background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者投稿】東トルキスタンと台湾 台湾研究フォーラム事務局長 古市利雄

【読者投稿】東トルキスタンと台湾


       台湾研究フォーラム事務局長 古市利雄

日本と台湾のことを真剣に考えた「つもり」になっていた、
自分自身へ の反省の気持ちを込めて、このメールをおくら
せていただきます。

とあるメールマガジンで東トルキスタン(いわゆる中国に
ある新疆ウイグル自治区と呼ばれる地域)のことを知りま
した。

東トルキスタンの人々に平和と自由を
http://www.geocities.jp/saveeastturk/index.html

私は勉強不足のためチベットにおける中国共産党の虐殺は
知っておりましたが、東トルキスタンで起こっていたこと
については、あまり詳しく知りませんでした。「東トルキ
スタン」という名称は知っていたものの、今までずっと
「新疆ウイグル自治区」と中国共産党の宣伝文句に流され
惑わされ、そう呼んでいました。

このサイトを見て自身の不勉強さを反省するとともに、生
命をかくも無残に踏み潰された東トルキスタンの人々のこと
を思うと涙が止まりませんでした。特に下の文章には心をう
たれました。

「およそ1000万人もの人々が中国共産党に犠牲になっている
のです!信じられますか? 現在でも東トルキスタンの人々は
中国の圧政の下にあり、9.11テロ以降はテロ対策の名目で政
治犯の処刑がさらに厳しくなっています。
しかしこの事実はあまり知られていません。イスラムの犠牲
者となるといつもイラクの人ばかり、中国共産党の圧政と言
うとチベットや台湾の問題ばかりを耳にします。
だけど、他にも東トルキスタンの多くの人々が苦しんでいる
のです。」

東トルキスタンに比べれば、今の台湾というのは中国の統治
も受けておらず人権が守られ自由を謳歌した素晴らしい社会
であります。そうです、確かに台湾はまだよい状況なのです。
しかしこうした言い方はよくないかもしれませんが、台湾が
近い将来に「東トルキスタン」になってしまう可能性もある
わけです。

そうしたことを、どこか私は見落としていました。自分を本当
に恥ずかしく思います。それと同時に国民党を支持している
「台湾人」のどれだけがこのことを理解しているのかを考え
ると、残念ながら今の台湾に対しては暗澹たる感情をいだく
ことしかできないのが実情です。

台湾の立法院(国会)では現在アメリカからの武器購入予算
を審議しているのですが、多数を占める野党陣営の反対に遭
い、与党政府案が30回以上も否決され予算成立のめどが全
く立っておりません。

台湾の中国に対する軍事的優勢はあと10年ほどで崩れてしま
うと言われています。

すぐにでも兵器を購入し、軍人の訓練をはじめないと間に合わ
ない切迫した状況下にありますが、野党陣営はやれ「福祉に優
先させるべきだ」、やれ「両岸関係の緊張をまねく」と主張し
ています。しかしそもそも実は武器購入は現在野党の国民党執
政時に決定したものです。

こんな矛盾が許されていいのでしょうか。しかし昨年の立法委
員選挙では与党陣営は過半数をとれなかったのです。これにつ
いては様々な意見がありますが、結局は台湾住民が野党を信任
したことになります。

現在の中華民国憲法上では小泉首相がとった手法のように、陳
水扁総統や謝長延行政院長が中華民国憲法上、立法院を解散す
ることもできないために現在の野党多数の情勢が少なくとも次
の立法委員選挙まで2年以上(唯一の手段が立法院による解散
ですが野党自ら解散総選挙を望むことはないため)続いてしま
うのです。議会は空転しており、言い換えれば陳水扁政権はレ
イムダック化しています。

市井に目を移しても、私が住む台北市の特殊性があるものの、
与党批判と野党支持の多さには辟易とさせられます。また若者
にいたっては、政治に対する全くの無関心は日本よりもひどく、
たとえ南部出身であっても台湾語をはじめとする民族言語の使
用率は極めて低いものです。

私の友人の話では「香港は中国の一部になったが、広東語と香
港人であることへの誇りは非常に強い。台湾はどうなんだ。中
国の一部ではないけど、香港よりも中国化しているじゃないか」

こんな状況では希望を抱くというのが無理なのかもしれません。

ですが私は必ずどこかに突破口があると信じています。それは
李登輝総統が台湾の民主化を成し遂げたように。

今よりもっと強い実権を握っていた外省人勢力に囲まれながら、
根気強い説得の上40年以上解散されなかった「万年国会」を
解消し、中華民国憲法を実情に近づけるための度重なる改正、
総統の直接選挙を成し遂げるなど、当時誰が想像できたでしょ
うか。

それに比べれば現在の状況なんかで、へこたれている場合では
ありません。

私は今異郷の地台湾で生活し語学を勉強しているために言語へ
の思いが強くなり、故郷の言葉に対する愛着が強くなってきまし
た。台湾人にとっての母語が台湾語、客家語、原住民語であるよ
うに、私にとっての「母語」である故郷千葉県の房州弁(共通語
により消えつつあるのも台湾と似ていますが)を使って

「台湾人よー、あめえさんがた国民党と中国の野郎どもんによ、
げんつかっくらせってやんべえや(台湾人の皆さん、国民党と中
国の人たちにげんこつをくらわせてやりましょうよ)」

と、エールを送ります。

日本も台湾も立ち止まったが最後、中国というブラックホールに
飲み込まれてしまいます。東トルキスタン、チベット、そして中
国に抑圧された民族、各国と提携し、日本と台湾は立ち上がる時
ではないでしょうか。

台湾とそれを取り巻く現状を、もっともっと多くの人に知ってほ
しくメールを送った次第です


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。