background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者投稿】不思議なニッポン人 日本台湾医師連合副会長 王 紹英

【読者投稿】不思議なニッポン人

               日本台湾医師連合副会長 王 紹英

小泉首相が私服で靖国神社参拝しました。私に言わせるとあまり格好よくない背広姿でしたが、参拝は大変よかったと思いました。
ところが案の定、日本が一番友好にしたい近隣から指導と罵声が出て、さらに、「平和」を熱愛する「進歩」的な日本人からも指弾されました。

私は、支那人と韓国人のパブロフ反射のようなヒステリーについて一々議論するのも馬鹿馬鹿しく感じるようになりました。しかし、なぜ一部の日本「国民」が民族の魂のもっとも素晴らしいところを蔑ろにして日本の敵に媚びるのでしょうか、といつも不思議に思っています。
このような日本人を私は時々台湾にいる支那人と台湾系支那人と照らして考えてみるのです。

台湾に歴史的な不幸と将来の暗雲をもたらしたのは、言うまれもなく支那人と台湾系支那人です。支那人はかたくな態度で支那人と自認するのは、大変結構なことと思われますが、台湾人が支那人になろうという恥知らずの意識は本当に始末が悪いのです。
しかし、台湾系支那人と反日ニッポン人と比較してみると面白いです。台湾系支那人は、支那人に化け、さらに台湾を支那の領土になるよう貢のです。勿論、その後、本物の支那人と一緒に生活し、彼らに略奪・殺戮・威圧された歴史を繰り返されても納得しているはずと思わなければならないのです。苛められても殺されてもいいから、反台湾意識の台湾土人が支那人になる決意は、もう無知を通り超えて愚昧としか言いようがありません。しかし、その決心は反日ニッポン人と比べると滑稽ですがいささか潔く見えなくもないのです。

反日ニッポン人は、果たして日本人をやめて、支那人と一緒になる心構えはあるのでしょうか。

このような反日ニッポン人は「汚職・反進歩・金権的」な政府に守られているからこそ安心して反日活動出来た。また「軍国的」な政府か発行した水戸黄門の印籠のようなパスポートを持っているからこそ外国に威張って行けたのではないか。台湾系支那人の決意と

比べたら、反日ニッポン人は本当に甘ったれとしか言えません。
昔“不思議なニッポン人”というシリーズの文庫本がありました。フランス人が書いたものでした。彼は魂を失った不思議なニッポン人を知らなかった。




『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。