background movie
HOME ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
プロフィール

阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。

Author:阿貴(アークエイ)。かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
図4
台湾旗


よろしければクリック!


おすすめ書籍
李登輝 本
お申し込みはhttp://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0028.reg


おすすめ書籍
李登輝先生
HPからお申込み送料無料でお届け
http://www.ritouki.jp/


おすすめ書籍
りん先生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4890632018.html


おすすめ書籍
永山
http://books.livedoor.com/item_detail/niitaka161208/524b&isbn=9784944235384.html
定価1680円(税込み)。版元の「まどか出版」へ「著者のブログで見た」と書いたメールで送ると、「送料無料+後払い」でお買い求めできます。(住所、名前、電話、書名、冊数もお願いします)(まどか出版)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/この本の著者のブログ



メルマガ「台湾の声」の購読を!
台湾・日台関係情報のほか、日本における台湾独立建国運動や台湾防衛運動の情報を毎日配信。
http://www.emaga.com/info/3407.html

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック 月別アーカイブ カテゴリー
ブロとも申請フォーム HS月別アーカイブ

青森李登輝友の会ブログ

日本李登輝友の会の青森県支部です。略して「青森李登輝友の会」です。 皆様宜しくお願い申しあげます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本史から見た最新ニュース  靖国問題

日本史から見た最新ニュース  から引用しました
2005年09月30日「靖国問題」という踏絵が「心の構造改革の本丸」だ
大阪高裁の小泉総理の靖国参拝は憲法違反だとの判決を受けての各党の談話は以下の通りです。

~~~
(アサヒコムより要約)

[自民党]

「非常に暴論だ。する必要のない憲法判断をしていると思う。首相の個人的行為というスタンスはこれからも変わらない」(細田氏)

[民主党]

「極めて重いことだ。小泉さんは的確な判断をしてもらいたい。憲法上の判断が出たわけだから、なおさら行くべきではない」

「A級戦犯が分祀(ぶんし)されれば(自分が首相になっても)参ると申し上げてきた。判決を受け、憲法の政教分離の考え方に立って、もう一度検討し直さなければならない。党としては無宗教の施設の議論を加速させたい」(前原氏)

[公明党]

「公明党は、首相の靖国参拝は憲法上の疑義があることと、アジア外交の観点から首相に『自粛すべきだ』と申し上げてきた。中国の胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席は『目にしたくない』とまで言っている。憲法上の疑いがある以上、政治的判断として自粛すべきだ」(冬柴氏)

[共産党]

「画期的だ。参拝断念を重ねて強く求める」(市田氏)

[社民党]

「首相は参拝を断念する意思を表明すべきだ」(又市氏)

~~~

今回の談話を見て、靖国問題に対しての各党のスタンスがはっきりとしました。自民党と民主党のなかには代表者と異なる意見を持っている人がいますので、正確に分類すると次のようになるでしょう。

[靖国参拝賛成派]

自民党・民主党の一部

[靖国参拝反対派]

民主党・公明党・共産党・社民党・自民党の一部

さて、いよいよ「戦後が終わり自立するのか」、それともいままでのように「ずるずると戦後が続いていくのか」、そのことが問われようとしています。

~~~

実はアメリカで、エネルギー問題で日本に関わる重大な問題が持ち上がっていたのである。日中で領有権を争っている尖閣諸島の問題である。長年懸案であった帝国石油の採掘権の許可が下りたことから、年内に試掘準備が予定されているが、中国は試掘を阻止するためには武力行使も辞さない構えである。これを発端に韓国も竹島の領有権行使に出ようとしている。さらに北朝鮮が日本に攻勢をかけてくる。(略)
エネルギーとマネーの争奪戦が武力行使も辞さない勢いで所かまわず展開されている今日、日本に求められるのは(古い云い方だが)挙国一致内閣である。内紛をしている場合ではないのである。私の民主党落とし運動の根は実はここにもあったことを告白しておきたい。小泉氏が靖国参拝をいつまでも断念しない意味が今に分かるだろう。「日中関係改善のためにお止めください」などというのは「子供の話」!(増田俊男氏)

~~~

靖国裁判については、テレビや新聞が伝えない(伝えられない)その「裏側」をしっかりと認識しておく必要があります。一連の靖国騒動に深く関与している「高金素梅」とは何者なのか?

~~~
(ヤフー台湾より)

高金素梅の行動について、台湾の団結連盟の日本支部は反対意見を公表した。同時に声明を発表て、高金素梅に言行を慎むように求めている。高金素梅は日本の親中左翼勢力と連携し、台湾のイメージを損なうために靖国神社問題を利用している。

彼女はすべての原住民など代表しておらず、まして台湾人をも代表していない。彼女を支えているのは台湾国内の一部の親中勢力だけだ。その一連の行動を見ても分るようにきわめて親中反台的だ。 本来、このような政治勢力のコマごときをいちいち相手にする気もないが、それが日本の戦没者慰霊施設を踏み荒らそうとするのであれば、これほどの日本への非礼はなく、台湾にとっては大きな恥である。本日まもなく日本に到着する高金素梅に対し、行動を厳重に慎むよう要求する。

~~~

「高金素梅は日本の親中左翼勢力と連携し、台湾のイメージを損なうために靖国神社問題を利用している」では、彼女と連携している日本の「親中左翼勢力」とは誰なのか?「正論」で林 建良氏氏が次のように指摘しています。

~~~
(正論より)

それからもう一つ触れなくてはならないのは、彼女の靖国訴訟を支援する「小泉首相靖国参拝違憲アジア訴訟団」である。彼女の起こした裁判の原告には百人以上の日本人も含まれているが、その中には中核派、労働党、革命的共産主義者同盟のメンバーや、これら極左グループと提携する左翼知識人らが名を列ねている。(林 建良氏氏)

~~~

ブロガーの皆さんには、教科書採択問題などで、すっかりお馴染みになった面々が並んでいますが、靖国訴訟にはこのような「裏」があるわけです。

そうなれば当然のことながら「親玉」も動いていることになります。

~~~
(時事通信より)

中国外務省の劉建超副報道局長は14日の定例記者会見で、第二次大戦で戦死した台湾の先住民の遺族らが靖国神社に合祀(ごうし)取りやめを求めた問題について「台湾同胞の要求は理にかなっており、尊重されるべきだ」と

~~~

ここまでの実態を見ただけで、増田俊男氏が「小泉氏が靖国参拝をいつまでも断念しない意味が今に分かるだろう。「日中関係改善のためにお止めください」などというのは「子供の話」!」と言った理由も、小泉総理や安倍氏がなぜあそこまで靖国参拝に拘っているのかが、はっきりと分かったと思います。このような状態を打破し、日本の国益をしっかりと確保するにはどうしたらいいのか。

それは、冬柴氏の言う、「中国の胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席は『目にしたくない』とまで言っている。憲法上の疑いがある以上、政治的判断として自粛すべきだ」、このような行動を取ることではないことは明白なことです。

もう、今までのように、先送りをしている時間は無い。

李登輝氏は次のように指摘しています。

~~~
(台湾の声より)

「小泉首相が参拝を取りやめても何の解決にもならず、中韓は別の問題を持ち出す。小泉首相はきちっと時間通りに(参拝を)やればよい。靖国神社を他国がうんぬんする資格などない。私の実兄も祭られており、東京に行く機会があれば参拝したいと思っている」

~~~

さらに、つい先日、米国議会の政策諮問機関「米中経済安全保障調査委員会」の 委員ラリー・ウォーツェル氏も次のように指摘しています。

~~~
(産経新聞より)

「小泉首相が靖国参拝の中止を言明すれば、日中関係が改善されるという見方にはまったく 同意できない。中国は日本が米国の堅固な同盟相手である限り、さらに日本が台湾の安定や 尖閣諸島の日本領としての平和を自国の安全保障の主要な利害の対象とみなす限り、日本への 不満を多様な名目をつけて、ぶつけ続けるだろう」

~~~

今後、小泉総理が靖国神社に参拝すれば、国内の左翼・反日・媚特定アジア・反自民・反小泉派や特定アジアによって、執拗なプロパガンダが繰り返されることになるでしょう。もちろん参拝に反対するのは自由ですし、参拝しないことによって受ける、甚大な損失をフォロー出来るだけの「対案」を出した人たちについては、単純に批難することはできませんので、しっかりと見極めつつ、靖国参拝反対派の「裏」に潜む「悪意」を、教科書採択問題の時と同様に把握して、これからは「暴挙」を許さない体制を築き上げることが必要となります。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。