background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番恐れているのは、自由民主と人権なのです 「台湾の声」編集長 林建良

邪悪な中国政府が一番恐れているのは、自由民主と人権なのです。
中国の民衆が声を大きくして、これを要求するようになれば、中国共産党政権の終焉になります。

「台湾の声」編集長 林建良

******************************************************************




関係者各位

500万人・「中国共産党脱党」応援イベント(10/23) と「共産党についての九
つの論評」第十回討論会(10/30)のお知らせを送信させていただきます。

 14年前、旧ソ連で共産体制が崩壊する直前、430万人の党員がソビエト共産党
からの脱党を宣言しました。現在、中国大陸を中心に、華人500万人が中国共産
党(中共)及び関連組織からの離脱声明を発表しています。世界最大のネットワー
クを誇るグローバルメディア「大紀元」が昨年末に発表した連載社説『九評共産
党(共産党についての九つの論評)』により、人々は中共統治の邪悪な本質に気
づき、こぞって中共組織(共産党・共青団・少先隊)から離脱しております。そ
の大潮流は、まさに中華民族の精神の覚醒と言えましょう。

 中国は、経済の開放改革路線を通じて世界中のマネーを呼び込み、日本や米国
をはじめ、主要先進国と中国の経済関係は深まるばかりです。上海の高層ビル建
設、有人宇宙船の打ち上げ成功など華やかな面ばかりが強調されていますが、そ
の内実は中共一党独裁のもと、金融政策の破綻や貧富格差の拡大、行政官僚の腐
敗、頻発する暴動など多くの問題を抱えており、まさに「砂上の楼閣」の感を呈
しており、中共政権の崩壊は目前と言われております。

 しかしながら、張りぼてにせよ中国の空前の繁栄を目の当たりにし、中国への
投資も増えるなか、多くの日本人にとって中国共産党政権の崩壊は、俄かには信
じられない話しです。 但し実際には、中共は人類史上最大でかつ最も邪悪な専
制政権です。社会が平和な時期においても、中共は罪のない民衆に対して虐殺と
迫害を繰り返してきました。わずか55年の暴政の間に、8000万の中国人が虐殺さ
れたと推定されます。その数は二回にわたる世界大戦の戦死者の総数を超え、ナ
チス・ヒトラーが虐殺したユダヤ人の13倍にもなるのです。

 中国で現在も行われている人権侵害については、1949年の中共政権発足以来、
北京当局は、チベットを初め、新疆ウィグル族、中国民主派、近年におきまして
は法輪功学習者に対し、その政権維持の為に不当に逮捕し裁判もなく拘留し強制
労働収容所に送致しては拷問を繰り返しています。米国議会や人権団体アムネス
ティー・インターナショナル等が多くの調査報告を通じて、中国における人権蹂
躙に強い懸念を表明しています。

 靖国問題や教科書問題などでは、中国は日本をやり玉に挙げ、挙げ句の果てに
中共政権に対する民衆の不満を、官制の反日デモなどで日本政府に転嫁させよう
としています。私たち自身は政治に直接参与するものではありませんが、基本的
人権の擁護に強い関心を持ち、また民主国家の「良心」を信ずる者として、中共
政権の嘘と暴力による統治を見過ごすわけにはいきません。この時期において真
相を明確にする行動を起こさない限り、未来の世代に必ずや禍根を残すことにな
りましょう。



 中共の邪悪とまで言わざるを得ない本質は、先に申し上げました「九評共産党」
に余すところなく記述されております。是非ご一読ください。大紀元ニュースサ
イト(http://www.epochtimes.jp/editorial/9ping.html)で読むことができま
す。製本版をご希望される場合は、博大出版(http://www.hakudai.jp/)までお
申し付け下さい。


 皆様多数のご参加をよろしくお願い申し上げます。

*******************************



一、500万人・「中国共産党脱党」応援イベント 集会&パレード

日時:2005年10月23日12:30~
場所:東京都豊島区南池袋公園
   http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.43.26.789&el=139.43.02.604&la=1&fi=1&skey=%c6%ee%c3%d3%c2%de%b8%f8%b1%e0&sc=3主催:脱党支援センター日本支部
お問い合わせ先: 電話 03-5256-7604 ファックス 03-5256-7603



二、「共産党についての九つの論評」第十回討論会
 http://www.epochtimes.jp/jp/2005/10/html/d10050.html
 日時:2005年10月30日(日曜日) 18:00~21:00
 場所:豊島区駒込2-2-2 駒込社会教育会館 第二会議室
    http://www.toshima-mirai.jp/center/e_komagome/ 
 交通:JR駒込駅北口より徒歩2分 或は地下鉄南北線駒込駅4番出口
 主催:大紀元時報
 お問合せ先: 電話 03-5256-7602  (大紀元) 090-6494-6614  (張本)
        ファックス03-5256-7603 





『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。