background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【外信コラム】キムチ戦 産経新聞 2005年10月27日

【外信コラム】キムチ戦

産経新聞 2005年10月27日

 これからの季節、韓国は「キムジャン」と呼ばれるキムチ漬けのシーズンだ。昔は野菜の乏しかった冬に備え、晩秋に一冬分のキムチを甕(かめ)に漬け込み、凍らないよう庭に埋めて保存していたものだ。

 スーパーで買うことが多くなったキムチが、今年は違う。野党議員が「中国産キムチに含まれる鉛が通常の五倍」と暴露して「鉛キムチ騒ぎ」が発生。さらに中国産から寄生虫の卵が見つかったものだから“キムチパニック”が起きた。国産の白菜の値段が急騰中だが、主婦はキムジャン準備に大忙しだ。

 中国産は韓国市場のキムチの約二割を占めている。ソウルの飲食店の約半分が中国産だ。ただ中国産といっても、韓国の業者が中国で現地生産しているケースが多い。そんな理由もあって中国は「中国産キムチたたき」に大いに不満を募らせている。

 ソウルの中国大使館は売り場から中国産食品を締め出した流通業者に抗議したほか、最近では「われわれも韓国産化粧品の成分に疑問を持っている」と韓国政府に資料を要求するなど、何やらきな臭さも漂ってきた。

 ただ、市民からは嫌われている中国産キムチだが、市中での販売量は増えているという。韓国産キムチが爆発的に値上がりしているため、買い占め業者がいるらしい。いろいろ考えると、食卓のキムチに伸びた手が引っ込むこのごろだ。(久保田るり子)





『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。