background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者投稿】台湾の植民地統治支配復活の夢

【読者投稿】台湾の植民地統治支配復活の夢
      ー「10・25」60周年を迎える在台中国人の意識形態
      

                     N・N

さきごろ、台湾の声で1945年10月25日の「台湾光復」は、中国人による
国際法違反の演出で、国民党が台湾の不法占拠を正当化するため、そして共産党
が台湾併呑を正当化するため、10・25を強調しているとの指摘があったが、
まさしくその通りであると思う。

今年の10・25は台湾光復60周年ということで、国共ともどもお祝いに大張
り切りで、両党とも抗日勝利=台湾光復=中華民族万歳=中国統一という一点で
連携を強めようとしている。もちろん連携強化の目的は台湾独立勢力(正しくは
中国とは無関係になりたい台湾人の心の声)を粉砕することだ。台湾独立勢力の
背後には、日本(=日米安保)がいるから、反台独=反日本の「光復60年まつ
り」を盛り上げようという両岸中国人どもの気持ちは良くわかる。

このような海峡両岸の中国人提携で、最近一生懸命なのが連戦・国民党名誉主席
だ。本来なら台湾政界で静かに消えて行くはずだったこの無能政治家は、このご
ろは中国が大切にしてくれる(利用されている)ものだから、すっかり血色もよ
くなり、台湾に有害なことばかりに精を出しているが、この21日も上海などに行っ
てくだらない記者会見スピーチをやった。テーマは「台湾光復と抗戦勝利60周
年」。まもなく中国で「60周年」が大々的に祝われるのを受け、「この場でさ
らに名前を売っておこう」と思ったからかどうかはしらないが、在台中国人の意
識形態が良くわかる内容だから、そのときの彼の言葉をいくつか紹介しよう。

「抗戦に勝利したから、台湾は中華民族の下に帰ってきたのだ。これは誰も書き
換えることのできない歴史の事実だ」(事実ではない。歴史の書き換えをやって
いるのは連戦たち中華民族の方だ)

「毎年10月25日は台湾光復記念日。1945年以降、台湾では熱烈に慶祝し
てきたが、ここ数年は民進党が冷ややかなため、昔ほど熱烈ではなくなった。し
かし実際には各地で、この日のお祝いはしているよ」(台湾人にそっぽを向かれ
ていると、中華民族はすぐに民進党のせいにする。特に連戦はそうだ)

「歴史に真向かうのが勇者なのだ。少数の偏狭で過激な政治的立場の人たちが歴
史を回避し、歴史を歪曲しているんだ。これは臆病者のやることなんだ」(台湾
人はそのセリフを、そのまま連戦たち中華民族に贈り返すことだろう)

「台湾に限らず大陸でも、世界中の華人が住んでいる地域でも、抗戦勝利と台湾
光復の意義は重視しているよ。もっと大々的にお祝いをしなければいけない。特
に台湾地区においてはそうだよ」(台湾侵略記念日は台湾では祝ってはならな
い。そもそも「台湾地区」とはなんだ)

「台湾の地位未定論は少数の偏狭で過激な政治的立場の人たちが提出したものな
んだよ。第二次大戦が終わるときに署名されたポツダム布告には、国際法に基づ
いて実施するとはっきり書いてあるよ」(大ウソツキ。「未定論」は60前後の
連合国のコンセンサスであり、国際法上の事実)

「一部の人は、台湾光復を終戦と呼べと言っている。でも光復は光復、勝利は勝
利なんだ。中華民族軍民が士気を高めて血を浴びながら奮戦したのも全部歴史事
実なんだ」(全部、ウソ。勝利したから台湾をもらっていいというのが、中華民
族の泥棒根性)

「一部の人は日本占領時代に台湾の近代化の基盤が築かれたなどと言っている。
でも交通や産業の基礎は、本当は清朝の台湾巡撫の劉銘伝が始めたんだからね」
(始めたけれど、失敗した)

「日本人の台湾建設は植民地統治を強化するため、侵略の準備のためだったんだ
から、みんなこの点を理解しておかなければいけないよ」(完全な中国人史観。
戦後国民党は中国侵略準備のため台湾で植民地統治を行った。しかし建設はしなか
った。民生を無視していたから)

以上のように、連戦の発言はデタラメだらけだ。台湾光復という火事場泥棒的な
台湾占領を正当化するためなら、歴史事実もクソもない。こんな反理性のウソツ
キ中華民族が、昨年の総統選挙で立候補し、あわや当選しそうになったのだから、
台湾も危ないところだった。しかし連戦の後継者として、次回の選挙に出てくる
馬英九・現国民党主席も、連戦とまったく同じ歴史認識を持っているのだから、
どうしようもない。たとえば22日に行われた「台湾回復60周年」の記念行事に出
席し、「50年間にわたる日本の植民地支配によっても、台湾同胞の民族意志が消
滅されたことはなく、台湾人は自分が中華民族の子孫ということを忘れたことは
ない」だとか、「日本は占領中、台湾民衆のこれまでにない抵抗を受けた。台湾
人は自分が中華民族の子孫ということを忘れたことはなく、中国革命のために努
力したこともある」などと言う、中国人特有の台湾抗日史観を振り回し、中国メ
ディアに大きく取り上げられた(中国を喜ばせたと言う事)。台湾人をわざわざ
「(中国人の)同胞」と呼ぶような人間は、やはり総統などをやらせてはダメだ。

国民党の中華民族が何を夢見ているかと言えば、それはふたたび台湾を植民地支
配することだ。中国の手を借りてでも、自分たちが支配者の座に返り咲きたいと
考えていることは、今の国民党を見ればわかることだ。よく彼らが政権を取った
ら「民主化は後退する」といわれるが、それは本当だ。なぜなら李登輝さんが推
し進めた民主化とは、中華民族による植民地支配からの解放を意味するものだっ
たからだ。

本当に彼らが政権を取ったら、台湾独立勢力など簡単に逮捕できるだろう。国会
で法律を作れば、白色テロなどいくらでもできる。中国人はそれぐらいもことは
平気でやる。アメリカの圧力など怖くない。なぜなら中国が付いているから。経
済制裁を受けても大丈夫だ。自分たち個人の利益さえ守る事さえできるなら。

だから台湾人にはぜひがんばってほしい。


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。