background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖國の友 台湾を応援してくださる勇気ある日本の方々に

以下はメールマガジン「靖國の友」からの転載です。このように台湾を応
心から感謝しております。(編集部)

*******************************************************************************************


文部科学省抗議の反省


12日、文部科学省前にて、文部科学省が台湾を中華人民共和国の領土と
表記する中学校社会科地図を検定合格にしていることに対しての抗議デモ
に参加させて頂きました。デモに関しては皆様「台湾の声」を読まれてい
ると思いますので割愛いたします。

デモ終了後、集まった皆様はこの始まったばかりの戦いを継続させ、誤り
を認め訂正させるまで続けていくことを誓い固い握手で別れました。

そのとき台湾の皆様が「ありがとう、ありがとう、本当にありがとう」と
ギュッと手を握ってくれるのです。アレっと思いました。何か違和感があ
りました。

同じ感覚を前にも感じたことがありました。「北朝鮮拉致被害者救う会」
などに参加したときです。

私は、拉致が明らかになってから外務省前でコメ輸出に反対する「家族会」
の皆様のニュース映像をテレビ、新聞で見てました。参加していませんで
した。

可哀想と思いながら、仕事があるから、用事があるからなどと自分に言い訳
して現場に行きませんでした。

初めて集会に参加したとき、横田夫妻の話を聞きながら今まで参加しなかっ
たことを猛省いたしました。何もしないというのは、北朝鮮の行為を認めて
しまっていることだと気が付きました。それ以来、解っている集会には必ず
参加するように、署名も出来るだけ多く集めるようになりました。

その「家族会」の皆様が「ありがとう」と言います。それ以上の言葉は無い
のかも知れません。しかし「ありがとう」って言われる資格は私にあるので
しょうか?

もしも自分の子供が拉致されたとしたら救出の為に協力することが当たり前
で、協力しない人を憎むかも知れません。心の中で「可哀想」「早く解決す
れば良いのに」と思うだけの人を北朝鮮の手先と思うかも知れません。

知っているのに何もしない、見て見ぬふりするのは、その犯罪行為を認める
ことになります。

抗議の時にも「世界で最も親日の台湾」「私達は日本人が好きです」等あり
がたいお言葉を随分頂きました。文部科学省の怠慢、東京書籍、帝国書院の
恥ずべき行為は、台湾の皆様の心を傷つけ、日本人の何百万もの子供たちへ
中共の意向通りの知識を与えます。一番の被害者は台湾の皆様であり間違っ
た知識を与えられる子供たちです。そして加害者は間違いなく日本人です。

日本を愛して日本に住んでいる台湾人の皆様が、日本人の子供達の心配まで
して下さってます。「ありがとう」と言われた時に心の中で「申し訳御座い
ません」と思いました。台湾人の皆様に愛し尊敬された日本に戻さなければ
先人に対しても申し訳が立ちません。私たちがやらなければならないことを
台湾人の皆様にやらせてはいけません。

台湾は私たちにとって最も大切な兄弟国です。近い将来中共が破綻しアジア
が混乱したとき、台湾と日本が協力して解決しなければなりません。

その時に台湾を主権国家として認めないような日本であったら協力しあえる
でしょうか?このメールを読んで頂いている方は同志の皆様です。一人一人
が、家庭で、学校で、職場でこのことを皆に伝えてください。広めていくこ
とが大切な運動だと思います。

台湾人の皆様本当に申し訳御座いません。また気づかせて頂いたこと心より
感謝いたします。ありがとう御座います。


*******************************************************************************************

中学社会科地図「台湾は中国領」の検定合格は文科省の重大ミスだ!
文科省が反省するまで「台湾は台湾だ。子供にウソを教えるな」と断固要求を!

■中山成彬・文部科学大臣
(事務所)〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
              衆議院第2議員会館701
       電 話 03-3508-7451
       FAX 03-3597-2757
       メール g03254@shugiin.go.jp 
■文部科学省ー中山成彬・文科大臣/山下和茂・教科書課長
     〒100-8959 東京都千代田区丸の内2-5-1
       電 話 03-5253-4111(代表)
       メール voice@mext.go.jp 

【文科大臣へ要求する場合】
①確実に届けるなら、大臣の事務所へ。確実に記録が残るファックスが最も効果
 的。
②文科省宛でメール、ファックスを送ることも重要。ただしこの場合は教科書課に
 回され、そこで握りつぶされる可能性があるので、事務所にも同じものを送る。
 そして「この文書は直接大臣にも送っている。もしこれを握りつぶせば、その事
 実は明らかになる」と書く。
③文科省へ電話で大臣を呼び出す場合は秘書課へ。しかし教科書課に回されたら、
 下のようにすればよい。

【教科書課へ要求する場合】
①必ず検定責任者である大臣と教科書課長に伝達するよう求めること。責任の小さ
 い職員の勝手な判断で抗議、要求を握りつぶすという越権行為は絶対に許されな
 いことも伝える。
②電話は効果的。できるだけ稲葉係長を呼び出す。窓口を自称しているこの人物に
 は、対応する義務がある。教科書課の腐敗体質もよくわかる。
③メール、ファックス、手紙も効果的。なぜなら彼らがそれらを握りつぶそうとす
 るのは、それが彼らの最も恐れる「世論からの圧力」だからだ。

抗議内容の例:「 子供たちに、台湾を中華人民共和国の領土と教えるな!」
      「教科書検定規則に従い社会科地図の訂正勧告を」
      「文科省に台湾を売る権利はない」
      「帝国書院に教科書発行の資格なし」「文科省は台湾の敵だ」
      「東京書籍は捏造地図を改めろ」「台湾人の感情を傷つけるな」
      「ウソを教える教科書反対」「台湾は中国領では断じてない」
      「中国に媚びる検定反対」「デタラメ検定官を処分せよ」
      「誤った教育の責任を取れ」「これ以上ウソを教えるな」

下へもお願いします。

■塩谷立文科副大臣 office@ryu48.gr.jp
■小島敏男文科副大臣 t-kojima@bc5.so-net.ne.jp
■下村博文文科大臣政務官 http://www.hakubun.or.jp/mail.htm■小泉顕雄文科大臣政務官 koizumi-akio@ares.eonet.ne.jp

★日本国民には政府の非道に抗議する権利と義務があります。
★台湾国民にも自国の尊厳を守るため抗議する権利があります。




『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。