台湾人民に返されるべき日本時代の遺産を国民党が不法
取得したものだ。それを死守するために国民党は「一つの中国」原則と交
換しようとしている。このように「本土派」国民党議員は自身の利益のた
めに台湾全体の利益を考えず、「一つの中国」法制化に賛成し、台湾を中
国に売ろうとしている台湾の裏切り者だ。こんな議員を選ぶ台湾人も結果
に責任を持たねばならない。

台湾が「一つの中国」を法制化するということは、国際社会が「台湾は
独立国家だ」と支援することを無意味化する。台湾自身が「一つの中国」
を法制化してしてしまったら、外国は台湾の国連加盟を支持する理由はな
くなるし、「一つの中国」なら台湾はオリンピックに「中華台北」として
出る必要はなく、中国と統一チームを組んで「中国」として出ればよいと
いうことになる。

アテネオリンピックのテコンドーで銀メダルを獲得した黄志雄は比例代
表から選出された国民党籍の立法委員(国会議員)となっている。黄氏は
10月11日のNCC法案と和平促進法の強行採決を試みようとした日、テコン
ドーの運動着を着て国会乱闘に備えるパフォーマンスをした。台湾の英雄
は、台湾を売り飛ばす政客に成り下がった。「一つの中国」を支持するの
なら、二度と「中華台北」名義の台湾代表で国際大会に出ないでほしい。
国際大会は国と国の対決なのだから、出たいのなら先に中国の国内予選で
勝ち抜いてから中国チームに混ぜてもらって出ればよい。「一つの中国」
を認める台湾は国ではないのだから、そもそも国際大会で活躍する資格は
ない。

「一つの中国」を認める台湾が中国から武力攻撃されても「中国の内政
問題」となるので、台湾を支援することは中国への内政干渉となりかねな
い。外国は中国の反発を受けてまでわざわざ台湾のことを支持する理由が
なくなる。「一つの中国は中華民国」を指すというごまかしは、国民党が
台湾人を騙す方便に過ぎず、国民党を支持する台湾人は騙せても、そんな
詭弁を信じる外国はない。国際社会はすでに本物の中国(中華人民共和国)
と国交があるのだ。偽中国(中華民国)の妄想は本物の中国ほどの説得力
をもたない。

国際社会の関心は、台湾人が独立する気があるのかどうかなのだ。台湾
人が「台湾」という独立国家として認められたいと思う人が多数派になれ
ば、国際社会は自然に台湾支持に流れる。逆に台湾が「一つ中国」を認め
れば、国際社会は台湾が中国になりたいのならどうぞご勝手にと思うに違
いない。例えば中国の圧力や、アメリカが「台湾独立不支持」と言ったと
きに、「台湾は独立国家になりたい」という気持ちを台湾の総統や政治家
が自分の口で世界に伝えられるかが、国際社会の支持を動かすのだ。

台湾人の国民党籍議員は、将来のことをよく考え、「和平促進法」が台
湾にもたらす影響をよく考え判断してほしい。さもなければ、中国とは仲
良くなれても、国際社会からは無視され、台湾人からは恨みを買うことに
なるだろう。

『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。