background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外務省「世界の国一覧」の問題点 西江 智彦

2004年6月8日「台湾の声」より再録

外務省「世界の国一覧」の問題点
                          西江 智彦

 6月7日、「台湾の声」で永山英樹氏が「ホームページで台湾を中国に売
っていた外務省」と題して、外務省ホームページ「世界の国一覧」の中の中
華人民共和国の統計に台湾のものが含められているとの指摘をされていた。
特に「中華人民共和国」の面積に「台湾」の面積が含まれている疑いが強い
のだという。

 この「世界の国一覧」の中で「中華人民共和国」の欄は、

外務省ホームページ 世界の国一覧 アジア州
http://www.mofa.go.jp/mofaj/world/ichiran/i_asia.html

国名:中華人民共和国
面積(1,000平方キロ):9,597
人口(100万人):1,275.13 主要言語:中国語
首都:ペキン(北京)
独立年月:―
通貨単位:元
英語による名称:People's Republic of China 

となっている。まず、注目すべきところは中華人民共和国の「面積」であ
る。9,597(千平方キロ)となっているが、これは明らかに台湾の面積36
(千平方キロ)を含んでいる。中華人民共和国の正しい面積は9,561(千
平方キロ)のはずなのだ。これは、日本が中華人民共和国と国交を結ぶ前
(昭和47年)以前の日本の地理教科書には、「中華人民共和国」の面積
9,561(千平方キロ)、「中華民国」の面積36(千平方キロ)と記述されて
いたことからも明らかだ。

 次に摩訶不思議なのが、中華人民共和国の独立年月が「―」と空白にな
っていることだ。中華人民共和国は1949年10月に中華民国から独立を果た
したのではなかったか? ちなみに、日本と国交がない朝鮮民主主義人民
共和国の独立年月は1948年9月と正確に表記されているのである。

 これは何を意味するかと言うと、残念ながら外務省ホームページ版の
「世界の国一覧」には載っていないのだが、外務省が編集協力した冊子版
の世界の動き社「世界の国一覧表」には、国連加盟年月という欄がある。
そこを見ると、中華人民共和国の欄がなんと1945年10月となっているのだ。

 ちょっと待て。中華人民共和国が建国されたのは1949年ではないか。ど
うして、建国する四年前に国連に加盟できるのか? 中華人民共和国は台
湾にうつった中華民国と対立が続いていたため、1971年に中華民国を追い
出す形でやっと中華人民共和国は国連に加盟できたのではなかったか?

 さらに冊子版ではこんな意味不明な注釈が書かれている。

「1945年10月に中華民国が加盟し、71年10月代表権交替により中華人民共
和国が加盟」

 つまり、意図的に台湾にうつった中華民国を無視するために、中華人民
共和国が1945年10月から国連に加盟したと歴史を捏造し、そうすると1949
年の独立年月が矛盾するからその欄が空白になっているのだ。たとえ、代
表権交替で中華人民共和国が国連に加盟したとしても、実際に中華人民共
和国の統治を受けたことのない台湾が中華人民共和国の領土になる理由に
はならないはずだ。

 また、「世界の国一覧」の中華人民共和国のデータには、香港、マカオ
が含まれていないのではないかという疑惑もある。面積はたったの1(千
平方キロ)なので、不確定な領土の多い中華人民共和国の面積だけでは確
証できないが、主要言語に広東語、通貨単位に香港ドルやマカオパタカが
書かれていないことも、「一国二制度」を謳う中華人民共和国の統計とし
ては片手落ちではないか。

 冊子版では「その他の主な地域」というコーナーで、台湾は香港、マカ
オと同列に扱われ、政庁所在地タイペイ(台北)、 面積:36,000平方キロ、
人口:2,166万人という基本データは載っているが、「日本政府は、日中共
同声明により台湾は中国の不可分の一部であるという中国政府の立場を尊
重している。」という日中共同声明の内容が書かれていてはいても、台湾
が自称「中華民国」であることすら表記されていない。

 外務省ホームページ版は、この「その他の主な地域」はないので、台湾
のデータは全く無視され、中華人民共和国の一部に含められているだけだ。
この「世界の国一覧」のデータの出所は、

 (財)世界の動き社(連絡先:03-5532-1601)発行『世界の国一覧表
 2002年版』より抜粋。出典などは以下の通りです。
 並べ方:ロシア、NIS諸国を除く国名の並べ方、地域の大陸別分類につい
 ては国連発行「統計年鑑」によります。
 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)については、日本は国家として承認
 していませんが、国連に加盟していますのでカッコで表記しました。
 面積:国連人口統計年鑑第50集(1998年数値)
 人口:国連統計資料(2000年央推計、ただしカッコを除きます)
 首都:通常首都と言われているところを示し、必ずしも法律上のもので
 はありません
 独立年月:1943年以降に独立した国のものです

となっている。「世界の国一覧」では、台湾の「中華民国」と同様に国交
がない朝鮮民主主義人民共和国については、カッコ付きで(北朝鮮=朝鮮
民主主義人民共和国)という欄をつくって紹介している。これは日本の立
場を示しつつも、北朝鮮のデータを知りたい読者のニーズにもこたえてい
る。このようなことができるのであれば、せめて(台湾=中華民国)とい
う欄を中華人民共和国から分離して、読者のニーズにこたえてほしい。そ
の上で、(台湾=中華民国)欄に注釈で、日中共同声明(中華人民共和国
政府は、台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であることを重ねて
表明する。日本国政府は、この中華人民共和国政府の立場を十分理解し、
尊重し、ポツダム宣言第8項に基く立場を堅持する)を付け足せば、日本政
府は中華人民共和国の立場を理解し尊重していることになる。

 外務省の統計が中華人民共和国に媚びたインチキ統計と言われないため
にも、データにはフィクションをもちこまず、事実をもとに中立、正確に
作って、信頼ある資料を国民に提供してもらいたいものである。



■帝国書院と東京書籍への抗議と訂正要求にご協力下さい!

①帝国書院(守屋美佐雄社長)の「中学校社会科地図」に関して

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-29
電 話 03-3262-0520 地図編集部
FAX 03―3262―7770
メール manual@teikokushoin.co.jp

②東京書籍(河内義勝社長)の「新しい社会科地図」に関して

〒114-8524 東京都北区堀船 2-17-1
電 話 03-5390-7372 編集部
FAX 03―5390―7220
メール① http://www.tokyo-shoseki.co.jp/company/index.html
メール② waltervogt@tokyo-shoseki.co.jp

■歪曲地図帳を検定で合格させる文部科学省にも抗議を!

文部科学省
①中山成彬・文部科学大臣
②教科書課(検定関係)

郵便 〒100-8959 東京都千代田区丸の内二丁目五番一号
電話 03(5253)4111(代表)
メール voice@mext.go.jp

*******************************************************************************************

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。